Archive for the ‘シンプルライフ’ Category

自由な時間こそ、人生の宝物!

2018-12-08

おはようございます、山田です。

私の「レンズマン計画」、すごく興味深いのか、

反応がすごいです。

今までになかった話ですから。

それとアマゾンのKindleで、

無料で読めます。

読んでください。

https://www.amazon.co.jp/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%9A%8A-%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%EF%BC%A5%E3%83%BB%EF%BC%A5-%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9-ebook/dp/B007TAKM66/ref=as_li_ss_tl?s=books&ie=UTF8&qid=1543919857&sr=1-3&keywords=%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB&linkCode=sl1&tag=pasotrainer-22&linkId=41507fef6a9f639e152d0796ebf57ecd&language=ja_JP

—————————————————————————-

「仮想通貨で大損したあ!」

「ノアコイン、ガクトコイン、どうしてくれるのやあ!」

「『毎月30万円の権利報酬と言っていたのに騙されたあ!』

変なものが、ここ数年の間、流行しましたが、もう終わり。

20年近くネットで生きてきた私が勧める本物。

■ 最高の優良教材!

私が今、モデリングしている人です。

スピリチュアルとメーケティングの融合

【式神:Shiki-Gami】6回払いコース

信頼できる和佐さんのグループ。

私が、東京で、田中さんに頼み込んで、マンツーマンで会った

スピ系の「さとり」さん。

『悟りの境地』によって、人生や運命が形作られるメカニズムを理性的に 理解
し、その後は自身の『理論』に従って自分の望みや願いを次々に現実の ものとし
て実現していき、1年後には会社を退職。

独立後はわずか半年でサラリーマン時代の10倍の収入を実現し、起業後3期目で
年商1億円を突破。

情報空間、物理空間、サイバー(インターネット)空間を縦横無尽にリンクして、
緻密なビジネス構造を構築するのが得意で。

ビジネス活動における信条は『やりた
いことしかやらない』『やりたい人としかやらない』『省エネにこだわる』『自由
を犠牲にしない』。

月に数千円で学べる価格破壊のマーケティング。

https://yoshi0329.com/biz/shikigami/shikigami.pdf

■ 最高の優良教材2

ネットビジネス大百科

田中さん、一押し、私も一押しの教材。

田中さんは、これだけで数千万円以上を稼いだそうです。

それがたったの1万円で手に入る。

http://www.insiderscoachingclub.com/encyclopedia/ism/

—————————————————————————-

アリシア人の(レンズマンたちの)メンター、

つまり、山田豊治です。

みなさんから送られてきたフォームのメッセージ、

じっくりと読ませてもらいました。

見事に2点に分かれました。

・一つはやりたいこと。

趣味(世界旅行、日本旅行、テニス、バスケ、水泳、ツーリング、その他)

これは、いろいろとありますね。

・共通点。

「私は、何よりも時間が欲しいです。」

こういう意見が多いですね。

考えてみれば、やりたいことをやるにも自由な時間がないと

何もできない。

「毎日、夜遅くまでサービス残業。

土曜日、日曜日も休日出勤で潰れることが多いです。

こんな生活が10年ほど。

読書とか好きだったんですが、本を読む気力もないです。

10年勤めて『やっと人生の苦行が4分の1終わった』と

感じます。

私の人生、これでは虚しい、虚しすぎる。」

わかる、わかります。

私もサラ金の関連会社の契約社員時代、

朝の8時から夜の11時半まで働かされてました。

まさに社畜時代でした。

なるほど。

結局、日本人の大人、

「お金よりも自由な時間」が欲しいのですね。

あ、もちろん、お金があれば、それにこしたことはないですが。

お金があっても忙しくて、ゆったりと好きな趣味をしたり、のんびりまったりと

家族や友と過ごす時間がないと意味がない。

そう、考えているのですね。

「十二分に自由な時間が欲しい!」

ここでちょっと私のレンズマン計画について。

(イメージですよ。)

—————————————————————-

レンズマンには、宇宙海賊(ボスコーン)が出てきます。

親玉は、エッドニア人と言います。

私たちの敵(ボスコーン)は、日本独特の長時間奴隷労働を強いる

悪者たちです。

私とレンズマンたちは、このボスコーン(日本独特の長時間奴隷労働を強いる

悪者たち)をやっつけるんです。

これで、私たちの敵がはっきりとしました。

私たちの敵は?

自由や幸せを邪魔するボスコーン(日本独特の長時間奴隷労働を強いる悪者たち)

ですね。

アリシア人からレンズを授与されてレンズマンは、このボスコーンをやっつけるのです。

—————————————————————-

さて、話を戻して。

私は、こんな辛い経験(社畜時代)から、

「日本社会は狂っている。」と悟りました。

しかも最近の情勢は、政府主導で、

(年金の財源がないので)70歳定年、さらには無定年時代に

突き進んでいますね。

私なら、嫌ですよ、70歳とか一生、死ぬまでブラック企業で働くのは。

それで、最近の私は、

「50歳代なら、『1日1時間から4時間労働』

60歳代からは、「1日15分から1時間労働」を提唱しています。

そして、自分では、ちゃんと実行できています。

64歳の今は、「1日15分から1時間労働」です。

私も「お金よりも時間が大事」と感じています。

私は、独立してから、「月収1700万円」の経験とか

ありますが、それよりも「時間持ち」になれた方が嬉しいです。

お金を追求しても仕方ないです。

「十二分な自由時間」、これがないと最高の幸せは得られない。

ボスコーンに負けてはいけない。

それよりも「朝、起きて15分労働。

あとは完全自由。

本を読みふけったり、映画を見に行ったり、

観光地に行ったり。

自由な毎日。」

こっちの方が嬉しいです。

私の信念「自由、それも時間の自由が人生で一番大事!」

この点をある方と深く語りました。

「幸せについて」話し合ったのです。

Aさんとしましょう。

「モノとかお金は、そんなにいらない。」

だけど、本当に欲しいものは?

Aさん「山田さん、『幸せだなーと思って1日1日送ることよりも価値あることなんてないんだな、』
と実感しました。

私も含めほとんどの人にとって最も難しいことが、
『十二分な自由時間が毎日、ふんだんにある』というところ。

『やはりここだ、これが達成できれば本当に幸せだし、
これが達成できなければ部分的に幸せに止まるだろう、』と思いました。」

良い意見ですね。

『十二分な自由時間が毎日、ふんだんにある』→真の幸せ。

これが達成できなければ→部分的な幸せに止まるだろう。

素晴らしい真理。

私は、この時間をもメンタルトレーニングをフル活用して、獲得してきました。

つまり、ボスコーン(日本的な長時間奴隷強制労働)に勝ったのです。

何もする必要のない十二分なゆったりした時間。

最低でも朝の10時以後に働くことはないです。

そして、これは、メンタルトレーニングで実現可能です。

私は、実体験で自信を持って、言えますよ。

私の信念「自由、それも時間の自由が人生で一番大事!」

この真理は、私が44歳の時、死を覚悟した時に

悟ったことなのです。

悟ったこと。

「人生、自由が一番。

自分の思う通りに生きることが一番。」

「自由、それも時間の自由が人生で一番大事!」

44歳の時、死にかけた時に痛切に思った。

「周囲の人間、家族、友人とかによく思われても

自分を犠牲にして生きていたら、幸せにはなれない。

絶対になれない。

自由こそが一番、大事なんや!」

「自由、それも時間の自由が人生で一番大事!

会社の犬になって、自分の人生を奪われて生きていたら、

死ぬ前に後悔する!

今回の出来事、大変だったけど、それを教えてくれた!」

我が人生、最大の悟りでした。

「人生で一番大事なもの、それは『自由』だ。

自由、それも時間の自由が人生で一番大事!

その自由な時間で、やりたいことをやりまくるのや!」

私のメンタルトレーニング。

十二分な自由時間を得るために

知恵を出し、

行動して、

システムを構築するために習慣化する。

私は、こういう風に使ってきました。

今の私、毎日、自由に生きています。

仕事は、1日15分くらい、長くても1時間。

それでいて、現役サラリーマンの数倍は稼いでおります。

大好きなゴールドジムに1日2回も行って(苦笑)、

趣味で大好きなベンチプレスで記録をのばそうとしております。

私のような生き方が羨ましいのか、

いろいろな方から、励ましをいただけるようになりました。

高校時代の同級生もそうですね。

私の同級生、警備員とか清掃員、新聞配達とかをやり、

「自由な時間が欲しい」と小言を言っています。

もはや、年金で第二の人生は夢の夢だから、みんな、労働しないと

生きていけない。

私の場合。

仕事は好きなことだけを1日15分から1時間ほど、あとは自由。

私は、この時間をもメンタルトレーニングをフル活用して、獲得してきました。

何もする必要のない十二分なゆったりした時間。

最低でも朝の10時以後に働くことはないです。

大好きな筋肉トレーニングに打ち込んでます。

スイムもできています。

そして、今の環境を得るために「努力」はしたことありません。

自分でプランを練ったエスカレーターに乗ってきただけです。

「山田さん、良いなあ。

先天的に地頭が良かったのでしょう?」

特に頭が良いとか能力があったのではないです。

もし、そんなものが今の私にあるなら。

それは、メンタルトレーニングで後天的にゲットしたもの。

「時間の自由」や「お金」を得るために

全脳で考えたのです。

「全脳で考える」、これもメンタルトレーニングの大事な力。

脳だけが大事ですなんですね。

「山田さん、自由な時間のある生活を獲得するために

知恵を出す、習慣化する。

わかりますよ。

でも、頭の良さは、生まれつきでは?」

いや、違いますよ。

最近の研究報告によると、

人間の脳は毎秒1000万ビット以上の情報を処理できるのです。

ただし、これは、意識下の領域、潜在意識の領域に属することです。

意識して論理的に処理できる情報量は毎秒40ビットしかないのです。

どちらを使ったほうがいいのか?

答えは、簡単ですね。

「全脳で考える」、これもメンタルトレーニングの大事な力。

私は、これをマスターできたので、

「十二分に自由な時間のある生活」を獲得するための知恵を出せたのです。

もともとの私の脳は、たいしたことない。

大したことがない証明をしましょうか?

私の惨めな過去を。

正直に告白します。

40歳くらいに死にかけたことで、人生が変わるんですね。

1.ちょっと恥ずかしいのですが、15歳頃から45歳くらいまでは1日中、

「筋肉」のことだけを考えていた馬鹿者です(泣)。

仕事には興味なし。

最初、大学卒業後、「警官になったら、トレーニングに専念できるかも」と

いう単純で甘い動機で入った「警察学校」

→一ヶ月で辞めた。

以後、損害保険、生命保険の営業、新聞配達、アルバイトニュースの営業、

どの仕事も続きませんでした。

親戚から「あんたはうちの親戚中の恥や。」と言われたのはこの頃です。

高校の同級生は、私の姿を認めると汚いものを見るような顔をして、

逃げていったもんです。

2.筋トレだけはまじめに続けていました。

3.同時に中国カンフーの奥義的な自己催眠術、CHIだけは一生懸命に学んでいました。

私の後半生を変えてくれた自己催眠術も最初は

「自己催眠で筋力を最大に発揮する」というアホな理由で学んでいました。

4.40歳代の頃、難波のヤブ医者(鄭クリニックと言うところ)が風邪と誤診、

虫垂炎の発見が遅れて、

生死の境をさまよう手術。

医者は、最初、

「奥さんと家族、弟さんも呼びなさい。」と言いました。

「大変な状況です。」と。

医者は、

「大腸が悪く、生死の境目」と宣言しました。

私は、死をも覚悟したのです。

病室に戻り、死を覚悟して、親しい友人たちに電話しました。

そして、自分の人生を考えました。

「俺は、他人が敷いた人生のレールを走ってきただけ。

社畜生活を我慢して生きてきただけ。

そのストレスが俺を病気にしたのや。」

「俺は生きたか?

俺は愛したか?」

「豊治よ、お前は、

惰性で何も考えずに毎日を過ごしていただけだろう?」

手術まで、このことを考え続けた半日が、

私を変えました!

5.考えに考えた半日。

悟ったこと。

「人生、自由が一番。

自分の思う通りに生きることが一番。」

「周囲の人間、家族、友人とかによく思われても

自分を犠牲にして生きていたら、幸せにはなれない。

絶対になれない。

自由こそが一番、大事なんや!」

「自由、それも時間の自由が一番大事や。

サラリーマンで会社に時間を管理されていたら、、、、、、

生きながら死んでいるようなものや。」

我が人生、最大の悟りでした。

「人生で一番大事なもの、それは『自由』だ。」

「でも、俺は、このまま、死んでいくのや。」

この時の空しい気持ち。

一生、忘れないですよ。

幸いにして、九死に一生を得た私。

この時から、「俺の生き方は変わった」のです。

自由を求めて、戦う生き方に変わったのです。

最初にやったことは、

壁を乗り越えるために自己催眠術を「アスリートモード」から

「ビジネスモード」に変えることに取り組むことでした。

つまり、「筋肉をでかくする」ためだけに使っていたメンタルトレーニングを

「自分の人生を変えるために」使うようになったのです。

これ、最初は少しだけ戸惑いましたが、

簡単に使えるようになりました。

先の述べたように。

最近の研究報告によると、

人間の脳は毎秒1000万ビット以上の情報を処理できるのです。

ただし、これは、意識下の領域、潜在意識の領域に属することです。

意識して論理的に処理できる情報量は毎秒40ビットしかないのです。

私は、「全脳で考える」ことができるように

なったのです。

メンタルトレーニング、最高!

さて。

「時間の自由」に話を戻すと。

私は、サラリーマンとしても落ちこぼれだったのですが。

世間では、「エリート」「勝ち組」とされている方も

「時間の自由が欲しい」と思っているんですよ。

「何よりも自由が大事!」

私の友人Aさんの含蓄のある言葉。

私も含めほとんどの人にとって最も難しいことが、
十二分な自由時間が毎日、ふんだんにある、というところ。

やはりここだ、これが達成できれば本当に幸せだし、
これが達成できなければ部分的に幸せに止まるだろう、と思いました。

絞るべきターゲットはここ。」

私は、「自由な十二分な時間を獲得するために

メンタルトレーニングをフル活用」して

人生を変えたのです。

その結果、今の私。

自由の大事さ、

考えてください。

毎朝、満員電車に揺られて、会社に通い、

夜遅くまでサービス残業。

こんな光景は、世界でも日本と韓国だけです。

(西ドイツとかは、日本人の半分の労働時間で、高い所得を得ています。

もちろん、自由に人生を謳歌しています。)

人生は、自由に楽しむためにあるんです。

牢獄からは、脱出しましょうよ。

私の言いたいのは、「自由が欲しい。こんな人生を変えたい!」と強く願って、

知恵を出して、行動すれば、実現するということ。

そう、行動が大事です。

私の大好きな億万長者、斎藤一人さんの言葉。

「地球は『行動の星』だから、動かないと何も始まらないんだよ。」

脊髄の奥まで納得、同意できますね。

メンタルトレーニングを使えば、「行動」もできるようになります。

「考える」だけでなく、「行動」もできるように性格も改造できます。

ただし、「要領よく」やらないとダメ。

要領の良さをメンタルトレーニングにプラスすれば、

人生は自由自在になります。

ここで、すごい特典です!

私がメンタルトレーニングにより、

絞り出した「自由な時間を生み出す」知恵です。

ヒントとしては、自由な時間を得るには、

「一度やった仕事を資産にして、

何回も再利用できるようにすることです。」

ちょっとわかりづらいですか。

・一つのヒント。

私、サラ金の関連会社の経理で働いてました。

あるホテルの全国と本部をやってました。

毎月、各ホテルの試算表を合算してました。

各ホテルが送ってくる試算表を手計算で、合算していたのです。

毎月、同じことの繰り返し。

私、一計を案じて、エクセルのマクロという機能を使用して、

自動的にできるようにしました。

複数の手順を記憶して、自動的に実行させる機能です。

私、最初の月だけ、手順をマクロにしました。

この時は手間でしたが。

翌月からは楽チン楽チン。

それまで手計算で3日ほどかかっていたのが、一瞬で終わるように

なりました。

・私は、過去にメルマガを10数年間も書いています。

これを資産として、何回も使い回しています。

「一度やった仕事を決してムダにしない」を徹底してるだけ。

長時間かけて書いた記事を、一度きりで使い捨てる。

時間(イコール人生そのもの)と労力(イコール生命力そのもの)を使って、

書いたコンテンツを一度きりで使い捨てる?

恐れ多い、命への冒涜です。

一度書いたメルマガ記事は、電子ブックにしたり、セールスレターにも使ったり、

有料会員サイトのコンテンツにしたり、とにかく何回も使い回しています。

例として、2つほどあげましたが、その他にも一度やった仕事を資産化して時間を作る方法が

あります。

考えてみてください。

考えてみてください。

その努力がやがて智恵を出せる脳に変えてくれますから。

私(アリシア人のメンター)と一緒に

ボスコーン(自由と幸せを奪う「日本的長時間労働」)に勝ちましょう!

以下のフォームに記入してください。

https://ws.formzu.net/fgen/S29713329/

「件名」を入力する欄に

「資産化で時間を創る」と入力して、他の欄にも記入してください。

返信は確約できないですが、必ず読ませてもらいます。

「これは、すぐに返信しなきゃ。」

と判断した場合、即レスします。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

師走ですねえ。

2018-12-02

 

おはようございます、山田です。

—————————————————————————-

「仮想通貨で大損したあ!」

「ノアコイン、ガクトコイン、どうしてくれるのやあ!」

「『毎月30万円の権利報酬と言っていたのに騙されたあ!』

変なものが、ここ数年の間、流行しましたが、もう終わり。

20年近くネットで生きてきた私が勧める本物。

■ 最高の優良教材

ネットビジネス大百科

田中さん、一押し、私も一押しの教材。

田中さんは、これだけで数千万円以上を稼いだそうです。

それがたったの1万円で手に入る。

http://www.insiderscoachingclub.com/encyclopedia/ism/

—————————————————————————-

思うのですが、この1年で、(良い方に)

人生が変わった方、多いのです。

私、自分の塾(覚醒塾、オンラインビジネス塾、ショーシャンク塾等)に

入ってくれている生徒さんと毎朝、チャットワークでやりとりしているのです。

ある方、Aさんに。

「Aさん、本人が自覚しているかどうか。

この1年の躍進はすごいよ。」

こうやって、言ってあげないと人間は、欲が深いので、

自分の達成したこと、獲得した幸せを忘れがちとなるのです。

その答え。

「ありがとうございます!

師匠の音声を毎日毎日、何度も何度も聞いていたからこそだと思います。

明らかに昨年の11月とは違った世界が見えて来ているし、何より
自分で稼ぐことができるようになって来たのが嬉しいです。」

Aさん。

去年、1流会社に勤めているものの、体調不良、会社での未来への不満、不安で、

最悪の精神状態でした。

1年後の今。

なんと、サラリーマンなのに「副業のための事務所も借りて」、バリバリとやっておられます。

自分で稼げるようになったのですね。

サラリーマンで自分で稼げるようになると。

「余裕のよっちゃん」となるのです。

その他にも京都のOさんとかがいます。

彼は、自分で興した会社の社長を30年もやっているのですが、

「自由になりたい」ということで、インターネットでの副業も始めたのです。

さすが、社長さん、あっという間に「月収が70万円」を超えています。

(ハワイに一緒に行きました。時間も自由になったのですね。)

名古屋のKさん。

失業中にネットビジネスを始めて、月に数十万円を稼げるように。

まだ、就職を探しているようだったので、

「Kさんの年齢なら、過酷な仕事しかないよ。

ネットで稼ぐ額を増やしたほうが幸せだし、将来も明るい。」

今は、奥さんも応援してくれて、ハッピーなようです。

東京にも今年になり、月数十万円の副収入をプラスした方が複数名、

おられます。

気がついたのですが、全員、

「お金を使って(経費を使って)、それ以上に稼ぐ」人ばかり。

私が、これを京都のOさんにハワイで言うと。

Oさん「山田さん、当たり前でしょう?

私、会社を30年もやっているけど、ビジネスを伸ばすには、

お金を使うのは当たり前。」

私「いや、サラリーマンは、お金を使うのを嫌がる。

無料ブログで記事を書いて、お金をもうけようとか。

それで、ダメな方だらけ。」

Oさん、納得のいかない不思議そうな感じでした。

社長業をずっとやってきたから、「無料で稼ぐ?意味不明。」という

感じだったのでしょうね。

さて、稼げるようになった方。

面白いのですが、みんな、上昇志向が強いので、

いつも「不満足の炎」を燃やしている。

まあ、それだから、上に行くのですが。

でもね、今の幸せを自覚するのも大事です。

「小欲知足」です。

少欲=欲が少なく、今以上のものを欲しがらないこと。

知足=現状のままで満足すること。

本来は、そうなんですが、山田流の「小欲知足」。

現状に満足して幸せを感じながらも向上をめざしています。

かつて、私は、あるセミナーで講師をやっていました。

はじめて会う方ばかり。

だから、

私が、「収入は一ヶ月で1500万円を超えた」とか私が言っても

信じられないみたいでした(苦笑)

特に女性。

私の心の声「ほんまやねんけどな、証拠も出せるし。

でも、彼女らの現実からは離れ過ぎとるのやろな。」

そして、次に感じたこと。

信じてくれたひとたちの感覚。

「そんなに稼げたら、昇天してしまいそうなほと幸せやろなあ。」

いえ、違います。

私、収入が右肩上がりで増えてきましたが。

幸福感は収入が増えても。

「なにも変わらない。」

ほんとです。

心理学の本とかにも書いてあったとおりです。

「年収が一千万を超えたあたりで、幸福感は変わらない。」

私の実感もそうです。

「なにも変わらない。」

「え、山田さん、それなら、いまはハッピーじゃないの?」

いえいえ、とても幸せです。

これ以上にないくらい幸せです。

それは。

ヨガと記憶術の達人の憲幸先生に教えてもらったことを実践しているから。

私の幸せ。

1.屋根のついた部屋でぐっすりと眠れる。

2.3食、おいしく飯を食える。

3.たくさん歩ける。

4.適度にビジネスに打ち込める。

5.質素でも清潔な服をきて1日を過ごせる。

6.十二分な自由時間が毎日、ふんだんにある。

はい、上記が叶ったら、「俺は幸せ」と決めているからです。

人間、欲の化け物なんですね。

だから、愚痴をこぼすひとが少なくないです。

わたしのように決めてしまうと楽です。

「清潔な服を来て、3食おいしく頂いて、適度に好きな仕事をさせて頂いて、

充分に活動して歩きまわり、ぐっすり寝る。

これだけで俺は幸せや。」

憲幸先生によると、これは「サントシャ(充実)の世界」らしいです。

サンスクリット語らしいですけど。

私個人のこと。

眠るのがすきです。

眠ると頭も身体も調子いいです。

おろそかにしているひとが多い。

3食、おいしく頂く。

これも幸せです。

「1日1食?」「糖質カット?」

不幸のはじまり。

たくさん歩ける。

私、万歩計をつけてます。

1日1万5千歩から2万歩は歩いています。

元気さ、活動のバロメーター。

飯もうまいし、よく眠れる。

適度にビジネスに打ち込める。

これ、最高の幸せです。

インターネットビジネスは最高です。

サラリーマンの「仕事」とは違い、遊びよりもおもしろい。

適度というのも大事ですね。

ただ、私、時間制限もしているのです。

50歳代、最大で1日4時間以内。

60歳代、最大で1日2時間以内。

服。

私の着ているもの。

ホームセンターで買った900円の靴、800円のズボンとか。

最近はゴールドジムのTシャツとかパンツがふえましたけど。

収入が増えても生活は地味です。

物欲もないです。

ただ、私、時間に関しては貪欲です。

毎日、ふんだんな自由時間が欲しいです。

50歳代とか60歳代になるのに、「毎日、夜まで働く」、

私には信じられない。

50歳代では、最低、昼の12時以後は自由、

60歳代では、最低、朝の10時以後は自由。

これが最低限です。

小欲知足。

少欲=欲が少なく、今以上のものを欲しがらないこと。

知足=現状のままで満足すること。

そうなんですが、山田流の「小欲知足」。

現状に満足して幸せを感じながらも向上をめざしています。

私の場合、主に筋肉トレーニング、メンタルトレーニング、

インターネットビジネスです。

さらに進化。

いまは、お金のためではなく、「挑戦」「進化」のために生きています。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

1日の仕事は15分で終わる!

2018-11-28

おはようございます、山田です。

広島にきています。

大都会ですが、朝とか散歩すると静かな場所もありますね。

広島にきてからも早朝散歩はします。

ここ、広島で素晴らしいヒントを得ました。

「悟った。」と言っても良い。

さらに進化する私の人生。

簡単に言うと。

・「死にかけた」ので、時間の大切さが身にしみた。

人生イコール時間。

・だから、「自由な時間」をたくさん持つのが一番の幸せ。

・そのためには「その場限りで終わる労働」ではなく、

「未来の時間を増やす」仕事をする。

その場限りで終わる労働→会社員、コンビニのバイト、インストラクター等。

「未来の時間を増やす」仕事→例えば、私の場合、コンテンツを創る。

これをずっとやってきたので、私の「資産」がすごく増えている。

ありえないほど増えている!

私レベルの「時間持ち」になるための資産の持ち主、少ないだろう。

上手に使えば、再利用できるし、時間を産んでくれる。

気がつけば、私は、簡単に単なる金持ちではなく、

「金持ちで時間持ち」になれる条件を満たしている!

なんという幸運!

そして、思うこと。

やはり、俺の住む田舎の風景は素晴らしい!

近くの武庫川

裏の山、有馬富士森林公園。

http://d2goguvysdoarq.cloudfront.net/system/event_photos/photos/238286/normal.JPG?1501900473

今の自分には「静かな生活」が何よりも大事です。

田舎ならば。

朝、良い気分で目覚めます。

朝飯前に仕事して、朝寝のあと、大自然の中で散歩。

いろいろなアイディアが湧いて来るし、より生活をよくする方法とかも考えられます。

とても大事な時間。

日中も。

運動したり(プールが多い)、瞑想したり、朝の美味しい珈琲をゆったりと飲んだり、本を読んだり、映画をみたり。

興味深い人と会ったり。

好きなことだけの人生。

最高の幸せ。

私のおすすめの習慣。

・早朝に静かな生活のための時間をとってください。

・コンピューターは悪魔。

・スマートフォンは、できるだけ観ない。

歩きながら、スマートフォンを観るアホ女が私の家の近所にいるが哀れな奴。

・意味も無く、パソコンを開くのをやめる。

もう一度、コンピューターは悪魔。

・朝の散歩では音楽を聴かない。

・創造のための時間。

私の場合、メルマガとか教材をつくる。

・掃除のために時間をとる。

最初は10秒からでエエ。

今の私の人生、いわば天国での生活です。

でもね。

私が会社を辞める直前の9年前は、

地獄の喧噪のなかで生きていました。

会社に行くと一度に10本くらい(笑)も電話がかかってきたし、数人の部下に同時に指示を待っているし。

気が狂いそうな毎日でした。

この牢獄を脱走できたコツ。

知りたいですか?

「習慣化」と「減らす技術」の2つ。

たったの2つだけ。

私の考えでは、上記の2つがあれば、大抵のゴールは達成できると思います。

「人生一発逆転」を狙って、失敗する人ばかり。

小さなことの習慣化、余分なことを減らす技術。

毎日、やること、本当に大事なことは「ワン・シング」(一つだけ)です。

良い本があります。

愛読書。

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0-%E4%B8%80%E7%82%B9%E9%9B%86%E4%B8%AD%E3%81%8C%E3%82%82%E3%81%9F%E3%82%89%E3%81%99%E9%A9%9A%E3%81%8D%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C-%E3%82%B2%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%BC/dp/4797375116/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1543414688&sr=8-1&keywords=%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0

自分の人生で本当に大事なことは一つだけ。

その行動を「習慣化」して、ただ、ただ、続けるだけ。

これだけで、私は「幸せで静かな生活」を獲得しました。

昨日、ちょっと書いたように「裏に道あり花の山」方式で、

「やることを減らし」「習慣化」するだけ。

さらに今回の旅で、

1日の仕事は15分で終わるヒントを得ました。

この私の思考法に

興味ありますか?

ならば、明日からのメルマガを読んでください。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

社畜労働を0分にした話

2018-08-25

 

おはようございます、山田です。

最近は、ベンチプレスのことばかりを考えている山田です。

もちろん、パーフェクト・マッスルの方式でのトレーニングです。

それにサイクルトレーニングという計画的に

重量を増やす方式をミックスしているのですが。

サイクルの予定を上回り、地力がついてきております。

これは、面白いことになりそう。

はい、趣味の世界に没頭しております。

今、63歳でもお金の心配もせず、

こういった道楽ができることに感謝!

私の同級生、みんな、「年金だけでは生活が成り立たない」と

いろいろと悩んでおりますから。

確か、65歳から69歳の55パーセントは働いているし、

70歳以上も34パーセントが働いています。

→どんどんと増えている。

私たちの親の時代は、60歳以後は、楽隠居して、

旅したり、ゴルフしたり、趣味に没頭したり。

良い生活でしたが、時代は変わりました。

私は、幸せです。

どうやって、私が理想を実現したか?

以下。

具体的に私がやったことの一例をあげましょう。

・2000年ごろ、私は、当時の会社の社長と交渉して、普通の経理から、

フルタイムのインターネット専業を勝ち取ったのです。

私には、フルタイムのインターネット専業の私には、上司はいなかったです。

誰もインターネットマーケテイングなんか知らないですから。

また、私は、これも交渉で、「副業OK」の許可も得てました。

20年前、それも銀行系のがんじがらめの就業規則があるのに

「山田は例外」となったのです。

私の労働時間は2割に減ったのではなく、0分となりました。

はい、労働時間は0分となったのです。

会社で、やることはすべてインターネットマーケティングに関すること。

楽しくて、楽しくて、毎日が遊びで、同時に将来の自分のビジネスの役に立つ学びとなりました。

会社に忠誠を尽くす義務は0。

もちろん、

・ゴルフ場の集客をインターネットを使ってやる。

つまり、営業。

という仕事はありました。

しかし、私にとっては、ストレス0の遊びでした。

つまり、「2割の労力」どころか「労力0」で、

同じ売上(この場合、私の給与)を得たのです。

もう一つ、私は貴重な時間を自分の望むキャリア、

つまり、「インターネットで稼ぐ」経験を積む時間に投資できました。

「1万時間の法則」というのが、あります!

芸術でも伝統工芸でもスキルの必要なビジネスでも音楽でも起業家でもスポーツマンでも。

「天才になるには1万時間」が必要ということです。

(「天才!」という本で、マルコム・グラッドウェルという著名な研究者、文筆家が著している考えです。)

私は、「この考えは正しい」と確信しています。

悪質なネット業者は、

「誰でも簡単にすぐにお金もかけずにインターネットなら儲かるよ。」と

煽って、お金を集金しております。

嘘です(笑)。

1万時間。

インターネットビジネスの場合、

「仕事が終わった後、毎日三時間」という必死の努力でも10年間はかかります。

実際、そのくらいはやらないと成功しないかもしれないです。

これが私の場合、「1日九時間」なので3年ほどで達成できたのです。

事実、1万時間を超えてから、私のインターネットビジネスの能力は、

格段に延びました。

躍進が始まったんです!

「労働時間を0」にできただけでなく、

「価値のある幸せな時間」にエネルギーを注ぎ込めたのですね。

結果的に私の「副業能力」は、驚異的に延びました!

「山田さん、あんたはええよなあ。

会社を食い物にしたのやな?」

もちろん、このままでは、「山田は、会社を給料をもらいながら、学ぶ学校にした」

というだけの話になります。

「ひどい社員だった。」ということになります。

しかし、違うのです。

私は、会社にも超貢献したのですよ。

私は、超優秀な大事な社員ともなったのです!

会社から見ても

「少ない努力で多くの成果があげられる」

が実現したのです!

どういうことかというと。

当時、会社には「ゴルフ場集客の営業」が10人以上もいました。

私以外は、自動車を運転して、あちこちで人々を接待して、名刺を配り歩いて、

お土産を渡して、ゴルフ場にプレーしに来てくれる客を集めていたのです。

私の場合、経費は0。

結論から言うと営業のあげる粗利益の9割以上は、

私の運営するホームページから生まれたのです。

全体の1割以下の人間(私)が、一人で9割以上の粗利を叩き出したのです!

確か、営業は私を含めて、十三人でしたから、7パーセントかな。

7パーセントの人間が90パーセント以上の利益を叩き出したのです!

社長は大喜び、私は5階級特進、何をしても「OK、OK」となったのです。

これが、

「少ない努力で多くの成果があげられる」
(80対20の法則)

の一つの形です。

やれば、やってみれば、できるんですよ、簡単に!

自分の人生も変わり、会社にも貢献する。

今までの働き方を見直す時ですよ。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

憤怒の河を安全に渡る方法

2018-08-22

 

おはようございます、山田です。

昨日、私は、

狂った日本社会の呪縛から逃れるために

「憤怒の河を渡れ!」と言いました。

どうしたら、渡れるのか?

「憤怒の河」を渡るために私は、

「少ない努力で多くの成果があげられる」
(80対20の法則)

をマスターすることです。

日本の常識のレールから外れて、「80対20の法則」に従うのです。

働く時間とエネルギーを大幅に減らし、その分を自分の好きなことをするのに使うのです。

信じられない?

はい、常識と正反対の考えだから無理もないです。

しかし、やってみれば、簡単にできます!

そうなれば。

自由な人生を満喫して、やりたいことはすべてできるようになります。

人生は、コロッと変わります。

「少ない努力で多くの成果があげられる」
(80対20の法則)

もし、労働時間を2割に減らして、今以上の成果が出せたら?

自由な人生を謳歌できますよね?

その秘密の鍵の一つが「80対20の法則」です。

これは日本人の社会通念に反しています。

しかし、実際の世の中の仕組み(80対20の法則)は、一般の社会通念とは逆なんです。

「世の中の8割の成果は、特定の2割の労力から生み出されている。」

「特定の2割に集中すれば、「少ない努力で多くの成果があげられる」

信じられないかもしれませんが、ちょっと考えれば、わかることです。

私、「80対20の法則」を44歳の時から意識して実践しております。

例1:

44歳の時、病気で死にかけて、なんとか生き残った時。

「自分の人生を生きるためにネットビジネスで独立」と考えたんです。

普通の社会通念なら、「朝から晩まで会社で仕事。

それから、家に帰って、副業の作業」と考えますね?

「80対20の法則」を知った私。

社長と交渉して、経理の仕事をやめて、インターネット専業を勝ち取った。

会社でインターネットの学習、実践、経験を積むことができるようになった。

例2:

アコムの関連会社に移った時。

部下にエクセルのマクロ(複数のエクセルの作業の自動化をしてくれるプログラム)

を教えて、私の業務すべてを部下にやらせた。

私は、会社でネット三昧。

こんな感じです。

また。

私の知っている事務用品販売の会社。

30年前は、多種の事務用品の売上や売掛金の整理、請求書発行等のために40名も経理部員がいました。

今は?

たったの一人のアルバイトだけで、簡単に仕事が終わっています。

パソコンの進化、合理的な考えの勝利です。

2割の労力どころか、2パーセントです。

「少ない努力で多くの成果があげられる」
(80対20の法則)

この法則は、リチャード・コッチ氏の著書とかで説かれています。

ただし、世界的に有名なコンサルティング会社、

「ボストン・コンサルティング・グループ」出身の彼の著書には、概要が書かれているだけです。

詳しくは書いてないのです。

しかし、私は、ラッキーなことに同じ「ボストン・コンサルティング・グループ」出身の

矢矧先生に教えを請うたことがあります。

(幸運なことに一緒に仕事もさせてもらった。)

いろいろと苦労をしたのですが、長い話を短くすると。

矢矧先生の合理的な考え及び「ボストン・コンサルティング・グループ」の思考を学ぶことで、

「少ない努力で多くの成果があげられる」
(80対20の法則)

のすべてのピースを得て、人生のいろいろな問題の「本質」を見抜き、

「少ない努力で多くの成果をあげる」法を体得できたのです。

これで、人生が変わったのです。

私の人生を変えてくれた「幸福の習慣化」の7つのサイクルを公開します!

以下は、机上の空論ではなく、私が実証した「自由になるための)7つのサイクルです。

私は、「ショーシャンクへの7つのサイクル」と呼んでいます。

シャーシャンクというのは、私の好きな映画、「ショーシャンクの空に」からいただきました。

「ショーシャンクの空に」とは:無実の罪で刑務所に投獄された主人公が知恵を絞り、

コツコツと努力して、最後には脱獄して、完全な自由を得る物語です。

以下が、私の「ショーシャンクへの7つのサイクル」です。

私は、これを使って、がんじがらめの貧乏サラリーマン人生から「脱獄」しました!

1.人間は、「習慣」に左右される動物です。

だから、「習慣化」をマスターすれば、自由自在に人生をコントロールできます。

それも大事なことに絞り込むことです。

はい、もう一度、絞り込むこと「焦点の法則」が大事です。

絞り込むほど豊かになれる!

本当に大事な「成功習慣」の「習慣化」に絞り込みます。

2.まず、「今すぐハッピーになる」習慣をマスターします。

明日とか来年とか「この目標を達成してから」とかではなく、

「今すぐハッピーになる」習慣をマスターするのです。

この時に「習慣の定着化」強化のためにアウトプット(ブログ等)も活用します。

(さらに多数の「習慣化のための秘密の技術」があります。

もちろん、希望者にはお教えしますよ。)

3.自分の達成したいゴールへの経路を探し出します。

最小の労力で最大の成果を出せる、なおかつ、

自分の能力範囲内の経路を探し出します。

ここが最も大事です。

「少ない努力で多くの成果があげられる」
(80対20の法則)

これは日本人の社会通念に反しています。

しかし、実際の世の中の仕組み(80対20の法則)は、一般の社会通念とは逆なんです。

世の中の8割の成果は、特定の2割の労力から生み出されている。

特定の2割に集中すれば、「少ない努力で多くの成果があげられる」

先ほどの私の例:ネット専業になった場合。

元々の私の仕事は経理事務。

朝から晩まで数字とにらめっこで給与という対価を得ていた。

それが、社長と交渉することで0となった。

2割どころか、経理事務の仕事を0にしても同じ給与が手に入るように

なったのです。

そう、2割の労力ではなく、0の労力にしたのです。

それどころか、会社にいる時間全部をネットビジネスを学ぶ時間に置き換えることが

できたのですね。

4.「少ない努力で多くの成果があげられる」行動を特定します。

先の私の場合、「社長と交渉」です。

5.「最小の労力」とはいえ、「行動」のスタートは最初は多少の努力を要するもの。

これを「習慣化の特殊技術」を使って、無意識で大事な行動ができるようにします。

ここでも「習慣の定着化」強化のためにアウトプット(ブログ等)を活用します。

同じ頃、私は、自分の最初のホームページを作成、運営し始めました。

6.簡単に大きなゴールも達成できます。

7.幸せのサイクルが自動的に回り続けます。

私は、この7つのサイクルを回すだけで、今の人生を手に入れました。

・「仕事は遅くても午前中に終了、早ければ(文字どおり)
朝飯前に終了して、あとはゆったりと過ごすハッピーな日々になりました。

・お金の心配は0。

・好きな人とだけ付き合う。

・趣味には思い切り時間とお金をかける。

・世界中、日本中の好きなところにいつでも行ける。

「山田さん、羨ましいわあ。」

やったら、いいじゃないですか。

また、もっと細部のノウハウを公開しますね。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

コンピューターは悪魔です!

2018-08-19

 

おはようございます、山田です。

今日は、特にご機嫌です。

・私の勧めた「ユニセフに寄付しよう!」、予想以上に入ってくれた方が

多いことに気がついたこと。

私のやっている小さなことがたくさんの子供達の助けになっている。

幸せです。

・最近、ベンチプレスに熱中。

パワーリフテイングの神様、三土手さんの影響をもろに受けております。

4スタンス理論とか学ぶことも多いです。

その中で、もろに影響を受けているのが、スンドゥブ。

めちゃくちゃに美味しい料理だし、簡単。

さらに油揚げを使った「ピザ」も最高!

美味しいものを食べられる幸せ!

こういったことで、ご機嫌な毎日、

さらにハッピーになるために

今日から、ちょっと名古屋に行きます。

はい、「名古屋のゴールドジム金山でトレーニングしたいなあ。」と突然、

思ったから。

その理由は?

安井友梨さんが、トレーニングしているのは、ゴールドジム金山だから。

安井友梨さんのブログ

https://ameblo.jp/yuriyasui/

ああ、最近、結婚されたとか。

「山田さん、それだけの理由かよ?

自由すぎない?」

いやいや、仕事ですよ(笑)。

彼女と話ができるかもしれないし、名古屋のフィットネス事情の視察もあります。

それと。

名古屋のホテルで、ブレインダンプをしようかな、と。

「自分のやりたいことを全部、書き出す」

これをやりたいですね。

「そして、それを実現するための作戦もすべて書き出す」

最近の話ですが、ある方と話しました。

・山に登るのが趣味。

・筋トレの意味で、週に2回ほど泳ぐ。

・週に1回は、山に登る。

・他の日は歩く。

・世界中の山に登っている。

・家族からは、「危ないから止めろ」と言われる。

しかし。

「あと、人生を何年、生きていけるか、分からない。」

「精一杯に自分のやりたいことをやって、やって、やり抜いて、生きていく。」

この話を聞いていて、

「自分のやりたいことを限界までやる生き方は良いなあ。」と感動したのです。

私も「やりたいことをやり抜いて、死ぬ前に大暴れしたい。」と思っています。

まず、最初は「やりたいこと」の明確化。

それで、こういう風な「脳みその中を全部、出す作業」をやる時は。

・小旅行に出たほうが良い。

敬愛するMr.Xが、「アイディアを出すためには、旅をしなさい。日常生活を離れること。」

「普段と違って、何もやることがないのが、大事。

それでも脳は働いているので、新しいアイディアがポンと出てくる。」と言っていました。

そのとおりです。

もうひとつ。

・パソコンやスマホではなく、紙とペンだけが良い。

「コンピューターは悪魔です。」というのも本当ですね。

考えるときは、「紙とペン」に限定するほうが、いいようです。

手と指を使うからでしょうか?

最近、電車とかに乗ると7人掛けの席、全員がスマホを触っている場合とか

多いです。

ゲームとかフェイスブックとか。

私は、「アホやなあ。」と思います。

「この人たちの人生、決して豊かではないだろうなあ。」と思います。

また、いろいろなセミナーとかに出ても。

ノートを取らず、スマホで中身を打っている方とかいます。

私の知る限り、優秀な方はいないです。

紙とペンですよ、やっぱり。

私自身、インターネットビジネスで躍進が始まったのは、

コンンピューターから離れた時でした。

朝から晩までコンピューターに触る習慣をやめて、

「紙とペン」の時間を大幅に増やし、パソコン、スマホを触る時間を

1日1時間半以内に減らしたら、躍進が始まったのです。

書くという行動は、脳幹の網様体賦活系(RAS)にある多くの細胞を刺激するそうです。

ここら辺は、調べてみてください。

とにかく、コンピューター(パソコン、スマホ)の電源を切り、

紙とペンで考え抜くことです。

コンピューターの奴隷→ゾンビの人生です。

コンピューターは悪魔です。

悪魔なんです。

できるだけ、電源を切り、紙とペンだけで考える!

それと。

自分の場合、テキストもパソコンで打たずに

まず、しゃべること(音声入力)が多いです。

これも脳にプラスと思います。

結局、人生を左右するのは、「脳だけ」なんです。

脳がよければ、素晴らしい人生。

脳が悪ければ、つまらない人生。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

「島の生活」に憧れる私

2018-07-22

 

おはようございます、山田です。

数日前のメルマガで、

「東京なんか、人間の住む場所じゃない」と書いたから。

怒りのメールが殺到!

こう考えてビビっていたのですが。

1通も来ないです(笑)。

おそらく、大半の方が私の考えに同意しているのかも。

「東京なんか、人間の住む場所じゃない」

実は、これ、私の娘にも言ったのですね。

そう言えば、田中さんからきたメール。

「沖縄に来ています。

暑い!

しかし、東京の方が暑い!」

そうなんだ。

田中さん、自由でハッピーな人生。

沖縄。

特に私の好きな渡嘉敷島。

めっちゃ、海が綺麗なんだよね。

世界屈指の海の美しさは「ケラマブルー」と呼ばれるほどの有名さ。

http://www.tabirai.net/sightseeing/feature/experience007.aspx

田中さんは、ハワイに行ったり、

沖縄に行ったり、楽しそうです。

———————————————————————————————-

「目標は、ある。やりたいことは、ある。
だけど、そのための行動ができない(続かない)。」

こんな人、多いです。

でも、これでは、「静かな絶望の人生」で終わります。

とはいえ、
“根性”
“精神力”
では、うまくいかないです。

田中さんはその悩みやジレンマを

“全て”

解決する方法をあなたにお渡しすることができます。

『CrazyAction』詳細レポート
http://qol-skill.com/contents/CrazyAction_report_yamadajv_1.pdf

※申込みリンクは7月23日の24時まで有効となります。

今日と明日中。

今回に限り、私からの特典。

静かな絶望の人生から脱出するための「最初のきっかけ」を

私が作ってあげます。

目標を達成するのに難しいのは、実は「はじめの一歩」です。

大きな岩も動かすのが難しいのは、最初だけ、動き始めると

小さな力で動き続けます。

「60日間チャレンジ」

これを上手にやるために

毎日、私に日報を提出するのです。

恋愛、副業で稼ぐ、資格試験、筋トレの習慣化、転職準備、

なんでもいいです。

一つに絞り、60日間、日報を提出してください。

奇跡がおきます。

必要な場合、私もアドバイスします。

これは、巨人覚醒塾で2年半もやっているのですが、

異口同音に「生まれて初めて、一つのことが続いた!」と

おっしゃっています。

今回は、「はじめの一歩」を60日間以内で達成するのです。

チャットワークというクラウド会議室を使います。

———————————————————————————————-

それで、今、ふと思ったのですが。

私の友人、みんな、楽しくてハッピーな人生です。

今の日本では珍しいくらいハッピーな方だらけ。

「類は友を呼ぶ」は、本当ですね。

・8社の会社のオーナー社長の田中さんは、

1年の大半を沖縄とハワイに行っているイメージだし。

・沖縄米軍のトレーナーの小田川さん、

昨日、お伝えしたように日本一レベルの高いJBBFメンズフィジークの

九州大会で優勝されました。

仕事でもタイ国の公的機関から呼ばれて、毎月のように行ってます。

・東大医学部卒業→東大付属病院勤務だった超天才の森田先生。

今は、医師の仕事をほとんどせずにいろんなビジネスを楽しく生き生きと

やっておられます。

森田先生は、確かに天才だけど、行動しなかったら?

今も同僚の医師たちのように過酷な労働!の毎日だったでしょう。

ほとんどの医師の実態、ブラックですよ。

ハワイ大好きで、完全な「ハワイ、東京、半々生活」を実現したいようです。

友人の共通点は?

一つは、筋トレです。

みんな、筋トレは一生懸命にやっている。

私もね。

これ、大事みたいですね。

「日本の成人男性の8割は、程よく筋肉をつけたい。」そうです。

でも、「筋トレをずっと続けることができるのは1割以下。」

私の友人全員が筋トレをやっているのは、すごいですね。

もう一つの共通点。

「島の生活」が好きということ。

私、田中さん、森田先生は、ハワイ大好き。

小田川さんは、日本中を放浪して、

「ここが良い」と沖縄に居住地を決めたそうです。

それほど、沖縄が好き。

私、田中さん、森田先生も沖縄、大好き!

「島の生活」、これが好きですね。

私自身の胸を触り、心のうちを探ると。

グァム島も良いなあ。

こう思います。

グァム島なら、飛行時間は、たったの3時間半から4時間。

飛行機大嫌いな私には向いている。

沖縄も良いですね。

気に入っている「ヴィーガン男子」さん。

最新の動画、

「人気抜群のモデルローラがヴィーガンに?!」

https://www.youtube.com/watch?v=9Bpq2vbcj4Y&feature=youtu.be

みなさんご存知のように

私は、ローラも大好きなんですよねえ。

でも、ちょっと考える。

アメリカ人の「ヴィーガン男子」さんが、

沖縄の素晴らしさを満喫している。

ハワイ、グァムも良いけど沖縄も同じくらい素晴らしいのだ!

つまり、「島の生活」だ。

・野菜が新鮮。

・豊かな大自然。

・満員電車なんてない。

・ストレスまみれのサラリーマンの姿を見なくても良い。

悪い気は移るので。

・みんな、のんびりとしている。

みんながのんびり、これ大事ですね。

「気」はうつるから。

私、グァムに行った時。

衣料品スーパーに買い物に行ったのです。

そして、レジに並んだのですが。

みーんな、のんびり。

お客さんも長蛇の列で並んでいるけど、ニコニコとしていて、

イライラしてない。

レジの女性もニコニコ、ゆったりとやっている。

私は、ショックでした。

良い意味でのショック。

日本だとコンビニで並んでいても。

「早く精算を済ませて、後ろの方に譲らないといけない」

プレッシャーが大きいですよね?

「買い物を済ませたら、As soon as 立ち去れ!」

こんなプレッシャーです。

日本人がおかしいのかも。

本当、コンビニのレジに並ぶだけでもイライラだから。

島にいけない時は、「島の漫画」を読みますね。

島の漫画。

「ばらかもん」

「りとうのうみ」

癒されますな。

一つ、悟りを開いたので。

「俺は『島の生活』が大好きだ!」とわかったので。

目指します。

一直線!

最後に。

「島の生活、憧れませんか?」

山田豊治

PS.今日の19時も「島の生活」大好きな田中さんが、

夢の人生を生きる第一歩、「行動」について、シェアしてくれます。

「夢があるけど行動できない」「なぜか、先延ばし」という方、

ぜひ、読んでくれ!

『CrazyAction』詳細レポート

http://qol-skill.com/contents/CrazyAction_report_yamadajv_1.pdf

今日と明日中で販売終了!

今回に限り、私からの特典。

静かな絶望の人生から脱出するための「最初のきっかけ」を

私が作ってあげます。

目標を達成するのに難しいのは、実は「はじめの一歩」です。

大きな岩も動かすのが難しいのは、最初だけ、動き始めると

小さな力で動き続けます。

「60日間チャレンジ」

これを上手にやるために

毎日、私に日報を提出するのです。

恋愛、副業で稼ぐ、資格試験、筋トレの習慣化、転職準備、

なんでもいいです。

一つに絞り、60日間、日報を提出してください。

奇跡がおきます。

必要な場合、私もアドバイスします。

これは、巨人覚醒塾で2年半もやっているのですが、

異口同音に「生まれて初めて、一つのことが続いた!」と

おっしゃっています。

今回は、「はじめの一歩」を60日間以内で達成するのです。

チャットワークというクラウド会議室を使います。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

ハワイ式人生を過ごそう!

2018-07-18

最初にビッグニュース。

「パーフェクト・マッスル、九州を制覇!」

3日前の日曜日に九州で開かれた

JBBF「メンスフィジーク」九州選手権で、

小田川さんが優勝!

9月の全日本に駒を進めました。

小田川さんは、パーフェクトマッスルの方式で、

トレーニングを週に3回実施したのです。

パーフェクトマッスルの素晴らしい成果!

メンズフィジークは、近年、すごい人気で、ボディビル種目よりも人気があり、

ベストボディとかいろいろな団体があります。

その中でもJBBFは、日本一の団体で、

レベルもダントツに高くて

(ベストボディの全日本優勝者でも予選を通らない)、

ドラッグテストもきちんとしてます。

約束した通り、「フィジークコンテストでも優勝できるトレーニングだよ!」と

証明できて、嬉しい。

おはようございます、山田です。

今日も昨日の続き、

「ハワイはエエぞう!」という話。

昨日、メルマガで、

「一緒に行きませんか?」とオファーすると。

早速、「ご一緒させてください。」という方が現れました。

やっぱり、日本人は、皆、ハワイ生活に憧れてるもんね。

ここ数日、ずーっとハワイ生活について考えてます。

こういう点、単純な人間のパワーはすごいです(笑)。

「ハワイに行ってもなー、

現地の方と友達にならないと面白くないなあ。」

パーっと頭の中に広がったアイディア。

「そうや、ジムで友人を作ったら、ええのや。」

ハワイにもゴールドジムがあります。

ホノルルのゴールドジムが一番、でかいのかな?

そこには、私の憧れのボディビルダーがいる!

クリス・フェイルドー

http://www.cfaildo.com/index.htm

彼は、ボディビルの世界選手権では2位が最高だったかな。

でも、「生涯を通じて、ステロイドを使ってない」ことで有名なのです。

ホノルルのゴールドに通いつめて、いろいろな友達ができたら、ええなあ。

トレーニング時間以外は、ぼーっとしていたい。

フルーツの美味しいカフェとかで、ぼーっとする。

飽きたら、、、、、、、。

パソコンで仕事するか、、、、。

美しい夕日が海に沈むのを見ながら、

「ああ、人生は素晴らしい!」と感激に浸るのです、、、、、、、、、。

ああ、ええなあ。

ここで少し、私、考えたのです。

昨日、ちょっと書いた「東京とハワイの両方でデュアルライフ」で

有名な本田直之さん。

「東京でためたストレスをハワイで0にして暮らす」人生だそうです。

でも、これ、おかしくないですか?

今の時代、東京に行かなくても仕事ができる!

私の感覚。

東京では1日に20ストレスたまる。

ハワイでは1日にマイナス20ストレスが減る。

私のように関西の田舎で仕事をしていると1日にマイナス2のストレス。

日本にいるときも東京ではなく、田舎で暮らした方がええですよー。

東京で暮らす方は「負け組」かも?(笑)

正義の読者さん「こらあ、山田。

『東京で働くのは負け組』だとー!(怒)

俺みたいな人生を送っている人間は、どうなるのやあ!」

はい、私が会ったことのある正義の読者さん。

・彼の会社はめちゃくちゃなブラック企業です。

・毎朝、満員電車で出社し、帰リは深夜。

・東京なので、朝の通勤電車は地獄ですわ。

・休日出勤も珍しくなく、本当の休日は、月に1日くらい。

・まあ、日本では珍しくないっすね。

・会社自体は、名前の通った「一流企業」です。

・人生のほぼすべての時間が仕事(泣)。

・大好きだった趣味もやる時間がなく、諦めた。

・「会社を辞めたい」と思って、友人や家族と相談すると。

「どこの会社も同じや。

我慢して耐えていたら、いいこともあるよ。」と言われるそうです。

私なんか、いやになったら、即、仕事を辞めてましたからねえ。

(警察学校を一ヶ月で辞め流、
ハンバーガー屋の店員、ゴミ屋さん、ちり紙交換のバイト、闇金での取り立て、
土方や引っ越しの肉体労働、損害保険のセールス、生命保険のセールスetc、、、、、、。)

「偉い!」と言えば、偉い。

こういう人生です。

やっぱりねえ、私のように田舎で過ごすのが幸せですよ。

朝起きてすぐに仕事、早い時は朝飯前に仕事が終了、遅くても午前中に終わる。

気に入ったカフェをウロウロして、

夏は暑いので、映画館とかカフェとかスーパーの涼しいところに避難。

気に入った時にハワイへ。

こっちの方がエエと私は思うのですがねえ。

ああ、そう言えば、暴走族→青年社長の田中さん、

「今、沖縄にきています。」とメールがありました。

やっぱりねえ、「島の生活」の方がストレスなくて、

良いのですよ。

人生、質の高い人生を歩んだ方が勝ち。

ああ、そういえば、田中さんの肩書き、

QOLコンサルタント、です。

さーて。

神様が「どちらのライフスタイルでも良い。

東京で暮らすか、ハワイで暮らすか。

選びなさい。」と言われたら、どちらを選びますか?

山田豊治

PS.東京での森田先生の「ハワイセミナー」で登壇された方。

なんと!

サラリーマン時代に冗談で出した「アメリカの永住権の抽選」で、

当たったそうな。

当選確率、0.79パーセント。

一流会社に勤めておられたのですが、夫婦で決断、躊躇なく、ハワイに住むことを

決めたそうです。

そして、ハッピーな人生になったそうです。

やはり。

PPS.夢の人生を生きる方法。

明日、「ハワイ大好き」の青年社長の田中さんからのメールを午後、送ります。

結局、私たちのように「好きなライフスタイルを生きる」には、

「行動」しかないですよね?

でも、「行動できない」と悩む方が多いです。

これを一挙に解決してくれます。

楽しみにしていてください。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

ハワイで楽園人生を送るぞ!

2018-07-17

 

おはようございます、山田です。

昨日、関西に帰ってきました。

今は、「売布神社」駅近くの事務所で、仕事してます。

今回の「東京出張」、

ハワイで始まり、ハワイで締まった旅でした。

初日、先週の水曜日。

元暴走族であり、20歳の頃は、暴力団の親分のボディガードをしていたけど、

今は8社の会社のオーナーの田中さん。

彼、すごくハワイが好きなんですよ。

先週の水曜日、一緒に動画を撮ったのですが。

雑談で語っていた「ハワイ愛」が新鮮でした。

田中さん。

新婚なのに奥さんをおいて、15日間、ハワイに行っていたそう。。

彼のメルマガから引用。

「あーーーー、あっと言う間だったな。
あーーーー、まじで最高でした。

こっちにいる間、
贅沢なんて何一つしてないけど
ほんと贅沢な時間でした。

東京よりもはるかに物価が高いのに、
東京よりもはるかにお金使わなかったな。

こんなに、自分自身と向き合ったり
いろんなことを考えたり、
なんにも考えずにぼけーーーっとしたり、
有り難いと思う一つひとつのことについて
じっくり意識を向けてみたり、
もうなんか、日常で時間を使ってなかったことに
たっぷりと贅沢に時間を使えた15日間でした。」

なんか、楽しそうでしょう?

そして、日曜日の森田先生の「ハワイセミナー」。

森田先生は、東大医学部を出て、東京大学付属病院で、

外科手術とかをやられていた偉い先生です。

でも、行動的で、今は、医者の仕事よりも

「いろいろな仕事」をされている方。

25歳の時にハワイに行き、ハワイに「一目惚れ」。

「いつでも自由にハワイに行ける人生」を人生の目標にしたのです。

今は、ハワイにコンドミニアムも持ち、いつでもハワイに行ける羨ましい生活。

セミナーでは、森田先生のハワイでの生活とかを教えてもらいました。

「ハワイでの生活、ええなあ。」と心から思いましたね。

私、森田先生に質問したんです。

私「ハワイでの生活、仕事をしている時間も含めて、

ストレスありますか?」

森田先生「ないですね。

まったくないです。

仕事をしていてもストレス0です。」

そうだろうなあ。

私、本田 直之さんの

「ゆるい生き方」という本を読んだことがあります。

この方、東京とハワイの両方で「デュアルライフ」で有名な人なんです。

本田さん曰く。

ハワイに住んでいると。

「車を運転していても

街で買い物や食事をしていても

仕事をしていても

まったくストレスを感じない」生活。

ところが、東京で生活すると。

「車を運転していても

街で買い物や食事をしていても

仕事をしていても

カリカリしてストレスまみれになる」生活。

同じことを同じ人間がしていても東京とハワイでは、

ストレスがまったく違うのです。

本から、少し引用します。

———————————————————————————————————————

満員電車の中で隣の人に押されたら、思わず押し返してしまうという人も多いでしょう。

普段は真面目で温厚な人なのに、ついカッとなって押し返す。

そんなイライラが伝染していくことで、車内に嫌な空気が充満していくわけです。

一方、こんな話はハワイではまず考えられません。
(中略)
…ハワイで得られる心地よさの理由が、ハワイアンたちの「ゆるい習慣」にあるのだとしたら、

———————————————————————————————————————

東京は、人間が住む土地ではないですね。

それと正反対なのが、ハワイ。

幸い、私は、関西に住み、田舎で比較的にストレスの少ない生活です。

感謝。

でもね、今回の東京出張で、

「よーし、俺もハワイとの「デュアルライフ」を実現するぜ!」と

思いましたね。

ワクワクとしてきましたよ。

「山田さん、あんたはエエなあ。

あんたなら、ハワイ生活も実現するやろな。

でも、俺はどうなるんや。

しがないサラリーマンで、

毎日、深夜までサービス残業の日々や。

もう、人生は灰色どころか真っ黒やあ!。」

はいはい、わかりましたよ。

でも、そんなことを考えていても仕方がない。

私が数日前のメルマガで書いた「神様からの贈り物」、

読み返してください。

私は、「多分、俺はあかんやろな。」と思いながらも

行動したら、。

うまくいったのです。

可能性の問題だから、「100パーセント失敗」とは決まってないでしょう。

「夢が実現してもいいじゃん」と考えて、一緒に「ハワイで楽園人生」を

目指しましょうよ。

人生、あっという間です。

好きなことをして、生きようぜ!

山田豊治

PS.誰か、「行きたい、俺もハワイ生活をしたい」という方、

メールください。

私、10月には行くつもりですが、一緒に言っても良い。

6日間くらい。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

エネルギー量で人生が決まる!

2018-07-10

 

おはようございます、山田です。

数日前にこんなメールをもらいました。

「最近年齢を重ねるにつれて、意欲ややる気のようなものが減退しており、

山田先生のようなやる気に満ちたエネルギーを得たいと思うのですが、

どのようにして山田先生は日々モチベーションを保っておられるのでしょうか?

ぜひ何か秘訣などあれば教えて頂きたいです!」

高校、大学の同級生とかにも同じ内容の質問を受けます。

「山田と俺らが同じ年齢とは信じられん。

俺らは、『年金だけでは絶対に生きていけない』と焦るだけで、

何もできない。

不安と後悔の人生。

山田は、輝く希望に満ち溢れている。

同じ年齢で、この差はなんや!」

最初にモチベーション。

別に特にあげるようなことはしないです。

だって、普通に欲はあるでしょう、人間。

それを素直に認めてあげたら、ええのです。

「エエ女にもてたいやろ?」

「欲しいもの、全部、買いたいやろ?」

「お金をたっぷりと儲けたいやろ?」

「世界中、行きたいところにいつでも行きたいやろ?」

「社畜サラリーマンなんか辞めて、自由になりたいやろ?」

「自分の言いたいことをストレートに言いたいやろ?」

「大好きなことをやりまくって、仕事にしたいやろう?」

「興味深いひとに会って、友達になりたいやろ?」

「学びたいことは高額でも学びたいやろ?」

「やりたいことは全部やる人生に憧れるやろ?」

私は、これらのすべてを達成していますね。

一度、自分の素直な欲望を紙に書いてみることをお勧めします。

ブレインダンプというのですが、私は毎日のようにやってます。

それと。

「意義ある人生」というのは、「富士山に登る」ことと同じなんです。

私の大好きな漫画、『浮浪雲』の中で、主人公の雲が言った言葉。

『富士山に登ろうと心に決めた人だけが富士山に登ったんです
散歩のついでに登った人は一人もいませんよ・・・』

コツ?

コツというか、『はじめの一歩』は肉体です。

肉体のエネルギー量を増やすことです。

例えば、昨日の私の夕食。

オートミール。

バナナとプルーンをオートミールに乗せる。

サツマイモと玉ねぎ、豆腐の味噌汁。

これ、好きなんですわ。

私のエネルギーの源かも。

茄子と唐辛子の揚げ浸し。

豆腐の肉団子。

これ、めっちゃうまい。

10割植物性の肉団子だけどうまい。

あと、豆乳をたくさん飲む。

こんな感じで、ほぼ菜食主義ですな。

あ、別に菜食主義にしろ、ではないです。

私の場合、自己催眠術と瞑想を40年も続けてきたので、

自然に菜食主義に近づいてきた感じです。

『身体に良いものを食え』ということ。

それと肉体を、筋肉を鍛えるのも『はじめの一歩』です。

シュワちゃんがアメリカで大成功したのも筋肉のおかげ。

筋トレ社長が言っている『筋トレが最強のソリューションである』

これ、真実です。

人生を変えるためにいろいろといっぺんにやるとバテるから、

まずは、筋肉を鍛えることから始めたら良い。

私は、筋肉を鍛えることから、スタートしました。

人生が開けました。

「はじめの一歩」は、筋肉を鍛えること。

山田豊治

PS.筋トレの中でも

「もっとも人体にとって、自然な」パーフェクト・マッスルは、最強!

本当にエネルギー量を増やしてくれる!

絶対に買うべし!

土曜日の24時まで。

http://www.yamadatoyoharu.com/mat/perfectmuscle





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
« Older Entries
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.