8月, 2006年

スロートレーニング、ステロイドモンスターとの戦い

2006-08-29

考えてみれば、あの頃は充実していた。
そして、私の人生が良い方向に変わる転換点でもあった。

ステロイドモンスターたちの「荒らし」も今から考えるとラッキーだった。
ホームページの更新が嫌になり、閉鎖したのだが、自分の時間ができた。

また、ステロイドモンスターに襲われたことも「名誉の勲章」となった。

その後、ステロイドモンスターの「フレックス」その他は、悲惨な人生を歩んでいるそうだ。
「フレックス」は、正義の味方?に「正体をばらすぞ。嫌なら、ネットから退場しろ。」と脅かされて、姿を消した。
今頃は、「2チャンネル」で、人の悪口を書き込む程度のことしかできないだろう。

さて、全く話が変わるが、最近、私は、「Mr.X」なる人物を知った。
すごく面白い人だ。

続く





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス私の筋肉トレーニング電子書籍2冊が無料!
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

ステロイドユーザーとの戦い

2006-08-19

先週、私のサイトが、ステロイドモンスターと某掲示板の管理人に荒らされた話を書いた。
あの時、一番、怖かったのは、家族に危害が及ぶことだ。

実は、掲示板が「荒らし」に逢っていた時、我が家に「無言電話」が続いていた。
「家族にも危害を加えるぞ。」という警告だったのか?
一度、捕まえて聞いてみたいが、シラを切りとおすだろう。

ステロイドモンスターは、嘘をつくのは平気だ。
ドラッグテストで陽性になったスポーツ選手で、正直に使用を認める者は、いない。
前のオリンピックのハンマー投げ選手、つい最近の短距離選手。
全員が、「尿をすりかえられた」「検査官と○○選手の陰謀」といういい訳をする。

まあ、この一件があってから、いわゆる「ボディビルディング」なるものに嫌悪感を感じるようになった。
普通の人間の感じ方になったのだ。

まもなく、サイトの更新が嫌になり、サイトを閉めた。

しかし、このサイトの運営で、得たものは、大きかった。

まず、スロートレーニングを日本に紹介できたこと。

反発も大きかったし、あるストレングスコーチは、反論を挑んできた。

ニフティの大御所で一番偉い方だったが、頭は堅かった。

今、アメリカのプロアメリカンフットボールのチームの3分の1がスロートレーニングを採用し、短距離のスプリンターすら、スロートレーニングを採用する事実をどう考えているのか?
聞いてみたい。

「オールアバウトジャパン」からもフィットネスのガイドの依頼が来た。
あまりにも報酬が低いので断ったが(笑)。

ネットの上だけでなく、実生活でもプラスになった。

退院後、窓際社員だったが、ネットでの活躍が社長の目に止まり、会社で「インターネット全般の最高責任者」となった。

会社の経費で毎日パソコンスクールに通い、高額のインターネットセミナーにも行かせてもらった。
とても幸せな日々が待っていたのだ。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス私の筋肉トレーニング電子書籍2冊が無料!
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

「荒らし」にあった話

2006-08-13

私が、日本で初めて「スロートレーニング」のサイトを運営していた頃。
「荒らし」がやってきた。

ステロイドを使用したボディビルダー、「フレックス」の一団だ。

どういう理由か、ステロイド使用者は、人気サイトを荒らしたがる。

ある日、私の掲示板に突然、嫌味な書き込みを始めた。

大阪のIPアドレスを持つ「フレックス」が中心だった。

そして、ボディビルの掲示板で、Yahoo!カテゴリに載っているNも一緒に荒らしに来た。
これは、単なるヒガミだろう。
後日、Nの大学のボディビル部の先輩から、「あいつは、アホですから、許してやってください。」と言われた。

結局、これが原因で、私は、サイトを閉めることになった。

面白くなくなったのだ。

「フレックス」は、一時、意気揚々としていたが、まもなく、「正義の味方」に「正体をばらすぞ。」と脅かされて、ネットから退場した。

実際の人生でも失敗続きらしい。

可哀想に。

私自身は、この荒らしに感謝している。

ホームページにつぎ込んでいた情熱を別のこと、パソコンスクールで技術を学ぶことや商用サイトのマーケティングに注ぎ込むことができたからだ。

ただ、荒らしが来た当時は、夜も眠れなかった。

ステロイド使用者というのは、人間の屑のようなもの。

警官殺しの岩間もそうだが、まともな思考ができないし、大嘘つきが多い。

私は、家族、特に子供に被害が及ぶのが、一番、怖かった。

日本では、ステロイドの使用は、野放しだ。

麻薬としての指定ができないものか。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス私の筋肉トレーニング電子書籍2冊が無料!
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

eBookの値上げ

2006-08-13

8月の26日から、チューブトレーニングのeBookを値上げします。
現行2980円を4980円にします。
新しいドメインで、専用のページも作成しました。

http://www.tubetrain.info/

よろしく。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス私の筋肉トレーニング電子書籍2冊が無料!
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

スロートレーニング、チューブトレーニング、器具を使わないトレーニングその9

2006-08-01

10875709.gifスロートレーニングの効果には、ビックリした。
なにしろ、最大筋力の半分くらいの重量で、どんどんと筋肥大するのだ。
当時は、「筋力アップのためには、最大筋力の3分の2以上の抵抗が必要」というのが定説だった。

しかし、実際に自分の身体は、顕著な効果を示していた。
「なぜなんだろう?」

「加圧で筋肥大するのと同じ理屈」と2000年頃の自分のホームページで自説を展開した。
当時、こんな突飛なことを言っていたのは、世界でも私一人だった。

2004年頃から、東大の石井先生が、「スロートレーニングで筋肥大するのは、加圧と同じ原理」と説かれるようになった。
あれ(笑)

東大の石井先生も「スロートレーニングでは、筋肥大や筋力アップも殆ど期待できないだろう。」と著書に書かれていた。
しかし、研究と実験の結果、最近では、最大の援護者になっている。
自分は、時代の先を走っていたことになる。
余談だが、石井先生は、最近の著書で、チューブトレーニングに触れて、「バーベルやマシンほどの効果は、期待できない」と書いておられる。
予言しよう、ちゃんとした研究と実験をすれば、これも意見を変える筈だ。
先入観で、ものごとを考えてはいけない。
まず、実践。

心から、そう思う。
チューブやエキスパンダーに関しては、成功者の例も多いので、実際に大きな効果があるのは、実証済みだ。
上の写真の男性は、その良い証拠。
1920年頃に「エキスパンダーだけ」で、この筋肉を造り上げたのだ。
これ以上の証拠は不要だろう。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者が瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス私の筋肉トレーニング電子書籍2冊が無料!
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.