8月, 2007年

チューブトレーニングから始まった1日

2007-08-05

今朝は、5時に起床。
昨日は近所の方の通夜だったのだが、今日1日で主要な録音をしたかったので、1日を早くはじめた。

チューブで肩と腕、ヒンズースクワット200回の後、ウォーキング。
ジョン・リースの音声を聞きながら、気持ちの良い散歩をした。
最近は、英語の音声をアイポッドで聞くのが日課になった。

そして、準備をして、ホテルに缶詰。

静かな環境と涼しさを求めて、ホテルを昼間だけ借りたのだ。
1日3250円。
値段のもとは充分にとれた。

録音も終了。

ごくろうさんでした。

自分でも頑張った1日。

心地よい疲れが残った。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

カール・ゴッチとチューブトレーニング

2007-08-03

今でこそ、チューブトレーニングの電子ブックとかを売っているが、最初に興味を持ったのは、ゴッチさんのトレーニング法を読んでからだった。

プロレスの前田選手が若い頃に「器具を使わずに身体を鍛える方法」をゴッチさんが教えていた。
その中の記述に「チューブトレーニング」があった。

いろいろと調べるとゴッチさんの親友、ポリス・マレンコは、チューブトレーニングの権威。
その関係で、ゴッチさんもチューブを使うようになったのだろう。

自分の体重を利用した方法は、マット・フューリィが、ゴッチさん直伝のノウハウを公開している。
チューブもマレンコさんが生きている間に2人で公開してほしかった。

この前、体育館にいった。
大好きなボート漕ぎをするためだ。
体育館の中で、ひときわ目立つ体格の方がチューブでトレーニングしていた。

話しかけると「サンボ式」のトレーニングとのこと。
ダイナミックな動きのチューブトレーニングと懸垂、平行棒での屈伸だけでトレーニングを終えていた。
いわゆるボディビルダーの身体とは違う、頑丈そうな身体は、最高にかっこよかった。

しかし、見た限りでは脚には強い負荷をかけてなかった。
それにしては、あの太ももの太さはなぜだろう。
また、会ったら、聞いて見たいものだ。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.