幸せの7つの習慣プラス1

2019-12-25

おはようございます、山田です。

——————————————————————————————————————-

人生の6分野で目標を持つトータルパースン、

◆経済と職業面  ◆家庭と家族面  ◆教養と教育面

◆健康と身体面  ◆社会と文化面  ◆精神と倫理面

この6つの分野で、目標を持ち、

日々、コツコツと達成していくのが、真の幸福人生。

「幸せになれるツール」

https://www.yamadatoyoharu.com/bfr/wp-content/uploads/2019/12/happynewyear-1.pdf

——————————————————————————————————————-

私、普段は、仕事を終えて、ジムでトレーニングして、

家に帰るのは、早いです。

(宝塚の売布神社の事務所で仕事して、

飯を食って、宝塚のゴールドジムか西宮北口のコナミスポーツで、

トレーニングするのが、日課です。)

日課の後に書店に寄ったり、カフェでのんびりしたり、

そういう「ゆるい生活」です。

それでも、最近は寒いので、早めに家に帰ります。

宝塚駅を15時頃とか。

「山田さん、早すぎるやん。」

はい、早めに家に帰って、のんびりと本とか漫画を読みます。

しかし、 先週のある日、遅くなった日があります。

宝塚駅を21時くらい。

電車に乗って、座席に座ると

隣に75歳くらいのサラリーマンがいます。

最近、高齢のサラリーマンが、増えましたねえ。

「かわいそうになあ。

昔ならば、悠々と年金をもらいながら、趣味に生きる第二の人生だったのに。」

私は、それとなく、となりのおじいちゃんを

観察しました。

おじいちゃん、スマートフォンのゲームに熱中しております。

(私は、一切、やらない。)

「ああ、これも彼には貴重な娯楽なんだろな。」

でも、75歳にもなって、朝から晩まで働かされて、

スマホのゲームに逃避するしかない人生。

虚しいなあ。

そこで、今日は、山田が、

「幸せに生きる7つの習慣」

プラス「さらに幸せに生きる1つのでっかい習慣」を

お教えしましょう。

最初の「 七つの習慣」。

これは、リチャード・コッチさんの「80対20の法則」に

載っていたものです。

以下。

1.運動をする。

健康のためだけなら、毎日、運動しなくてもいいのですが、

私は、「幸せになるために」やっています。

運動の後は、エンドルフィンが出るので、気分がいいですから。

仕事の後で泳いだり、筋トレ、ウォーキングをした後で、

サウナで汗を搾り、冷えたお茶を飲む時は幸せです。

2.頭の体操をする。

これは、読書でもなんでも頭を使うこと、全てです。

私は、仕事で、いろいろと頭を使っています。

3.心を癒す

星空を見たり、瞑想をしたりしています。

最近は、神社によく行きます。

パワーがみなぎり、 幸せになれる。

4.他人に親切にする。

小さな親切ですが、

他人に親切にすると幸福感が増します。

5.友人と楽しいひと時を過ごす。

これが、一番、できていないですね。

私は、友達が少ないのです。

高校や大学の同級生。

起業して、インターネットで稼ぐ私とは、

話が合わない。

友達、仲間が欲しい!

6.自分をもてなす。

これは、自分が楽しいと思えることを

意識的に毎日、やることです。

例えば、「マッサージを受ける」「スーパー銭湯に入る」

「高級レストランで食事」といった感じです。

Mr.Xもこれを強調していたので、毎日、

なにか楽しいことを意識的にやっています。

7.1日の終わりに自分を祝福します。

「今日も充実していた」

と思えるように日々を過ごすということです。

私は、1日の最後にチェックリストを記入して、

自分を祝福することにしています。

そして、 良い音楽を聴いて、

瞑想する。

こんな感じです。

プラス「さらに幸せに生きる1つのでっかい習慣」

ずっと幸せに生きる方法を教えしましょう。

あー、別に難しいことではないんですよ。

科学的に答えますから。

人間、目標を設定したら、幸せホルモンがでます。

着実に実現していったら、さらに幸せホルモンが出る。

目標を持ち、着実に実現するのが、幸せな人生なんです。

だから、

「さらに幸せに生きる1つのでっかい習慣」は、

目標を持った人生を生きることです。

ほとんどの人はね、なんかスペシャルの面白さ、楽しさとか幸福、

スペシャルのものがあると思い込んでるんですよね。

そんなのってないんですよね。

幸福というのは、ごく身近にあるものなんですよ。

「幸福って何か?」

これは、科学的に解明されているんですよね。

脳内物質。

例えば、ドーパミン、ノルアドレナリン、エンドルフィン、セロトニンとかね。

人間が「幸せだなぁ。」と思っているときは、

ドーパミン、エンドルフィンが分泌されているんですよ。

それで、 幸福になる方法。

目標を設定することです。

ドーパミンというのがありますよね。

これは、2つの場合に出ます。

・目標を設定した時。

・目標を達成した時。

例えばですね、

「ベンチプレスで30キロで10回」がやっとの男性。

「ベンチプレスで100キロが10回上がるようになったら、

 筋肉モリモリでかっこいい体にもなってるだろうなあ。」

こうやって、目標設定した時にハッピーな気持ちになるんです。

そして。

32.5キロで10回上がるようになると。

小さな目標を達成したので、ここでもハッピーな気持ちになるのです。

そう、今が大事なんです。

実は、 目標を立てて、1段ずつ階段を上っていく、

この時が一番幸せなんですね。

1代で大企業を作り上げた経営者が、本に書いてました。

「今は高級なフランス料理も食べられるようになった。

でもね、若い頃、仕事で悪戦苦闘して、

それをなんとか解決して、安い中華料理屋で食べた餃子の味。

あれは忘れられない。

あの餃子の方が今のフランス料理も美味しかった。」

「今、 思い返すと。

頂点を目指して、必死で努力していた若い頃。

あの頃が一番幸せだったかもしれない。」

そうなんですよ、

目標を持って、着実に小さなゴールを達成していく。

これが一番の幸せなんですよ。

今が一番幸せ。

目標を持って、

一段一段と階段を上っていく、

今が一番幸せ。

それとですね、小さなゴールを達成した時に

自分に「ご褒美」をあげてください。

逆に絶対に幸せになれない人たちをあげます。

ミスター・ノーチャレンジ。

実在の人物です。

友人から聞きました。

全く挑戦しない人、目標も持たない人。

それで58歳まで生きてきた。

「TV見ない、PC持ってない、スマホ持ってない、

本読まない(漫画すら)、そもそも趣味が無い、

何もしない、それでも家は持ってます。

何もしないから家にお金をかけれたから。

でも嫁さんはいない。

もちろん恋愛経験0。

こんな人になるとダメ、不幸せ(笑)

チャレンジが幸せだ。

まとめると。

・ 目標設定しましょう。

・小さく、小刻みに目標を達成していきましょう。

・小さな目標を達成している「今、ここ、私」を大事にしましょう。

今が一番幸せ。

・小さな目標を達成したら、自分に「ご褒美」をあげましょう。

結構、良いものを「ご褒美」にする。

・「ご褒美」は、「自己投資」が良いのです。

幸せになれる!

以上!

山田豊治

PS.人生の6分野で目標を持つトータルパースン、

◆経済と職業面  ◆家庭と家族面  ◆教養と教育面

◆健康と身体面  ◆社会と文化面  ◆精神と倫理面

この6つの分野で、目標を持ち、

日々、コツコツと達成していくのが、真の幸福人生。

「幸せになれるツール」

https://www.yamadatoyoharu.com/bfr/wp-content/uploads/2019/12/happynewyear-1.pdf





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.