時間割引率?

2020-01-13

おはようございます、山田です。

今日はですね、時間についての話をします。

私、 宝塚歌劇が好きなんですね。

歌劇終わった後に近くにある

「手塚治虫記念館」に行くこともあるんです。

前回、 記念館に行った時に読んだ漫画。

「不思議な少年」

この漫画の主人公、サブタン。

時間を自由に止められるのですね。

「時間よ、 止まれ!」

いやー、私は憧れます。

時間は、お金よりも大事ですからね。

時間=人生と言っても良いと思います。

この時間に関して、今日は二つ話ししたいです。

一つ目は、 時間割引率について。

時間割引率って何?

多くの人は、将来の報酬を現在の報酬に比べて低く(つまり割り引いて)評価する。1年後にもらえる11,000円より、1週間後にもらえる10,000円を選ぶのだ。「せっかちな人」ほどこの割引率は大きく、嫌なこと(例えば夏休みの宿題やダイエット)を先延ばしにする傾向がある。

子供を対象にして、こんな実験もありました。

クッキーを子供にあげるのです。

「クッキーを1つあげるよ。

でも、今、 食べるのを我慢するならば、後で、

2つあげるよ。」

我慢して、2つもらった子の方が、良い人生を送ったそうな。

当然ですよね。

以下のような記事も参考になります。

割引率で測る、人のせっかち度

https://president.jp/articles/-/11330

「貯金できない人」が気づかない残念な習慣

https://news.livedoor.com/article/detail/13875218/

将来的に寿命が短くなるのに

我慢できずにタバコを吸ってしまう人。

そんな人生ですね。

逆に。

今の時間を充実して、仕事を仕上げると。

将来の時間を何倍も確保できる。

私たちの仕事では、これがあるのです。

私は、 この事実をある方から教えてもらいました。

はい、まず、順番に話していきます。

ちょっと前に私は、東京で、

「さとりさん」という方と会いました。

(さとりさんは、和佐さんの弟子。

和佐さんは、よい人材を育てている。)

数時間、お茶を飲み、いろいろとお話を伺いました。

彼、省エネ仕事の達人なんです。

最小の時間しか働かない。

それで、私は、「よし、コツを学ぼう!」ということで、

人を介して、彼と会いました。

驚いたこと。

彼は、2011年の春から10ヶ月ほど書き溜めたブログの

コンテンツを何回もいろいろな形で使い回して、仕事を回しているそうです。

2011年の5月に書いた記事を新たにアメブロにアップして、

新しい日誌とするみたいな感じ。

以下。

さとりさんのフェイスブック記事からの引用。

「他の人と違うのは、僕は、一度やった仕事を決してムダにしない、

というスタイルの『働き方』を徹底してるだけ。

多くの人は、長時間かけて書いた記事を、一度きりで使い捨てます。

自分の人生そのものである貴重な『時間』や、

生命力そのものである『労力』を使って生み出した『ブログ記事』

という価値あるコンテンツをなぜか『使い捨て』していきます。

僕からすると意味がわからないです。

僕は、会社員時代に書いた記事を使いまわして、

いまだに1日数件の新規リストを獲得します。

『働き方』とか『生産性』に関する考え方の次元が違うんだろうな、と思います。

日本人の労働生産性の低さは、いろいろと問題になってますが、

『セルフイメージの低さ』から来てるんだろうな~、と感じます。

多くの人は、寿命のゴール設定もそんなに長くなくて

(せいぜい今言われてる平均寿命くらいまで生きる、くらいの自己認識)、

人生の時間が有限であることを、自分の認識で決めているにも関わらず、

自分の命そのものである時間を『使い捨て』の仕事や行動に消費、浪費していきます。

これって、潜在意識的には、

『自分には価値がない』
『自分を愛してない』

というアファメーションを繰り返してるのと同じ、だと思うんですが、

そういうことに気づいて改めよう、という意識になる人もほとんどいません。

僕は、寿命のゴールが伸びて、最低300年以上は生きよう、という認識で生きていて、

今はドラクエばっかやってるくらい、時間が余る生活になってますが、

それでも、自分の時間と労力を『使い捨て』の仕事や行動には絶対に使わないように、徹底して、

『資産構築性』

を考えて、常に投資マインドで自分の行動を決めてます。

毎日繰り返してる習慣行動の『差』が、現実の境遇にダイレクトに反映されていきます。」

なるほど。

時間、労力、セルフイメージ。

全部、腑に落ちますね。

考えてみると私も無意識で使い回しはしてきております。

これからは、さらに加速させます。

今日は、時間の使い方の話。

時間割引率と。

さとりさんの合理的な「資産を構築する」時間術。

ご参考に。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.