紙一重で前腕を守った私

2020-02-05

紙一重で生き抜いた私

おはようございます、山田です。

潜在意識の力のおかげで、

右腕を残すことができた私。

大げさな!

どういうこと?

山田さん。

はい。

簡単に説明します。

私、 右の前腕を痛めたのです。

すると。

前腕が膨れ上がって、治りません。

2ヶ月経っても治りません。

めちゃくちゃに痛い、右手が使えない。

いろんな人に見てもらいました。

市民病院、大規模な個人経営の病院、整骨、鍼灸の治療院。

全くと言っていいほど効果がないのです。

嫁さん「6ヶ月くらいかかるんじゃない?」

他人事だと思って。

毎晩眠れないんだぞ。

私は、トランス状態に入って、

守護霊、つまり、潜在意識に聞きました。

「北田先生に会いに行け。」

先生はねえ、 治療は引退されてるんですよ。

治療院を経営されているだけ。

それでも。

潜在意識の言う通りに会いに行きました。

「山田くん。

血液検査してもらいなさい。」

私は、意味が分からなかったのですが。

次の日、お医者さんに血液検査を頼みました。

なんと。

痛みの原因、膨れ上がっているのは。

感染症でした。

阪急山本にある整骨と鍼灸のクリニック。

そこで、 鍼を打ってもらったのですが、感染したようです。

原因が分かったので、抗生物質を処方してもらいました。

どんどんと快方に向かっているのです。

「助かった、また、トレーニングできる。」

ありがとう北田先生。

ありがとう潜在意識。

もしあのままだったら。

「神経、筋肉が逝かれていた。」

ぞっとします。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.