コロナ時代は「田舎生活」

2020-04-30

おはようございます、山田です。

新聞もテレビもネットも
コロナ一色ですね。

しかし。
私は、何も変わらない。

今朝も武庫川沿いの美しい景色を堪能しながら散歩しました。

そう、私の住んでいる家は、最高の「夢田舎」にあります。

こんなメールをもらいました。

「いつもブログを楽しみにしています。(ブログのファンみたいです。)

中略。

ところで、山田さんは、どんなところに住んでいるのですか?

かなりの田舎というのはわかるのですが。

コロナ大流行の今、
人口密度が低いのが、羨ましい。」

人口密度?

はい、低いですねえ。

はい、私は、兵庫県三田市という所に住んでいます。

いいところです。

都会のひとが「田舎、のどかな田舎」とイメージするのがぴったりの田舎に住んでます。

私は、美しい大自然に抱かれて、日々を過ごしています。

わかいひとたちにアンケートを取ると。

半数の人が「田舎暮らしにあこがれている」そうです。

そう、田舎ぐらし、ええもんです。

コロナ問題なしでもええもんです。

確かにストレスまみれの都会生活とはまったく違います。

静かだし、空気もきれいです。

なにげない毎日がストレスなく、静かに過ぎていきます。

日が昇るのをみても、夕焼けをみても、それだけでハッピーです。

私は、よく自分で弁当をつくって、裏の森林公園にいきます。

美しい湖を観ながら、きれいな小屋のなかで弁当を食ってると。

充実感、幸福感でいっぱいです。

自作の「のり巻き弁当」でもほんとにおいしいです。

こういう平和な毎日を暮らしている村人、長生きです。

最近、気がついたのですが。

「うちの村の人、男でも90歳を超えるひとが多いなあ。」と。

たぶん、男性の平均寿命でも90歳を超えるか、90歳近いでしょう。

ギネス並です。

こんな平和な田舎の生活です。

でもねえ、サラリーマンの頃は、大阪の難波までの通勤が辛かったです。

「こんな田舎、いややなあ。」と思ってました。

当時はドアツードアで2時間近くもかかってましたから。

新聞とかネットで見ると。

コロナ大流行なのに。
サラリーマンは、人がいっぱいの電車で通勤してますね。
テレワークできない会社、多すぎる。

私、サラリーマン生活から解放されると理想の暮らしとなりました。

私の家の地理的な位置。

・家の裏は「有馬富士公園」というでっかい森林公園があります。

絶好のクロスカントリーのコースです。

・家の周囲は「たんぼ」だらけです。

・7分も歩くと美しい武庫川です。

4月の初旬は桜が咲き誇り、毎朝、夢見ごこちでした。

・家の近くで、狐や猿!イタチとかみたことがあります。

また、夜行性のイノシシもよく罠にかかっています。

・私の家の庭には池があります。

以前は鯉とかが泳いでました。

・また、庭には桜の木、柿の木があります。

大自然に囲まれて生活しています。

夜は静かだし、空気は澄んでいます。

ただし、田舎ぐらしにはデメリットがありますよね?

アンケートによると「近くにほしいもの」

総合病院とコンビニの2つらしいです。

はい、私の家から15分か20分で2つともあります。

さらに。

5分も歩けば、ホームセンターと書店、TSUTAYAがあります。

「車がないと生活できないよね?」

いや、私は自動車には乗ってないです。

最近は自転車すら乗ってないです。

電車の駅まで歩いて15分。

不便ないです。

スポーツクラブ、電車で一駅いった三田駅、
すぐに通っているスポーツクラブがあります。

今は、コロナで閉鎖中ですけどね。

図書館も市ではなく、民間運営に切り替えた良い図書館があります。

「街造り恊働センター」というのがあり、会議室とかきれいな場所がめちゃくちゃに安い。

おまけにパソコンの使用が無料、食事をする場所もあります。

今は、コロナで閉鎖中ですけどね。

こう考えてみると理想の場所です。

大阪の梅田、神戸の三宮、どちらも1時間ほどで出ることができます。

ただ、ふだんは行かないです。

ひとが多いので、うっとうしい。

だいたい、宝塚、西宮、川西といった京阪神をうろうろとする生活です。

今は、コロナ時代なので、引きこもってますけどね。。

「山田さんの田舎ぐらし、理想的ですねえ。」

はい、最近、気がついたのですが、都会生活と田舎生活のメリットだけ享受する生活です。

また、家も土地も自分のもので借金、ローンも0、金融資産ありなので、恵まれています。

そうですね、かなり安い生活費でも暮らせますね。

特に東京、大阪と比べると嘘みたいに生活費は安いです。

まあ、「みんな、三田市に来て暮らしなさい。」とはいいません。

ただ、都会で暮らしている方。

都会と田舎、両方で暮らすのはいいものです。

週末だけ田舎とかね。

あるいは、田舎に住み。

気が向いたら、都会の街に行き、うろうろする生活もいいですよ。

それを夢にしてもいいと思います。

実際に生活している私ですが、「素晴らしいな」と感じています。

東京みたいな都会で暮らすひとの気が知れません(笑)。

夢田舎生活、チャレンジしてみてください。

山田豊治

PS.現実的な話をします。

田舎で就職するつもりなら無理。

あまり、仕事ないです。

自分で仕事を創りださないと。

インターネット起業がいいですね。

コロナ時代、ネットビジネスの成功率、

跳ね上がってます。

大きなチャンスです。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.