コロナと気の赤字の関係

2020-06-13

おはようございます、山田です。

今日も「不死鳥プロジェクト」の話。

いつもイメージしてください。

こんな感じ。

——————————————————————————–

中国は武漢にある基地。

ここがコロナ貧乏神の出発地点です。

コロナ貧乏神は、武漢を出発して。

とあるアジアの国の村に着きます。

コロナウイルスの爆弾投下。

小さな小屋のような家に住む人々。

航空機の爆撃を受けて、村は燃え上がり全滅します。

航空機に乗っているのは、コロナの貧乏神たち。

こんな顔をしています。

コロナ貧乏神

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A7%E4%B9%8F%E7%A5%9E

操縦士であるコロナ貧乏神たちが、地上に撒き散らすコロナ爆弾。

なんと、コロナ爆弾もこんな貧乏神の小型です。

そっくり同じ顔してるんですよ。

コロナ爆弾の姿。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A7%E4%B9%8F%E7%A5%9E

私は、上空からそれを眺めながら、痛々しい思いながらも目を離すことはできません。

なぜなら、私自身も身体は、その村にあったのですから。

しかし、灰となった村から、何かが動く気配がします。

それは。

不死鳥。

不死鳥なんです!

灰の中から生まれ変わった不死鳥が力強い羽ばたきで、飛び立ちます。

「バサッ、バサッ、バサッ」

不死鳥は、 大空高く舞い上がるのです。
不死鳥、火の鳥

https://www.crank-in.net/news/62930/1

——————————————————————————–

現在、不死鳥は、便宜上、「私」だけです。

便宜上の意味。

今は、私だけだから。

これについては、後日、私のメルマガで詳しく書きます。

不死鳥の仲間を増やしていきたいのです。

主人公は、私ではないです。

「不死鳥になろうと考える」人です。

私は、経験者の立場で、お手伝い兼アドバイザー。

このイメージで、コロナで弱ってしまった人たちが、

「不死鳥のように蘇る」プロジェクトやりたいのです。

そうしないと日本が滅びてしまうから。

さてさて。

何か約束したように「絶好調」の秘訣を話します。

それは。

2つあります。

1.好きなこと、やりたいことを全部、同時にやる。

2.「気」のトレーニングを真剣に始めたからです。

本当に大事なのは。

2つ目。

「気のトレーニング」ですけどね。

今日は、気のトレーニングの話。

「気」のトレーニングを真剣に始めたからです。

数ヶ月前にのっぴきならない健康上の事情があり、

「気」のトレーニングを真剣に始めました。

趣味とか遊びじゃなく、「必死の力、必死の心」でした。

幸い、私は、「巨人覚醒塾」で教えているように

瞑想、自己催眠術で45年以上のキャリアがあります。

「気」のトレーニングは、案に相違して、順調にのびました。

そして、健康上の問題は、あっさりと解決。

気が充実して、さらに良いことが起こります。

「毎日、すべての面で、私はよくなっていく。」

今の私、まさにこの通り。

今の日本、「気の赤字」状態の方が多いです。

私もそうでした。

何をやってもうまくいかないんですね。

気の赤字を解消する。

下丹田に気があふれてくると体力が充実充実、健康になる。

中丹田に気があふれてくると精神が充実して、人間関係も自然によくなる。

上丹田に気があふれてくると。
賢くなる、知恵が湧いてくる。

全身に「黄金の気」があふれてくると富が集まってくる。

そうなんですよ。

気のトレーニングで、コロナに勝てるんです。

健康上の問題も解決するし。

貧乏神も勝てるのです。

「気の赤字」状態の方、気のトレーニングをやることです。

毎日、会社に残って、夜遅くまで残業。

クタクタになって家に帰ってビールを飲んで飯を食って寝るだけ。

こんな生活では、「気の赤字」が増えるだけ。

コロナに勝つためにも。

幸せな人生を勝ち取るためにも。

気のトレーニングだ

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.