筋肉、恋愛、お金

2020-07-09

おはようございます、山田です。

退院して、家に帰り、美味しい飯を食い。
(病院食、まずい。)
田舎の素晴らしい環境で過ごし。
元気いっぱいです。

それで、今は、筋トレに燃えてます。

白状すると入院中も隠れて、やってました。
チューブと加圧を組み合わせて、です。

好きなんですよ、筋トレ。

さて。

筋トレの話ですが、新しいトレーニングテクニックとかではなく、

「なぜ、筋トレをやらなければいけないのか?」です。

ズバリ、女性にモテまくるため。

筋トレを正しくやるとテストステロンが分泌します。

このテストステロンは ”モテフェロモン” ともよばれ、女を本能的に惹きつける唯一の物質としても有名です。

誰でも、このホルモンさえ多く分泌することができれば女にモテるようになります。

科学的実験:まったくモテないラットのオスに、このホルモンを注射すると、途端にメスが群がってくるほどです。

テストステロンの多い男の特徴

・筋肉もりもり

・自信満々

・闘争的

・性欲旺盛

・野望と俗物的な欲の持ち主

テストステロンを多く出す方法

高強度トレーニング

ランナー的トレーニングを避ける

休憩時間の長いパワーリフタートレーニングを避ける

週に8時間以上のトレーニングを避ける

ストレス度が低い生活を心がける

高強度トレーニングをすると一時的にアップ↑そして、ダウン↓

だから、トレーニング日は少なくとも1日の休養をはさむ

菜食を避ける

脂肪も必要、肉類を取る

魚類をとる

コレステロールの高い卵も取る

ビタミンB,C,マンガン、亜鉛を意識的に摂る

アルコールは避ける

SEX、マスターベーションをする

エロチックな想像をする

ダイエットをしない

アスピリン(バファリン)を避ける

こんな感じですな。

要するに肉食系(私はピッタリ?)です。

ただし、現実社会では、特に日本では「優しい人が好き」という女性も多いのです。

・若いときは、本能のままに女性はテストステロンの多い男性に惹かれます。

暴走族の兄ちゃんが持てる理由です。

・しかし、女性も年齢を重ねるに連れて、テストステロンの多い男性の短所を嫌うようになります。

独占的、横暴、自己主張が強い、みたいな感じ。

長所の裏返しです。

・よって、年齢を重ねた女性は、
キムタクのような「肉食系と草食系」の両方の特徴を持っている(感じがする)男性を

好むようになります。

キムタク、今は人気ないですけどね、

・ホストクラブのホスト、
スポーツクラブで主に主婦相手にパーソナルをやっているトレーナーで人気のある人も

「肉食系と草食系」の両方の特徴を持っている感じがします。

これが「もてる男」です。

・でも、お互いに矛盾するので、現実にはないらしいです。

しかし、ひとつだけ、「強さと優しさ」の両方に使えるカードがあります。

それは。

「経済力」、お金です。

富は女性にとって、男性の「強さ」でもあり、「包容力」でもあるのです。

そういう理由で、お金持ちは女性を惹きつけるのです。

逆に貧乏な男、稼げない男からは女性は距離をおきます。

魅力がないから。

さあ、女性にもてたかったら、「筋肉トレーニングをしてバンバンと稼ぎましょう!」

こうなります。

しかし。

落とし穴もあります。

テストステロンは冒険のホルモン。

あまりにも強気になり、ハイリスクの投資とか無茶をやるようになるのです。

昨日、「テストステロン値が高いとトレーダーとしても成功しやすい」と言われてます。

でも、極端に強気、冒険の連続は投資でも人生でも好ましくないです。

コントロールできないと破滅の原因となります。

どうしたら良いのか?

この場合、自己催眠術が役立ちます。

勝利の快感で、熱くなっている頭をクールに冷やしてくれます。

副交感神経を優位にして、冷静に判断できるようになるのです。

やはり、アクセルだけでなく、ブレーキを引けないとダメです。

私、アクセルとブレーキの両方を持たないと人生のドライブに出てはダメ、と思います。

ほとんどの方は、「アクセルもブレーキもない」危ない状態で人生をドライブしています。

こうやって、「女性にモテる」「お金を儲ける」勝利者のホルモン、テストステロンを

コントロールすると最高の人生が待っております。

「筋トレはすべてのソリューション」というテストステロンさんよりも

「筋トレと自己催眠術の2つが人生のソリューション」という私の方が正解です。

今日の話。

・若い時は、暴走族の兄ちゃんとか運動部のバリバリがモテる。

・しかし、年齢を重ねると「優しい」ヨン様が好みになる。

・優しさと強さを兼ね備えるには、「お金を稼ぐ」こと。

女性がお金持ちに惹かれるのは、別にお金が目当てではない。

本能なんです。

・テストステロンは、アクセル。

ブレーキとなる自己催眠もマスターすれば、99パーセントの人生の悩みは消えて無くなる。

こんな感じです。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.