重要事項:癌の件

2020-07-18

おはようございます、山田です。

今日の件名、「 重要事項:癌の件」。

はい、その通りです。

実は、去年11月の「腕の怪我」、悪性リンパ腫でした。

ガン。

「もう、人生を終えなければいけない。」とも考えました

大変な経験をしました。

世界ナンバーワンコーチのアンソニー・ロビンスも

脳腫瘍の経験があるそうですね。

私の場合、超ラッキーなことに。

ほぼ、治りました。

1回目の抗がん剤で、腫瘍は消失、腫瘍マーカーの値も正常人の中でも低めになった。

これ、メンタルが大きな比重を占めています。

これからの私のメルマガで、

話していきますが。

癌という病気、メンタルが元気じゃないと勝てないです。

例えば。

癌になった方は、なんと5割がうつ病になるのです。

一般的に「5%」の方がうつ病なのに。

がん患者になると50%がうつ病になるのです。

そして、化学療法とかの効き目も落ちる。

だから、鬱にならないために

ハッピーな感情を維持できるメンタルトレーニングが重要。

また。

水泳の池江選手が、語っていたこと。

抗がん剤の副作用のこと。

「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。

三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます。

でも負けたくない」とつづっている。

これもメンタルトレーニングを上手に使うと。

「癌を攻撃するだけに抗がん剤を使い、副作用を0に近くする」

これができます。

私は、おかげさまで、食欲も旺盛、吐き気なしで、体重も減ってない。

また。

「体内に住む味方の熱帯魚たちが、がん細胞を食べてくれる」と言う楽しい筋書きも
ある。

実際に「がん細胞が消える」のです。

もちろん、上手にやらないといけない。

私は、40年以上も自己催眠、瞑想をやってきてよかったです。

また。

「覚醒塾で教えたこと、本物と証明できた」と思ってます。

これらは一例ですが 、メンタル、とても大事。

私は、 ラッキーなことに巨人覚醒塾で教えていた

自己催眠術、瞑想がすごく力になってくれました。

これらを基礎として、 サイモントン療法、中国の気功を

マスターすることができました。

どちらも癌の治療の中で、大きな力を持っているものです。

(もちろん、化学療法もやってますよ。

化学療法、中国の気功療法、メンタルトレーニング等を総合的に使うのが大事。

自分は、そうしてます。

化学療法だけ、とかではないです。)

これらのおかげで。

奇跡と言っても良いくらいの幸運、抗がん剤が自分にどんぴしゃり。

99パーセント寛解して退院でしょう。

油断しませんが。

また、「再発の予防こそが、本当の勝負」と理解しております。

でも、今は。

「生きていける。」

ただ、ただ、嬉しい。

朝の散歩で、

自宅近所の美しい大自然の中を歩けるだけ。

これで最高に幸せです。

そして、自分の生き方を考えた時、

「他人のために尽くす人生を生きたい。」と思ったのです。

今の世の中、

コロナ禍に悩む方が多いです。

でも。

私が経験した苦しさから見たら。

大したことないです。

やったら、できる。

「死ぬ気でやれよ、死なないから。」

応援したい。

今後もよろしくお願いいたします。

山田豊治

PS.今後のメルマガで、私が悟ったことを徐々に書いていきます。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.