俺は池江璃花子が大好きだ!

2020-10-05

おはようございます、山田です。

最近の私、とてもハッピーです。

難病からの生還、

言葉に尽くせないほど嬉しいです。

コロナで暗い日本ですが。

視点を変えれば、明るい明るいニュースも拾えます。

今週のとても嬉しかったニュース。

池江璃花子 日本学生選手権で4位 “第2の人生の自己ベスト”

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201001/k10012644071000.html

私、池江璃花子さんが、大好きなんです。

今回の池江さんの水泳競技会へのカムバック。

私の脳みその中では、

Kanの 愛は勝つ」のフレーズが響いてました。

「心配ないからね 君の想いが

誰かに届く明日がきっとある」

「どんなに困難でくじけそうでも

信じることを決して止めないで 」

「遠ければ遠いほど

勝ち取る喜びは きっと大きいだろう」

「どんなに困難でくじけそうでも

信じることさ 必ず最後に愛は勝つ!

信じることさ 必ず最後に愛は勝つ!」

でも。

本当にいい顔してるなあ!

元々から、「健康的で明るく可愛い子だなあ」とは、

思ってました。

その後、彼女は。

白血病→大変な闘病生活→現在のカムバックを目指してのトレーニング。

こんな人生を歩むことになったのですが。

奇しくも

私は、彼女と同じ血液の癌になりました。

実際になってみて、闘病すると苦しさがわかりました。

池江さんが、

 Twitter で、

(治療は)「 「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。

三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます。

でも負けたくない」とつづっていました。

これを読んだとき私は、

「ほんまかいな?」と思ってたのですが。

実際に自分もなってみると

「ああ、本当だったんだな。」と納得、共感しました。

彼女が、退院後のインタビューで答えていたこと。

―今のほうが強くなれている部分は。

 「メンタルはめちゃくちゃ強くなっていると思う。」

これも私は、納得、共感しています。

癌と戦うと

メンタルの大事さが分かります。

闘病することで、

私のメンタルもものすごく強くなりました。

強くならないと生きていけなかったから。

3月に入院してから、

(同じ病で)死んでしまった友もいます。

悲しいことです。

また、禅宗のお坊さんで、

悟りを開いた方でも

(癌を告知されると) 精神的に参ってしまい、うろたえて、

平常心を失った結果、

癌が進行してしまうこともごく普通らしいです。

だから、彼女の答え、納得して共感できます。

メンタルの強さは、生き残るために

本当に大事。

「本物の強さ」を持たないといけない。

癌の心理療法に「生きがい療法」というのがあります。

人生に「生きがい」を見出し、その希望の力を

癌治療に生かそう、という趣旨です。

 「生きがい療法」での有名なエピソードとして、モンブラン登山があります。

30年ほど前の話。

がん患者のメンバーたちが標高4807mのモンブラン登山に挑んだもので、当時は無謀な試

みではないかとも言われたのです。

しかし実際には数名は登頂され、そして全員無事に帰還されました。

そして。

がん患者、モンブラン登頂から30年

7人のうち4人が健在、記念講演会

https://www.j-cast.com/2017/08/29307015.html

癌患者でも人生に「生きがい」を見出し、90歳前後でも健在な方も

いるのですね。

「生きがい」の力、恐るべし!

本当に大事です。

池江さんにとって、

「泳ぐこと」は、生きがいなんでしょうね。

 「生きがい療法」もう一つの例。

ある女性の方。

闘病で弱りきってしまい、

体重が27 kg になってしまったそうです。

しかし。

「私は、まだ、自分の人生を生き切っていない。」

「私には、ミッションがある。」

彼女のミッション。

日本に「ホリスティック教育を広めよう!」

ホリスティック教育

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E8%82%B2#:~:text=%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E8%82%B2%EF%BC%88%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF,%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82

自分のミッションを広めるためには死ぬわけにはいかない。

彼女の精神が変わったのですね。

彼女は、「生きるために」ジョギングとかも始めたそうです。

そして。

奇跡的にがんも完治、体重もどんどん増えて健康体になったそうです。

「生きがい」

とても大事です。

がん患者にとってだけではなくて、

全ての人に「生きがい」は、大事なんです。

ただ、漠然と生きるのはもったいないです。

みんな「生きがい」を持って、生きましょう。

「他人のために」とか、

無理に考える必要はない。

自分自身が納得して、「生きがい」を感じられることが大事!

私自身も「生きがい」を持っています。

次回に続く。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.