健康な筋肉マンになる!

2020-11-08

加圧で健康な筋肉マンに!

おはようございます、山田です。

65歳で大病をした私。

幸いにも回復することができたのですが。

(2020年11月5日。

病院で、PET-CT検査の結果を聞きました。

「完璧です!

がん細胞は、一切ありません!」

PETでは全身のがんなどを一度に調べることが出来る検査です。

「やったね!」

これ以前にも数週間ずつ間隔を開けて、2回のCT検査。

すべて、「寛解です」という結果。

「2年間再発なしなら、山田さんの場合、完治。)

ああ、それと寛解祝いにプレゼントがあります。

文末のPS.を読んでください。

素晴らしいプレゼント!

決意したことがあります。

「大好きな筋トレ。

でも、 健康が第一だな。

だから、 免疫系も強化しながら、

トレーニングを楽しもう。

もちろん、 筋肉も発達する方法。

それと。

短時間、ほとんど疲労が残らない。

随分と虫が良いですよね(笑)

はい、 結論から言います。

・全面的に加圧トレーニングを採用する。

こうすることにより。

軽い重量で大きな筋肉ができます。

免疫系を強化できます。

軽い重量→最高重量の20パーセントから40パーセント。

回数にして、25回以上60回ほども反復できる重量です。

この加圧トレーニングついては、

次の機会で、詳しく説明します。

・極端に量の少ないトレーニングする。

今回のメルマガでは、この点を詳しく話します。

筋肉トレーニングは、「単純」「シンプル」にする!

すべては「単純に!」でうまくいく

これ、私の好きな本の題名です。

中身の紹介です。

「どうしてあなたは、単純なことを複雑に考えてしまうのか?

モノ、金、自分自身をシンプルにすれば、

ストレスがみるみる消えて仕事も人生もすべてラクになる。」

ほんとうにそう思います

2週間ほど前に友人と話した時です。

その友人が面白いことを言っていました。

「筋トレを熱心にやっている人は、

いつも『効率的に筋肉を発達させる方法』を考えている。

そして、一生が終わってしまう。」

今朝、私は、2時間ほどで「効率的に筋肉を発達させる方法」を見つけました。

商業主義、ステロイドの関係しない、ちゃんとした学問の分析を調べたのです。

前提条件

1.Ralph N. Carpinelli博士という専門家が、今までの筋トレの実験結果を分析しました。

2.今まで言われていたように「高重量でスピードをつけて」速筋を発達させるという理論は誤り。

21の実験のうち、20個は、「筋肥大に高重量は不要。スピードを上げるのも不要」という結論だった。

これ、ビックリでしょうね。

東大の石井先生とかも昔は「速筋を肥大させるためにマックスの80パーセント以上の重量を使用すべき」と言っていましたから。

間違いだったんです。

60秒間から90秒間の間、筋肉に負荷をかけ続ける(軽い重量)というトレーニングでも速筋の肥大は変わらない。

3.多セット主義は、不要。

1セットだけのトレーニングと複数セット(2セット、3セット、それ以上)の筋肥大の効果を調べた実験を検証。

55の実験のうち、53の結果は、「差異は認められない。」

これも東大では、昔は反対のことを言っていたような(笑)

実験結果が示唆すること。

「量のトレーニングをする必要はない。

ただし、多種目、多セットをやっても

大きなマイナスにもならないようだ。」

「高重量を使う必要はない。

間違ったトレーニング理論を信じることで怪我をしている人が多い。」

「トレーニングの頻度は、週に2日くらいが最適だろう。」

「ただし、ベテランになるにつれて、トレーニング頻度は減る。

週に1日くらい。」

実際にこういうトレーニングをしている人はいるのだろうか?

少ないけどいます。

代表的な人物、ケビン・トルバート。

生涯、ステロイドを使用せずにスクワット273キロを連続30回。

伝説ですな。

写真を観てください。

ステロイド、使ったことがない?

トレーニング好きな方なら、

興味津々でしょう。

「山田さん、

俺、トレーニング興味ないのだけど。」

はい、わかりました。

しかし、これは、私が最近、言っている

「最小の量で、最大の効果をあげる」方法の一環です。

トレーニングから、学べることも多いのです。

以下は、私が、20数年前にホームページに書いた記事です。

なんか、勝手に自分のブログとかに転載している(笑)人も

多いけど、オリジナルは、私、山田豊治。

————————————————————————————–

高強度トレーニングだけで成果を上げた例

ケビン・トルバートは良い見本です。

身長175センチで体重は113キロ。

大腿囲84センチ、腕位52センチ、首囲51センチ、

胸囲132センチのサイズを持つケビンは元フットボールプレーヤー。

彼は、高強度トレーニング以外のウェイトトレーニングをしたことが、ありません。

その理由。

DR.KEN LEISTNERの義理の息子なので

最初のトレーニングから彼の手ほどきを受けました。

(黒人のケビン・トルバート。

孤児だったのです。

DR.KEN LEISTNERが、ケビンを引き取ったのです。

ちなみにDR.KEN LEISTNER自身も孤児だった。

だから、ケビン以外にも何人か養子に迎えています。

偉い人です。)

DR.KEN LEISTNERは、

世界的に有名な高強度トレーニングの提唱者。

(トレーニングは、少ないセット数で徹底的にやる主義。)

また、頑固なほどにステロイドの使用に反対している人です。

そういう理由で、ケビンは12歳の時から、

DR.KEN LEISTNERの指導に沿って、

トレーニングを続けてきたのです。

トレーニングは、主に彼らの家の地下室で、

行われました。

もちろん、一緒に生活しているのです。

変なホルモン剤とか一切使用することなかったのです。

こういう理由で、ケビン・トルバートは、

週に2回、1回に10セット前後のトレーニング以外は

やったことがありません。

稀有な例です。

高強度トレーニングの効果の良い見本です。

40ヤードを4.6秒で走った。

垂直跳びで91センチ。(バレーボールのオリンピック選手で60センチ台。)

スクワットで273キロで30回!(これは人間ではない。)

スクワットのすぐ後で205キロで30回のステッィフレッグドデッドリフト。

ベンチプレスで185キロで15回。

日本人では考えられないような強さですが、彼はステロイドを使用したことは一度も無く、

酒も煙草もコーヒーも口にしません。

又、フットボールのトレーニングとは関係無しにジョギングが好きで

最低で週に4~5回は走っています。(2~6マイル)

調子に乗れば週に7日もジョギングをすることがあるそうです。

そのおかげか、、巨大な身体にもかかわらずコレステロール値は160台です。

彼のトレーニングは、週に2回で短時間で少ないセットを全力で行うというものです。

ミスター日本も真っ青の筋肉マンの彼のトレーニングは以下の通り。

Day One

スクワット 5回を2セット。
ベンチプレス 5回を1セット。
スティッフレッグデッドリフト 15回、10回を各1セット。
ディップス 8回を2セット。
チン 10回を2セット。
シットアップ 15回を1セット。

Day Two

スクワット 20回を1セット。
プレス 4回、10回を各1セット。
ラットプルダウン 10回を2セット。
ダンベルプレス 8回を2セット。
バーベルカール 10回、6回を各1セット。
サイドベンド 15回を1セット。

これでも後年の彼は、

「どうしてこんな大量のトレーニングをこなせたのか分からない。」

と語っています。

事実、彼の最近のトレーニングは、上記の半分くらいです。

————————————————————————————–

このトレーニングの50倍!ほどの量をこなしても

でかくならない方が多い。

それは、本質を見落としているから。

「量よりも質」

トレーニングだけでなく、いろいろなことに言えますね。

特に私たち、日本人は、すぐに量に走る傾向が多いです。

「マッスル雑誌やらに載っているトレーニング法は、意味がない。」

という結論でした。

私の工夫。

ケビンを見習って、思い切って量を減らして、

それと同時に加圧トレーニング採用。

「軽い重量」で行うので、

体の疲労も残らないのです。

ベンチプレス40キロ、スクワット0キロ、

ダンベルカール3キロetcとアホみたいな低い負荷ですから。

加圧トレーニングを採用した具体的なトレーニングは。

また、後日に詳しく書きます。

山田豊治

PS.「不死鳥のように蘇る」プロジェクトやりたいのです。

そうしないと日本が滅びてしまうから。」

ぶっちゃけ、癌に勝つことと比べたら、

コロナに勝つことなど簡単だと私は思います。

第一弾として、私の心の法則をプレゼントします。

「癌に勝ったノウハウ、

貧乏から最高月収1700万円までとたつしたノウハウ。」

これは、 「人生の夢を実現する想念術講師養成講座」の読者にだけ、プレゼントします。

火曜日にプレゼントの予定です。

(既に登録済みの方、期待して待っててください。)

音声を聞きたい方は、月曜日までに登録してください。

人生の夢を実現する「想念術」講師養成講座。

これをメインにしたい。

山田のメルマガを読み続けたい方は、

下記から登録してください。

https://hikaruninomiya.com/p/r/nU9mDeRb

癌に勝っただけでなく、

54歳で、アコムの契約社員から→インターネットで、最高月収1700万円を

稼いだり。

全国放送の「びっくり日本新記録」で、オリンピックに出たプロレスラーに勝ったり。

逆転王、不死鳥の資格を私は持っていると思います。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.