189キロから102キロに。体重調節の魔術師

2011-11-23

フィットネスクラブに行く方の望み、「体脂肪を減らしたい」、「筋肉をつけたい」、この2つに集約されると思います。「体重調節の魔術師、ブルース・ランドール」なら、どちらも自由自在です。189キロの相撲取り並みの巨体から102キロのミスター・ユニバースの筋肉美に変身です。

彼は、元々はアメフトの選手でした。

しかし、海軍に入隊時に「世界一の力持ち」のポール・アンダーソンに憧れて、体重を増やすことを決意。

1日に卵20個、牛乳を5リットル、2万カロリーを摂取。

海軍は食べ放題だったので、彼には好都合でした。

日本人で「筋肉がつかない」と悩んでいる人、ほんとに食が細いのですね。

「太るとかっこ悪い」とか言うのですが、大きくなる時はでっかく食べることが必要です。

さて、ブルースですが、海軍を除隊となると。

「食費がかかり過ぎる」ので、体重を減らすことを決意。

重量挙げをやめて、ボディビルコンテストに挑戦することにしました。

食事は、野菜、果物、魚、精製されていない炭水化物をとり、もっぱら、ウェイトトレーニングに専念。

有酸素運動とかはしなかったのです。

結論として、体重調節にはウェイトトレーニングが最適ということです。

ご参考に。

話のタネにもなりますね。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.