筋肉を発達させる最適のレップ・スピードは?

2011-12-07

最適のレップのスピード?

結論から言いますと「おそらく遅いほど良い。」

Westcott博士の論文を読むと1レップを4~5秒、6秒~7秒、8~9秒、14秒の4グループの比較をされています。(198人の被験者)

8週間の間で重量の増加は、それぞれ22ポンド、22ポンド、23ポンド、27ポンドでした。

レップスピードが遅くなれば、少しずつ効果が出てくるのが理解出来ます。

さて、Westcott博士が、エリントン・ダーデン博士に実験の結果を報告に行った時の話です。

ダーデン博士は、「何故、もっと遅いレップの実験をしないのだい?」と当然の質問をWestcott博士にしました。

「不可能です。スロートレーニングの方が効果は上がったものの被験者は『こんな苦しいトレーニングより普通のトレーニングの方が良い。』と言うのです。これ以上ゆっくり?不可能です。」という答えでした。

通常のスピードのトレーニングのグループは「とても楽しい。ずっと続けたい。」と言う人が大部分だったそうです。

「苦しすぎる。」これがスーパースローの欠点かも知れません。

それとぴったりのスピードが解明されていない理由です。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.