私のかっこいい履歴書とかっこ悪い履歴書?

2012-08-31

山田です。

最近、「やっと、どうにか落ち着いて来たよ」の心境になりました。

それで、私の人生のゴール、来た道を考えました。

 

「筋トレとインターネットマーケティング。

この2つを武蔵みたいに極めたい。」

シンプル。
 

この2つをマスターできたら、57歳の私の仲間(40歳以上の方)の

希望になれると思います。
 

さて、8月30日に私は、鳥取の長田先生に筋トレのパーソナルを受けてきました。

長田先生は、超軽量で大きな筋肉を造るトレーニングを教えておられます。

インクラインベンチプレス30キロ、ダンベルローイング12キロ、バックプレス10キロから20キロ、

スクワット20キロ。

「ほんとかな?」と半信半疑でしたが、ほんとでした。
 

メルマガ読者で私よりも先に受けられた方の感想。

「理由をしっかり説明して下さるので、すごく分かりやすいですよね。体験してみると、軽い重量しか扱えないのがわかります。」

これで、筋トレは「てっぺん」が分かったと感じました。
 

インターネットマーケティングも与沢翼さんから学ぶことでストンと腑に落ちてきました。

これも「てっぺん」が分かりました。
 

私のプロフィール。
 

・青年時代にビックリ日本新記録の「力比べ」で、体重140キロのサンダー杉山氏たちを抑えて優勝。

中国拳法の奥義、CHIの勝利です。

・1999年、日本初の「スロートレーニング」のサイトを開設。

瞬く間に1日1万アクセスの怪物サイトに成長。

・2002年頃、ヤフオクで不要品、本を処分し始める。

・日本で初めて、英語圏のホームページテンプレートをヤフオクで販売。

最初の4ヶ月で400万円以上の純利益。

これが本格的に稼いだ最初。

・トレーニング器具の物販も経験。

成功したが、情報ビジネスに打ち込むために離れる。

・筋トレ、格闘技、自己啓発で情報ビジネスを続ける。

販売すれば、総合1位、総合3位、総合1位になる。

・与沢塾に2012年4月、入塾。

3ヶ月以内にローンチを2つ、

経験のないオプトインアフィリエイトでも成果を上げる。
 

1つのプロジェクトで3位から5位になり(上位は与沢さん、小玉さん、川島さんら)、

1プロジェクトで50万円近い報酬を得る。

与沢塾1200名中トップ。

・他に塾の指導、コンサル、コーチングで収入を得ています。

 

これが、現在のかっこいいプロフィールです。
 

実際の細かい「私の歩んだ人生」は以下。

かっこ良くない(苦笑)
 

1.12歳のときに筋トレに目覚めました。

2.中学、高校時代は、クラブ活動ではなく、家で筋トレに熱中。

3.高校3年生で念願のバーベルを買い、家でトレーニング開始。

高校3年生の最後の月、3月にはベンチプレス112.5キログラムを上げる。

4.高校3年生は受験生だったのですが、トレーニングばかり(苦笑)。

それでも関西学院大学の経済に入学しました。

5.社会とかの暗記は、記憶術をマスターして乗り切りました。

これ、一生、役に立ちます。

藤本式記憶術

[link]http://www.infotop.jp/click.php?aid=84033&iid=30320

6.英語は、「大好きな筋トレの洋書を読み漁る」独特の勉強で力を伸ばす。

つまり、受験勉強は0(笑)

7.大学時代は、筋トレと遊び(ナンパとか)

5年も行かせてもらいました。

今も「卒業できない」夢を見ます(笑)

8.卒業後、いろいろな職業を転々としました。

警察学校を一ヶ月で辞めたのを皮切りに。

生命保険の外交、損害保険の営業、アルバイトニュース、ハンバーガーショップ店員、新聞配達、会計事務所、その他。

9.50歳近くになるまで、「お金を稼ぐ」ことに興味がなく、「筋トレ」のことだけを考える人生でした。

この間、結婚もして、子供もいたのですが、頼りないおっさんでした。

10.ただし、中国拳法の奥義、CHIの自己催眠だけは一生懸命にやりました。

そう、自己催眠、極限の筋力を発揮するためにマスターしました。

11.CHiの力を使って、テレビ「びっくり日本新記録」で優勝!

プール上に造った30メートルの道、片方からは巨大な放水機械が水を砲弾のように発射しています。

金属製の傘を持って、どのくらい近づけるか?という競技。

一般人15メートル、相撲、ラグビー、アメフトのアスリートが21、22メートル前後。

12.私は、体重140キロでオリンピックアマレスにも出たプロレスラーのサンダー杉山さんを抑えて28メートル。

でも、予選は18メートルだったのです。⇒決勝のみ、CHIの力でモンスターに変身していた(笑)

13.それ以外は、可もなく不可もない人生。

チンタラと生きていました。

14.43歳の秋、突然、腹痛に教われました。

医者に行くと(ヤブ医者でした)「風邪だよ。」と言われました。

15.1週間、その医者に通っても治らないのです。

思い切って、市民病院に行くと「このままでは死にますよ!」

私「え、どこが悪いのですか?」

医師、言い難そうに「大腸です。かなり、悪い。」

私「大腸がんですか?末期ですか?」

医師「そうかもしれない、、、、詳しく調べないと、、、、、、、、」

16.目の前が真っ暗になりました。

「俺は自分の人生を生きたか?

いや、人の敷いたレールを走ってきただけや。」

「俺は人を愛したか?

いや、鉄(バーベル)のことしか考えない寂しい人生やった。」

凄い後悔、死ぬ前になって、「自分の人生を生きる」大事さが分かりました。

17.そして、退院。

体力を元に戻すためにジムに行きました。

唖然、弱った身体は通常のウェイトトレーニングに耐えられない。

それで、英語圏でブームになりかけていた「スロートレーニング」を採用しました。

18.通常の重量の半分なのに全盛期の筋肉を超える異常事態に。

そして、1999年に「スロートレーニング」のサイトを開設しました。

当時、電話回線でヤフーの筋トレ部門1位が1日200アクセスだったのに。

私のサイトは、一挙に1日1万アクセス越え。

ここから、私の人生の両輪が揃ったのです。
 
 

1.筋トレ

2.インターネットマーケティング

こんな感じです。

 

私の人生の2つのゴール。

インターネットマーケティングと筋トレ。

ともにマスターに近づきました。
 

ただ、裏では大変な苦労をしてきたのを分かって頂けると思います。
 

そして、なんとかここまで来れた理由は?

自分なりに考えると「俺、粘り強かったなあ。」
 

良い行動を「習慣化できたこと」「継続できたこと」です。

CHIの自己催眠も諦めずにマスターできるまで粘りました。
 

「私のかっこいい履歴書とかっこ悪い履歴書?」でした。
 





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.