バーベル戦略:ベストの有酸素運動とは?

2009-11-20

山田です。

まず、お知らせです。

「東大の石井先生が、23日ごろに西宮に来られます。」と私は、以前のメルマガに書きました。

問い合わせが何件か、ありましたので、下記に書きます。

私の勘違いで、22日のようです。

「場所:西宮市役所横の西宮アミティーホール(旧西宮市民会館)

大会名:第18回兵庫県作業療法士学会 (AM10:00~PM16:00)

石井先生の講演予定時間はPM12:45~14:15です。

入場料は学会員以外は、一般3000円程度だそうです。」

担当:前田さん(0798-34-1015)

アミティ:(0798-33-3111)

残念です。

23日と勘違いしたので、22日の村の集会(村です)に参加の申し込みをしてしまいました(泣)

後輩の山口くんは、先生の運転手みたいなことをやるそうです。

さて、今日は、「バーベル戦略:有酸素運動」です。

うん?

どういう意味?

こう思うのが、普通ですね。

バーベル戦略というのは、「極端な運動を両輪にする」という意味です。

わからない?(笑)

アメリカのClaarence Bass氏は、70歳を超えるボディビルダーです。

ずっと低い体脂肪率を40歳前から、維持しているので、有名な人です。

「いつも腹を空かせているのだろう?」

「いや、毎日、2時間以上のハードトレーニングを続けているのだろう?」

こう、思いますね。

違います。

今日は、食事については、書きません。

運動面です。

Bass氏のウェイトトレーニングは、週に1回だけ。

全身をやります。

有酸素運動も週に1回だけ。

ただし、高強度です。

こんな感じです。

5分ウォーミングアップ。

5分ハードな運動、最後のほうは、息が切れそうな感じ。

5分の楽な運動。

ハードなインターバル。

5分のクールダウン。

ハードなインターバルは、3期に分かれます。

第一期:90秒運動90秒のレストを4~5サイクル。

第二期:45秒運動30秒のレストを6~7サイクル。

第三期:20秒運動10秒のレストを8~10サイクル。

きつそうですね。

でも、時間は、25分から35分の間で終わります。

そして、他の日は、ウォーキング。

それも速歩ではなく、散歩に近い楽なウォーキングです。

フィットネスに励む方、ボディビルダーで体脂肪を減らしたい方は、「中間強度で、毎日、40分から60分」の有酸素運動を行う人が多いです。

その割りに効果は、あがっていないような。

Bass氏は、ボディビルのチャンピオンだけでなく、心肺機能でも「同年代の上位1パーセント」に入る体力の持ち主です。

毎日、10マイル(16キロ)も走る方よりも持久力があるのです。

しかも低い体脂肪率を維持している。

その秘密が、この極端な有酸素運動を両方ともやるやり方です。

多くの人がやる中程度の運動は、やらないのです。

興味ありませんか?

私自身は、高強度の有酸素運動(週に1回)と散歩、適度なヒンズー・スクワットを混ぜて、トレーニングします。

高強度の有酸素は、坂道ダッシュとかが向いていますね。

筋トレは、コマンドーが中心。

55歳でも強くなりたいので、格闘技向けのトレです。

http://www.yamadatoyoharu.com/command.html

残念ながら、ベンチプレスの年代記録に挑戦する計画は、頓挫しましたので(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.