ウェイトトレーニングとマインドの非常識な関係

2010-02-13

私は、今朝、7時過ぎに娘と朝食をとっていました。

するとラジオから、「バンクーバーオリンピックが開幕、、、」。

ああ、知りませんでした(笑)←私は、テレビも新聞も見ない、読まない人です。

ローカルのラジオ局らしく、「関西出身の1流アスリートを紹介します。中略モーグルの上村愛子さん。」

私の声「え?上村は兵庫県出身?」

2歳まで伊丹市にいたということらしいです。

かなりの拡大解釈のような気もしますが(笑)

私も美人選手の上村愛子さんは、大好きです。

しかし、時折、私の胸に小さな疑いが走るときがあります。

「彼女も姉貴分の里谷多英と同じようなアホとちゃうやろか?」

里谷多英事件:2005年、里谷が外人コーチと一緒に六本木の高級クラブで起こした事件。
まあ、簡単に言うと公衆の面前で卑猥な行為をしたのですな(本番とも言います)。

慌てて、止めに来た従業員に「邪魔するな!」と暴力をふるったのです。

朝昇竜など、彼女と比べたら、まともな人間と思います。

それでは、「スポーツ=身体を鍛えることで、マインドも強くすること」は不可能でしょうか?

私は、大きな可能性があると思います。

特にウェイトトレーニング。

私自身は、もう5年以上、ウェイトトレーニングをしておりません。

この場合、バーベルやマシンを使うトレーニングのことです。

しかし、最近、「CHIの基礎トレーニングとしては、ウェイトトレーニングが最適なのでは?」と考えるようになりました。

考えてみると私自身も20歳代は、両者を併用して、大きな効果を上げました。

反動なし、ブリッジなしで、きちんとしたベンチプレスで140キロ8回とかを達成しました。

これは、下記のような感じでやったのです。

1.毎日、暇さえあれば、「The Power of CHI」の総合トレーニングを行う。

The Power of CHI

http://www.infotop.jp/click.php?aid=84033&iid=35980

2.1日に何回か、アルファ波の優勢な状態に入る。

3.次回のトレーニングのイメージトレーニングを行う。

4.ベンチプレスの場合。ベストが50キロで8回。52.5キロで8回が直近のゴール。

5.マインドの中で、ベンチプレスを行ってみる。慣れると実際にやっている時と同じ感覚で出来るようになる。

6.ただし、私の場合は、「映画のようにはっきりとしたイメージ」は見えないことが多いです(それでもほぼ全ての夢は実現したのです)。

ベンチプレスの重量が50キロとか低い場合、特に上記のようなマインドのトレーニングを組み合わせなくても重量は増えていきます。

しかし、私は、重量が増えると「ああ、CHIの力で伸びた!」と喜んでいました。

これが良かったのですね。

CHIのイメージトレーニングを繰り返す→実際の世界で達成(重量が増える)→達成を素直に喜ぶ→CHIに対する自信を深める→確信を持って、CHIのイメージトレーニングを繰り返す

こういうふうな感じの好循環になっていました。

ウェイトトレーニング(バーベルやマシン)は、重量が数字で出るので、効果を測定しやすいです。

CHIの初期の段階は、自己催眠術の強力なタイプなので、ウェイトトレーニングと組み合わせると良い効果が上がると思います。

すぐにフィードバックがあるので、自信をつけやすいのですね。

小さな成功を積み重ねる自信、これが大事なのです。

私自身も単なる筋トレではなく、CHIの鍛練の一環として、マシンやバーベルを使うことを検討しています。

たぶん、スロートレーニングになると思います。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

山田豊治

編集後記:重量を2.5キロではなく、250グラム単位で増やす方法をとるつもりです。

フィッシング専門店で「魚釣りの重り」で一個125グラムに近いものを購入してくるのです。

達成の回数が単純に10倍になるので、進歩を助けてくれます。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.