『代紋TAKE2』でやり直せ!

2017-05-06

IMG_1726

 

おはようございます、山田です。
今日も連休らしいですね。
「らしいですね」というのは、

私、「毎日が連休」「小学生の夏休み」みたいな感じだから(笑)。
昨日は、漫画喫茶で「代紋TAKE2」という漫画を読みました。
これ、SFヤクザ漫画です。

「タイムスリップしたヤクザが人生をやり直す」というストーリー。

ストーリーを抜粋します。

「1979年、新宿。暴力団海江田組組員・阿久津丈二は、大学の応援団員たちとの喧嘩に負け、泣きながら詫びを入れていた。

この事件以降、丈二の人生は何をやっても上手くいかなくなり、10年後の1989年、弟分に鉄砲玉を命じられ、

逃げる途中で自滅し惨めに生涯を閉じた。
しかし丈二が次に目覚めた瞬間、そこは1979年の新宿の、自分の転落のきっかけとなった大学生との喧嘩の場面だった。

10年分の記憶と人生経験を積んだ丈二は、気迫と知恵で大学生たちを撃退。

そして金の代紋をつけて街をのし歩いてやると胸に誓い、新しい人生をやり直し始める。」
痛快な話ですよ。
「人生をやり直すストーリー」です。

「山田さん、確かに『このまま流れに乗っていたら、最悪の未来が待っている』と

わかっていたら、必死に努力できるよね?

人生、やり直せるよね?

でも、俺、予知能力もないし、タイムスリップもできない。」

いや、地球の未来とかは予知できなくても

自分の未来は、予測できますよ。

ああ、そうだなあ、35歳とかすぎていたら、

かなりの確率で未来予測は当たります。
20歳くらいだったら、ちょっと5年後とかわからないですね。

20歳なら、無限の可能性があるから、「大富豪」になっていたり、

「外国人の美女と結婚して、地球の裏側に住む」ということもありうる。
でもね、35歳を過ぎていたら、あまり、変化はないです。

「起業家」とかもだいたい35歳までに独立しているしねえ。

40歳とかになってもサラリーマンとかやっている方が、独立起業する確率は、

世間的には極めて低いです。→私は例外です。
それと「自分のことは自分が一番よくわかる」のも事実です。
10年ほど前に仙人さん(Mr.X)が、「未来を予想するワーク」とかを教えてくれました。
だいたいの方、今ままでやってきたこと等を考えると未来は予測できるのです。

例題。

「40歳サラリーマン。

会社の業績は悪く、リストラが続きます。

自分は経理事務の仕事で、他には特に才能もないです。

独身。

毎晩、残業で土曜日、日曜日も出勤が多く、趣味もなくなった。」
こういう方の未来、誰でも予測できるでしょう?

だけど、人間は、本来「現状維持で生きたい。変わったことはしたくない。

自分は現状維持で、周囲が変わって、幸せな人生になればいい。」と考えている動物。
なかなか、「人生を変える」ことはできないのです。

私の昔話。

「お届け予定日: 2009/9/16
1 “Awaken the Giant Within”

9月14日に注文。」
今から、8年前にアマゾンに

「”Awaken the Giant Within”」(眠れる巨人を覚醒させよ!)というCDを注文しました。

世界No.1コーチとして有名なアンソニー・ロビンズが吹き込んだ音声CDです。
「巨人覚醒塾」の名前の由来は、まさにこのCDです。
(私が本格的にコーチングを学び始めたのは、この時、8年前から。)

この頃から、アンソニー・ロビンズの著書やCDを買いまくるようになりました。

最悪の状況となった我が人生を「絶対に変えてやる!」と燃えていたのです。
当時の私の状況。
・数ヶ月前までは楽チン会社員でした。

・私に心酔する部下のT君に全ての仕事を任せて、社内で副業をしてました。

・しかし、定時に毎日、退社する私に罠が仕掛けられました。

・私のやっていた仕事、前任者2人は病院に入ったほどのもの。

この前任者2人が性悪でした。

ナガシマくんとバカント部長(ともに仮名)。

・自分たちがいた時よりもホテルの数が増えたのに

楽々とこなしてしまう私。

私は、エクセルのマクロという方法で単純な経理の仕事を自動化していたのですね。

頭の悪い彼ら(日本の経理の大部分)が3日間もかかる仕事を数分でやってました。

・嫉妬に狂う彼らは「新しくオープンする難波のホテルの経理も兼務してくれ」と。

・さらにオープンした難波のホテルのの経理。

・毎日、夜の11時半までの残業です。

家に変えるのは夜中の2時、朝の6時には家を飛び出ていました。

この前、電通での激務に耐えきれずに

自殺した東大卒の美女、高橋まつりさんの話をしましたね?

私は、彼女と同じような環境にいたのです。
しかし、私は、彼女と違いました。

精神はタフであり、沈着冷静でした。
少ない自分の時間で、アンソニーの音声をがむしゃらに聞き、

彼のエクササイズを一生懸命にやりました。
そのうちの一つに

「未来を予測するワーク」がありました。
自分を制限するものを放置して、

「5年後、10年後、15年後、20年後」の自分の人生を予測するもの。

決断しなかったら、5年後の私は。

契約社員だったけど、契約を更改してもらえない。

インターネットビジネスも5年も放置したので、復帰は絶望的。

仕事は、夜間の「清掃業」とか夜間の「警備員」、日雇いくらいしかない。

嫁さんからは離婚される。
あいりん地区に住み、その日暮らし。

10年後以降は、なし。

ずっと日雇い生活をするしかないからです。

こんな悲惨な「未来」しか見えなかったです。

そして、それは正しかったでしょう。

もし、私が「行動しなかったら」現実になっていたでしょう。

まちがいないです!

しかし、私は、自分の悲しい未来を知りました。

すぐに辞表を提出。

10月19日。

私の「ショーシャンクの空に」脱獄デーです。

退職したのです。

10月19日の夕方7時頃。

大阪は難波のビルから吐き出された私は。

一緒にいた総務の若手を追い返して。

ビルの谷間にひざまずき。

空に向かって両手を広げて、神に感謝しました。
映画「ショーシャンクの空に」で、主人公が脱獄に成功した瞬間を真似たのです。

涙が出るほど幸せでした。

⇒実際に泣きました。

「よくやった、よく決断した豊治。」

1年後。
2010年12月7日から、井口晃さんと一緒に

アンソニー・ロビンズの「DATE WITH DESTINY」という1週間のセミナーに出ました。

http://hereafter-ex.com/Lv507/717121

朝の9時頃から夜中の11時、12時、13時?まで(笑)

アンソニーは、世界ナンバー1コーチ。

顧客リストの中には、

「クリントン大統領、ダイアナ妃、マザー・テレサ、マンデラ大統領、ゴルバチョフ大統領、

ロナルド・レーガン大統領、イギリスのマーガレット・サッチャー首相、フランスのミッテラン大統領、etc、、、、。」

文字通り、世界を動かすリーダーのコーチです。
わかります?
彼は、「世界を引っ張るリーダーを育てるコーチ」です。
日本の会社で「社員教育」をやっているコーチとは真逆です。

今の自分は、最高に幸せです。
「これ以上に何を臨む必要があろう」と思うことも多い昨今です。

もし、あの時、「未来を予想するエクササイズをやらなかったら?」

もし、8年前に「会社を辞める!」と決断しなかったら?

今、この世に私、山田豊治は生きていなかったでしょう。

こんなにも素晴らしい人生にはなっていなかったでしょう。

「未来を予想するエクササイズ」
辛いかもしれないけど、価値は大きいです。

山田豊治
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何か私に聞いてみたいことや、ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ http://ws.formzu.net/dist/S64331469/





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.