『台湾に住む友人』に会いました!

2017-05-10

おはようございます、山田です。
昨日、良い刺激を受けました。
『台湾に住む友人』?
実は、去年の12月に移住したての友人です。
「英語ペラペラくん」で有名な石井あきらさん。
奥さんが台湾の方なので、

台湾に移住したのです。

台湾の話。

・暖房がないので、冬、寒い時は寒い。
私「なぜ、暖房がないの?」
石井さん「台湾の気候は1年を通して温暖な亜熱帯と熱帯地域。

それで、『暖房はいらない』ということ。

しかし、寒い日もありました。」
へー、知らなかった。
しかし、それを除けば、台湾の生活、楽しそうです。
私自身も去年、2回目の台湾に行きましたが、

とても気に入っています。
何より、超親日です。

日本人に好感を持ってくれています。
去年の話。

私が、コンビニで買う飲み物で悩んでいたら、

美人の女子大生が日本語で、話しかけてくれました!

優しいし、親切。

石井さんの話。
・台湾で仕事をするようになり、事務所も作った。
・従業員は4人。
・人件費は安い。
・生活コストも安い。
・税金も安い!→これは羨ましいレベルです。
・B級グルメが美味しい事。

これは本当ですね。

最高。
・マッサージ屋が沢山ある。
・遊ぶ場所も少ないので仕事に集中できる。
「遊ぶ場所も少ないので仕事に集中できる。」
日本にいた頃は、北新地が近いこともあり、

夜が近づくと「そわそわ」していたそうです(笑)。

しかし、台湾では遊ぶ場所も少なく、悪い友達!(笑)もいないので、

仕事に集中できるそうです。

結局、「仕事が一番、楽しい。」

同じようなことを与沢さんもフェイスブックの秘密のグループで言ってましたね。

去年かな?

台湾では、従業員もいるので、

「朝の10時から夜の6時まで、週に5日」仕事しているようです。

私が考えたこと「税金も安いし、ますます、大富豪になるやんけ!」

そうですよね?
税金は安い、コストも安い、仕事に集中。
こうなるとお金はたまる一方です。

それに現実性を帯びてきた「日本の財務破綻(デフォルト)の危機」も

回避できます。
羨ましい!

石井さんは、「夢を実現していく達人」と思います。

・大学生の時に起業。
・アメリカの会社で1年、日本の会社で1年、

サラリーマンをしながら、自分のビジネスを育てて、起業、独立。
・あとは、常に右肩上がりで、売り上げ、利益ともに成長。

しかし、彼は、「特別なこと」はやっていないようです。
「ごく普通のことを並外れに上手にやるだけ」です。

無理のない計画を立てて、それを実現する方法を見つけて、実現するだけ。

これだけ。

私も大きな刺激を受けたので、

今日は、自分の計画を見直します。
「結局、一番の娯楽は、自分のビジネスを伸ばしていくこと」と気がつきましたから。

あと、自分の場合は。

トレーニングできること、清潔な衣類を着ること、屋根のある部屋で寝ること、栄養バランスの取れた

食事をすること。

これ以外は、いらないですね、はい。
あ、「女性にモテること」とかもあるかもしれないですが(笑)、「絶対に必要なもの」ではない。
自分のビジネスを育てるのが、一番、楽しい。

これから、すぐに計画にかかります。
山田豊治

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何か私に聞いてみたいことや、ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ http://ws.formzu.net/dist/S64331469/





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.