『よくある質問』に答えます!

2017-08-09

おはようございます、山田です。
近畿圏は、台風一過で、朝は爽やかです。
しかし、気温は35度まで上がるようです。
めちゃくちゃですねえ、日本は熱帯になったんだろうな。

さて。

今日は、よくある質問に答えます。

1.質問「自宅で筋トレを1年前に始めたのですが、全く成果がありません。」
一人でやっているのですね。
自己流になっている可能性が多いです。

そもそもの話、多くの方が「筋トレ」と言っているもの、

「筋肉のトレーニング」にはなっていないことが多いです。

さらに、私、最近、分かってきたのですが。
スポーツクラブで筋トレをしている人の90数パーセントが「間違ったやり方」でエクササイズをやっています。
だから、ほとんどの方が効果を上げることができないのです。

私、ゴールドジムだけでなく、コナッミスポーツにもいきますが。
ほとんどの方、トレーニングが続かないです。
仮に1年トレーニングが続いても全く身体が変わってない。

胸囲や腕回り、脚の太さ、全く変わらない(笑)。

「エクササイズのフォーム、呼吸」といった質的なものが大事です。
「ベンチプレスを100キロを8回、4セット」といった数字ではなく、「自分との対話」をして「筋肉を使う」のが大事なのです。
やはり、プロレベルの人と一緒にやらないと時間の無駄です。
「筋トレを学ぶ」ということなら、パーソナルトレーナーを雇うよりもボディビルジムに通うのが一番です。
ただ、最近は、個人経営のボディビルジムも減りました。

ゴールドジムが伸びたので、個人経営のジムは廃業となるところが多いのです。
昔は少人数の小さなジム、会員全体が家族のようなジムが多かった。

ベテランの筋肉モリモリの会員さんが、毎日、新入りの方のトレーニングフォームとかを教えてくれました。

私は10代の頃、川野さんという方を徹底的にモデリングしました。
ジムで一番、筋肉が大きく、ミスター日本で上位に入っていたコーチよりも

デカかったからです。
ベタッとくっついて、トレーニングパートナーになり、エクササイズの正確な方法、呼吸、意識の仕方とかの細かい点をそのまま真似しました。

さらには、電車の帰りが一緒なので、くっついて行って、食事法とかも聞いて、メモしました。

そのまま、真似をするのです。
川野さんも度を超えて熱心な弟子ができて、嬉しかったようです。

なんでも教えてくれました。
2.質問 「ズバリ、モテたい。」

「今のままでは、彼女もできないし、結婚もできない。

困っています。」
「一生、女性と付き合えない、結婚もできない」

「そんな人生は真っ平御免です。」
はい、大事な話。
———————————————————————————————————————–
私の塾に入ってくれていた信頼できる方を紹介します。

恋愛ヘッドコーチ、吉澤さん。
吉澤文雄 52歳 栃木県佐野市出身
1部上場企業で16年間、9割が女性という職場で、のべ2万人以上の女性達と関わって来ました。

合コンでのお持ち帰り、

不倫もしたし、

風俗嬢からおこずかいを貰ったり、

AVに出演したこともありました。
まあ、恋愛のプロです。
しかし、最愛の奥さんをガンでなくして、今までの自分を反省。

他人のために生きる決意をされたのです。

『恋愛』『婚活』

独身男性のための恋愛が楽しくなる1日体験スクール

http://hereafter-ex.com/Lv507/117811

私も行きたいのですが、「山田先生は結婚されているから、ダメです」と吉澤さんに言われました(泣)。

独身男性、が条件。

http://hereafter-ex.com/Lv507/217811

———————————————————————————————————————–
恋愛もプロに習うと良いのです。

筋トレと同じ。

本当ですよ(笑)
・基本的に筋トレと一緒です。最近、プロの方に指導を受けることです。
・男女が惹かれあう理由の根本は、「優秀な子孫を残したい」という点です。
男:女性の外見の美に惹かれる。若くて(30歳代まで)、胸と腰が豊かでウェストが締まった安産型に自然に惹かれる。

これは、子孫繁栄が目的なので、当然なんです。

40歳以上の女性に対する気持ちは、男女間の愛情とは別らしいです。

つまり、恋愛ではないらしいです。

女:ずばり、男性の財力、甲斐性に惹かれる。

男は70歳でも子供を作れるので、年齢のハンディはないのです。
甲斐性が大事。

お金を稼ぎなはれ!
40歳過ぎて、非正規社員、これでは誰も恋愛の対象にしてくれません。

まず、お金を稼ぎなはれ!

3.「日本経済の状況を調べてみました。

自分の将来に大きな不安があり、仕事もやる気がないです。」

日本は、かつて「終身雇用制」で、会社は家族同様の時代がありました。
おかげで日本経済は繁栄していたのですが、最近の統計で「愛社精神」を持つ人は最低の3パーセント。
平均給与も数年間で70万円も下がり、税金も確実に増えます。
「年金も期待できない。老後は乞食みたいな生活やな。」と不安になる方が増えています。

安心してください。
「最低限の生活」になっても人間は幸せに暮らせるようです。

私の知っている元モデルのMさん。
1980年代に知り合ったのですが、元モデルだけあって、超美人。
外車のアストンマーチンを乗り回し、リッチでした。

その後の消息。

離婚、商売を始めたのですが、借金で首が廻らなくなり、夜逃げしました。

風の噂によると大阪を離れて、ある地方の田舎町で小さなスナックをやりながら、「男」と暮らしているそうです。
貧しさのために容貌も衰えて、不細工になっているようですが、けっこう幸せそうな暮し。

何かの本で読んだのですが、「宝くじに当たった人」も「事故で車椅子生活になってしまった人」も一年も経つと元の「幸福度」に戻ったそうです。
人間、タフなんですね。
その環境で、それなりに生きていけるようです。

それでもMさんみたいに「凋落するのは嫌」なら、やるべきことをリストアップしてやればいいだけです。
「会社に頼らずに生きていける力をつける」とか。
そしたら、不安は別の力になります。

行動したら、不安はなくなります。

山田豊治
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何か私に聞いてみたいことや、ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ http://ws.formzu.net/dist/S64331469/





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.