誰もが同じように筋肉発達しない理由?

2017-08-30

IMG_2484

 

おはようございます、山田です。
若い人、体力に溢れた人は、筋トレで、

スクワット、デッドリフト、ベンチプレス、プレス、ローイング等を

重い重量で行えば、大きくなっていきます。

高校、大学のアメフトやラグビーで、これをやっています。
しかし、30歳を過ぎた方、強くない方が、同じことをやると

筋肉は発達しない、

怪我をするだけです。

その解決方法をお教えします。

先週の話をしますね。

金曜日の朝は、Second Stage Rsult Universityの会員ページを作成していました。

はい、有馬温泉に行った日の朝です。

(Second Stage Rsult University、おかげさまで68名の方が入会されました。)
前の日の寝る前、「最初の挨拶文、明日の朝に良い文章を書きたい」と自己催眠術を使って、

脳にお願いしてから寝ました。

朝、起きるとアイディアが浮かんでいたので。

ダウンロードしました。
良い文章が書けました。
「これは、メルマガ読者の方にも紹介したい」と思ったので、転載します。

トレーニングのヒントも隠れていますので、じっくりと読んでください。

ここから。
以下は、小田川さんとの話を簡単にまとめたものです。
いわゆるボディビルダーという人種がいます。

どんなイメージですか?

例えば、外人のボディビルダー。

シュワルツェネッガーの若い頃を思い浮かべますか?

写真とか動画、映画で見るだけでも圧倒されますよね?

(映画のシュワルツェネッガーは、実は、すごく「小さく」なった身体です。)

現代のいわゆる外国のボディビルダーは、「ゴリラよりもすごい」レベルです。

YouTubeとかで「pro bodybuilder」とかで検索すると化け物がいっぱい出てきます。

はい。
http://hereafter-ex.com/Lv507/118001
ああ、この人、死んだのですね。

はい、プロボディビルダー、死ぬ方が多いです。

日本人でも山岸秀匡さんとかね。

プロなので、かなり、無理しています。
以前、ロサンゼルス空港で、大量のステロイドと成長ホルモンを所持していたので、

逮捕されて、ノース・カウンティ刑務所にぶち込まれて、2千万円!の保釈金を払って

出た事件がありました。
http://hereafter-ex.com/Lv507/218001
この方も命をかけています。

まあ、彼らを見た方たちが

「トレーニングには興味あるけど、あまり筋肉がつきすぎると困るんだ。」とか

おっしゃるのです(笑)。
そら、そう思いますよね?

そして、同じくYouTubeで、「pro bodybuilder chest workout」と検索すると。

以下のようなトレーニングの場面を見ることができます。
http://hereafter-ex.com/Lv507/318001
これを見たら、大半の方が、
「ふーん、すごい重量だなあ。

でも、運動動作自体は簡単だ。

一生懸命に頑張って、あげたら、簡単に筋肉がつくのだ。」と思います。
でも、大半の方が思ったように筋肉がつかない。
不思議ですね?
その理由は?
私や小田川さんが考える仮説を紹介します。

・一つ、薬物の絶大な効果です。

あっという間に筋肉が30キロとか40キロでかくなります。
ただ、オススメしないです。

早死にする方が続出です。
実は、先週も薬物をガンガンと使っていることで有名なプロの

ボディビルダー2人が死にました。

46歳のRich Pianaという人、26歳のDallas McCarver。
なんかなあ、狂ってますよ。
長生きしたい方は、薬物とは縁を切る。
「ボディビルをやると早死にするんだあ!」
安心してください。
薬物を使用せずに年齢がいってから、無理な減量もしなかったら、

ウェイトトレーニングは「健康で動ける長生きのための最適の運動」です。
日本人でも国内のコンテストに出ずにアメリカのコンテスト(ドラッグテストなし)

に出ている方はヤバいです。

まともに相手にしないこと。

付き合わないこと。
そういうことで、

・モンスターの真似をするな!
巨大な筋肉が簡単につく遺伝的な体質を持つエリートだけが、

プロボディビルダーになるのです。

彼らは、「筋肉を十分に動かす」とか考えなくてもシンプルな運動を

ただ重い重量でやるだけで、「筋肉よ発達せよ」信号が出て、でかくなるのです。
日本のJBBFと言う団体所属のボディビルダー、それとアメフトのNFLは1987年から

ドラッグテストをやっています。

概ね、「ナチュラル」(ドラッグを使っていない)といってよいでしょう。
彼らの中にも「ただ、単にバーベルの上げ下げ」だけで、簡単に筋肉が発達する人たちが多いです。

巨大な筋肉が簡単につく遺伝的な体質を持つエリートです。

でも、一般の方は、その真似をしても筋肉はつかない。
モンスターが多少の反動を使って重いベンチプレスをやると胸、肩、腕にガンガンと筋肉がつきます。
でも、一般の方が真似をしても同じ結果が出ないです。
無理に重量を重くすると怪我をするだけ。
これが、ゴールドジムとかで実際に起こっていることです。
まとめると以下のようになります。
モンスターたち。
・モンスターは、(例えば)ベンチプレスを「全身の力を使って」上げ下げするだけで、

「筋肉発達しろよー」信号が胸や肩、腕に伝わり、それらの筋肉が肥大する。
・モンスターは、重い重量のベンチプレスとかで小さな怪我をしても

生まれつきの回復力で、小さな怪我も治してしまう。

一般人(筋肉が発達しにくい人たち)
・一般人は、(例えば)ベンチプレスを「全身の力を使って」上げ下げするだけでは

「筋肉発達しろよー」信号が出にくいので、筋肉が発達しない。

・一般人は、重い重量のベンチプレスとかで小さな怪我をするとどんどんとその怪我が

大きくなり、トレーニングを継続するのが不可能となる。

これは、私と小田川さんの仮説ですが、実際の証明は、ゴールドジムに行けば、

ゴロゴロと転がっています。
一般の方(筋肉が発達しにくい方)が、モンスターの真似をして、重い重量のバーベル、ダンベル、

マシンでトレーニングしても怪我するだけで、筋肉はでかくならない。

こういう例だらけです。
さらに30歳をすぎると「重ければよい」トレーニングでは、さらに怪我の確率が強くなるだけです。

いや、モンスターでも年齢を重ねると(40歳以後)「ただ、ベンチプレスとかの基本種目を上げ下げするだけ」
のトレーニングでは成果が落ちてきます。
誠に恐縮ですが、二人の筋肉モンスター(過去の話ですが)の例をあげます。

アーノルドシュワルツェネッガーと元ミスター日本の東大教授の石井直方さんです。
二人ともずっとトレーニングを続けているのですが、60歳をすぎると「
見る影もなく」筋肉が落ちています。

二人とも昔のファンからすると「涙が出るほど」の低下ぶりです。
その理由は?
昔と同じ「ただ、重い重量を上げ下げするだけ」のトレーニングを繰り返してきたからです。

若い頃は良いのですが、年齢を加えると重い重量では怪我をしやすくなります。
これは仕方ないのです。

怪我をする→重量を下げざるを得ない→さらに怪我をする→重量を下げざるを得ない

→トレーニングは継続しているのに筋肉がどんどんと落ちていく(涙)。

どうしたら良いのか?

それは、個々の筋肉をアイソレーション(独立、分離)させて鍛えることです。
これが解決策です。
例えば、胸のトレーニングでも。
通常の胸のトレーニングでは、(ベンチプレスとかだと)肩(三角筋)の前部、上腕三頭筋が強く

働きます。
ダンベルフライという運動でも肩(三角筋)の前部が強く働きます。

胸の筋肉も参加しますが、他の筋肉も参加しますので、強度は弱めになります。

これ(ダンベルフライ)を胸の筋肉だけを使って、運動すると。

大胸筋に強烈な刺激がいくので、一般人でも大胸筋が発達します。
また、都合の良いことにこのやり方だと使用重量は軽くなります。

怪我の確率が劇的に減ります。
ベテランの方で、「肩を怪我したので、全くトレーニングできなくなった」という方でも

「アイソレーション・トレーニングなら、できる!」ということで、希望が出てきて、

重い重量でガンガンとやっていた頃以上の身体になった方も多いです。
はい、このトレーニングこそが、私と小田川さんが紹介するトレーニングです。
仮の名称として、「Super Isolated Tactical Training」、略して「S I T T」とします。
よろしくお願いします。
ここまで。
これは、小田川さんと私のトレーニング哲学となります。

山田豊治

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何か私に聞いてみたいことや、ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ http://ws.formzu.net/dist/S64331469/





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.