チャンピオンのトレーニング

2017-12-19

IMG_2697

 

おはようございます、山田です。
今年最後の東京のセミナーを終えて、

関西に帰ってきました。

「オンラインビジネスモデル塾」、

これも順調です。

この塾も実際に成果を出す方が続出します!

プロとタイアップ成功して、大きな収入が発生しそうな方が、

数名、既に出てきました。
「私の言う考え方を受け入れて、

私の言うとおりに行動したら、

絶対に成果が出る!」
強い自信があります。
筋トレでも新しい塾で、「20キロも筋肉がつきました」

「小田川さん
お世話になります!

今日はあまりの感動に、是非報告させて頂きたいことがありましてご連絡しました!
SITTをご指導いただいてからちょうど3ヶ月ほどたちましたが、
トレーニングを始める前と比較してめちゃくちゃ筋肉がついてきて感動しています!!」
こういったメールがきています。
巨人覚醒塾でも

「本当にこの塾に入ってよかった」と言う方だらけ(本当だよう)。
私、いろいろな分野の塾で、成果を出せるのです。
さーて、クイズです。

「ある競技の世界チャンピオンのトレーニング」

朝は、60分のテニスレッスン。
ジムでウェイトトレーニング、

300ポンドのバッグでパンチ練習、

縄跳び、

自転車漕ぎ。
さらにプールに飛び込み、

肺活量を鍛えるために潜水で何往復も入れるトレーニングも実行。

さて、なんの競技の練習でしょうか?
ヘビー級のボクサー?

総合格闘技の選手?

違います、違います。

彼の名は、ボビー・フィッシャー。
なんとチェスの世界チャンピオンです。
チェス、チェスです。
知的な座ったままの優雅な頭脳ゲームではないのです。
少なくとも世界チャンピオンクラスになると「総合格闘技」選手並みの体力がいるのです。

将棋の藤井聡太くんとかもウェイトトレーニングとか水泳とか

ボクシングのサンドバッグや縄跳びをやり始めるべきです。
あ、実際に殴り合うスパーリングは、脳を破壊するので、

NGです。
絶対にダメ。
アメリカのアメフト選手が平均56歳で死ぬのも。

日本の大相撲の力士がバカ揃いなのも。

「脳に対する衝撃」が原因ですから。

格闘技やコンタクトスポーツは、健康にも脳にも悪いです。

身体を鍛えないとダメなのは、

ビジネスでも同じです。
私たちは、「ビジネスアスリート」にならないと駄目なのです。
基本となるのは、4つの「エネルギー」です。
精神、感情、肉体、頭脳。

ただし、スポーツクラブのインストラクターや

消防署、自衛隊、レンジャー、プロスポーツ選手のような「鍛錬」は逆効果です。

あまり「鍛錬」を続けると身体はボロボロになり、早死にします。
例えば、(日本では無かったので)、韓国の消防官の平均寿命は58.8歳となっています。(韓国人男性の平均寿命の77歳。)

日本でも同じでしょう。

ビジネスアスリートには、適切な「精神、感情、肉体、頭脳」のトレーニングが必要ですが。
無理なトレーニングはマイナス。
ちょうご「脳にぴったり」の運動量、密度が身体を健康、長生きに導いてくれます。
「人生はマラソン」ではなく、「人生は短距離走」です。
特にビジネスアスリート。
「集中して仕事」→「完全な休息」の繰り返しが大事。
インターバルトレーニングが良いのです。
休息も大事。

この意味では、「ビジネスアスリート」は、ウェイトトレーニング中心にすると

健康にもプラス、脳みそもフルに働きます。
ただし、ボディビルダーのように毎日、毎日、重い重量で

たくさんのセットをこなすのはマイナス。
少ない量を集中して、週に1日から3日のトレーニング、ウェイトの後に

スイムとかバイクの有酸素運動を10分くらい。

これが、「ビジネスアスリート」にベストでしょう。
体動かして頭も活性化 「脳フィットネス」に注目

https://style.nikkei.com/article/DGXDZO51576360Z00C13A2MZ4001?channel=DF140920160919&style=1

私の大体の感覚では、通常のアスリートの3分の1とか10分の1のボリューム。

ただし、強度は高いものを維持する。
具体的には。
火曜日。

胸、肩、三頭筋の運動を各2セット。
トレッドミルで(エアロバイクとかでも良い)、10分間歩く。

中間の4分間は、スピードをあげて、かなりの速度で走る。

アップ3分歩く、4分走る、3分歩いてクールダウン。
あるいは、プールで20分歩く。

間に50メートルをかなりのスピードで泳ぐ。

これは4本。
木曜日。

背中、上腕二頭筋、腹筋の運動を各2セット。

懸垂2セット(ローイングとかでも良い)、ダンベルカール2セット、

平行棒でのレッグレイズとか。

トレッドミルで(エアロバイクとかでも良い)、10分間歩く。

中間の4分間は、スピードをあげて、かなりの速度で走る。

アップ3分歩く、4分走る、3分歩いてクールダウン。
あるいは、プールで20分歩く。

間に50メートルをかなりのスピードで泳ぐ。

これは4本。
土曜日。

脚の運動をやる。

大腿四頭筋、大腿二頭筋、ふくらはぎ。

トレッドミルで(エアロバイクとかでも良い)、10分間歩く。

中間の4分間は、スピードをあげて、かなりの速度で走る。

アップ3分歩く、4分走る、3分歩いてクールダウン。
あるいは、プールで20分歩く。

間に50メートルをかなりのスピードで泳ぐ。

これは4本。
ウェイトトレーニングと有酸素運動の両方で、

だいたい、30分とか40分以内に終わってしまうのです。
こうやって、最高の体調と脳を獲得して、ビジネスに邁進。

→お金を稼げる。

健康になる。

脳も最高の調子。

こういった仲間が増えたら、

「筋トレ社長の会」に入ってもらう。

これが私の夢です。
適度に身体を鍛えて、ビジネスアスリートとなり、

お金を稼ぎまくろうぜ!
山田豊治

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何か私に聞いてみたいことや、ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ http://ws.formzu.net/sfgen/S64331469/





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.