『コインチェック』は原野商法?

2018-01-31

おはようございます、山田です。

今、日本中で、話題になっている「コインチェック」のハッキング事件。

犠牲者はすごく多いようです。

それで、いろいろな問題が出てきました。
コインチェック社は、犠牲者みたいなふりをしていますが。

どうなんでしょうね?
コインチェック社「持ってないコインを消費者に売る」商法と顛末

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180130-00081027/

昔、流行した「原野商法」と言う詐欺とそっくりの手口で、

「コインチェックは儲けていたのではないか?」と言う話。
それとコインチェックは、最初から逃げ場をこしらえています。
コインチェックの利用規約には。

「登録ユーザーが被った損害の賠償責任をいっさい負わない」という内容の一文が17条5項にハッキリと書かれている。

たとえコインチェックのミスでサービスが停止したり削除されり、データが消失したり盗難に遭っても、

利用者は泣き寝入りするしかないのである。
ここ、大事です。
「たとえコインチェックのミスでサービスが停止したり削除されり、データが消失したり盗難に遭っても」
返金しなくても良いのですよ。
もう直ぐ、解明されるでしょう。
ぶっちゃけ、今、「仮想通貨」と言われているもの、

実体がないです。
決済とか送金とか実用に使われているもの、

ほとんどない。
中身がなく、投機だけです。

だから、まともな「仮想通貨」を目指す三菱UFJとかは怒っているのですね。
仮想通貨流出、メガバンクにも打撃 「銀行とは別物」火消しに躍起、普及遅れ懸念

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000004-fsi-bus_all.view-000

要約:
仮想通貨のメリットについて大和総研の矢作大祐研究員は「決済や送金の手数料が大幅に安くなることだ」と語る。

例えば海外に10万円を送金する場合、銀行を使うと3000〜6000円の手数料が発生する。

決済システムに莫大(ばくだい)な費用がかかるためだが、

仮想通貨は複数のコンピューターが取引の記録を同時に管理する「ブロックチェーン技術」を活用するため、

巨大サーバーを持つ必要がなく、送金手数料を安くできるのだという。
まあ、こういうのがまともな仮想通貨でしょう。
逆にビットコインとかは消える運命かも。

だって、実際のビジネスに使えないクソだもの(笑)。

私、仮想通貨とかブロックチェーンは、人間の生活に入ってくると思います。

確実に、です。
でもね、「実際に使われる」のは、コインチェックとかの怪しげな取引所にある

仮想通貨とは、別物だと思っています。
はい、三菱UFJとかが開発する仮想通貨が人間の生活に入ってくる。
コインチェックとかが扱っている「仮想通貨」は消えるでしょう。
そもそも、仮想通貨の90数パーセントは、「詐欺」と言われています。
その中にあり、「ビットコインは本物、別格」となってましたが、どうでしょう?
これだけ、急激に上がったり、下がったり、では、取引には使えない。

今回のコインチェック事件、

すっキりとしないことが多いですが、

面白そうなニュースもあります。

コインチェック事件、17歳女子ハッカーが犯人特定か 劇的展開にネット沸騰

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/29/0010938900.shtml

この人物のツイッターの名前欄に「JK17」とあるため、17歳の女子高生として広がっている。

堀江貴文氏が開催する「ホリエモン万博」は、速攻でこの人物に対してツイッターで公開出演依頼と、

堀江氏との対談を要請している。

私「美人女子高生のホワイトハッカー(正義のハッカー)だったら、

良いなあ。」
広瀬すずみたいな可愛い娘さんだったら、夢があるなあ。
しかし。
「実はおばちゃん」とか「おっちゃん」とかいう説もあるのです(泣)。

「正義のハッカーが美人女子高生」
そんな夢みたいな話は、現実にはないのかなあ。

でも、今回の事件でわかったこと。

「ハッカーは、金を稼げる!」
今回の事件で、

「日本の仮想通貨の取引所は、どこもセキュリティが

甘いぜ!」と世界中に知れ渡りました。
北朝鮮とかロシア、中国あたりのハッカーが虎視眈々と

狙っているでしょう。

この攻撃を防げるのは、誰でしょうか?

金融庁?

警察?

国家?

違いますね。
天才ハッカーだけが、頼りになる味方となるのです。
今後、仮想通貨の取引所だけでなく、

銀行とかいろいろな会社で、ハッカーのスカウト合戦があるのではないでしょうか?
というか、ハッカーの実際にスカウト合戦は、常識なんです。

CIAやFBIのスカウトも熱視線! ハッカーたちの世界大会、その実態とは…

http://wpb.shueisha.co.jp/2017/02/07/79709/

世界的な大企業だけでなく、CIAやFBIも有望なハッカーを探しているのです。

そういえば、『王様達のヴァイキング』という漫画がありましたね。

まず、『王様達のヴァイキング』とはなに?
『王様達のヴァイキング』→ビッグコミックスピリッツに連載中の漫画っす。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/王様達のヴァイキング

あらすじ
主人公の是枝。

高校ドロップアウト、バイトも即クビ、社交性一切なし。

18歳の是枝が唯一持っているのはハッキングの腕、天才的なプログラミング能力。

ある日、怒りにまかせて金融機関にサイバー攻撃を仕掛けた彼の前に、

「お前の腕で世界征服する」と宣言する大金持ちの男が現れ…。

孤独な天才ハッカーとエンジェル投資家、ふたりが世界をぶち壊す!
こんな話です。
ハッカーだった是枝くんは、

正義の味方となり、

ずば抜けた能力を買われ、警視庁のコンピュータ犯罪捜査官に採用の後、

「サイバーテロ対策特別研究チーム」(通称“特研”)に抜擢される。
この漫画、面白いですよ。
私は、『王様達のヴァイキング』を近くのTSUTAYAで借りて読み始めました。

1冊、2泊で64円。

安い!

『王様達のヴァイキング』は、最高に共感した漫画です。
なぜ、私が共感したのか?
主人公の是枝は、欠陥人間。
世の中の常識は知らないし、

コンビニのレジのような単純な仕事はできないし、

飽きっぽい。

勉強は嫌い。

自由が何よりも大事。
これ、全部、私に当てはまる(笑)

私、是枝くんと一緒。
私、山田豊治も超欠陥人間です。

「なんだってえ。

欠陥人間の時代だってえ。」
はい、そうなんです。
逆にバランスの取れた従来型のエリートは、

不要になってきているのです。

私、銀行関連の会社にいたのですが、

インターネットを使ったマーケティングの会議に出たことがあります。
その時の正直な感想。
「エリートの人たち、なんと能力の低いこと。」
よく考えてみると仕方がないのですね。
彼らは、朝から晩まで、エクセルで様々な会議資料を作っているだけ。
インターネットマーケテイングに特化した私のようなサイボーグ(笑)と

比べると「小学生同然」になっちゃうのです。

彼ら、銀行のエリートたち。
今は、リストラの対象です。

ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた!

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52015

彼らエリートは、

「同一頭脳のコピー」なんです。

だから、これからの時代には要らない。

これから、過去のエリートたちとリストラが進みます。

生き残るのは、「一点、突き抜ける」是枝くんや私のような人間。
だから、私は、胸を張って言います!
「変人になろう!」

「『欠陥人間』で良いから、突き抜ける能力を持とう!」

「AIには不可能な高度な能力を伸ばそう!」

そう思いませんか?

山田豊治

PS.一点、突き抜ける能力を身につける私の方法、

次回に書いていきますね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何か私に聞いてみたいことや、ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ http://ws.formzu.net/sfgen/S64331469/





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.