『でっかい青春』を何回も生きる!

2018-02-03

IMG_2806

 

おはようございます、山田です。
昨日のことです。
私は、大学の授業に出るつもりでした。
すると。
悪友のKが、

「ばっくれよう!

梅田で遊ぼう!

ナンパしよう!」と

そそのかします。
私「それもエエかな?

ナンパか?」

ここで、私は目が覚めました(笑)。

ただ、あるアイディアが浮かんだので、

書き留めました。
夢から覚めた直後、

潜在意識が正直な「答え」をくれているのです。

私の望み。
『でっかい青春』を何回も生きたい!
可能なら、10数回でも生きたい!

・青春、自分は大学時代が面白かった。

・しかし、就職のために最後の1年は面白くなかった。

・だから、青春の最盛期は、3年間。

・また、実際に私が20歳の頃は、悩みも多く、

曇り空の日も多かった。

・今の私は、何も怖くない。

・3年間も1周期として、いろいろな青春を楽しみたい。

こうすることが自分の人生を最高に生きることだ。

こういうことです。
3年周期で、新しい青春にチャレンジするぞ!

私が嫌なのは、
「一人ぼっち」で過ごす定年退職者の哀愁、午前中の図書館、カフェ、ジム…
http://diamond.jp/articles/-/145209?display=b

私自身も「図書館、カフェ、ジム」には、よく行きます。
しかーし。
暇つぶしのためにはいかなーい!(笑)
暇つぶしの例。

カフェ。
女性が多い。
60歳過ぎの女性。
何を話しても自由だけど、「他人の悪口」はやめてほしい。
図書館。
平日に図書館に行ってみると、目的もなく、暇つぶししている定年後の人達だらけ(笑)。

お金がかからないし、弁当持ちで夕方まで時間つぶし、それで家に帰る。
ジム。

朝から夕刻近くまでクラブで過ごしている人もいる。

風呂に「2時間入る」と言う人もいる(笑)
コナミとかティップネスは、養老院ですな。
ゴールドジムは大丈夫。

まあ、こういった場所で、「暇つぶし」する人たち。
原因は?
「お金がない。」
今、ぶっちゃけ、年金だけで暮らすとなると。

図書館族にならざるをえない。

ちょっとだけ、お金があってもジムとカフェぐらい。
「生きがいがない」
会社を離れると自分の「役割」がなくなる方だらけ。

哀れ!

「暇つぶし」して、死を待つだけ。

私は、幸せなことに「暇つぶし」しなくても良い。
それどころか、

「夢は両手にいっぱい、

恋もしたいのー」状態。
あまりにも夢がいっぱいなので、

3年周期で、一つずつ新しい青春にチャレンジ、

夢を叶えていく。

ワクワクとしますな。

「山田さん、いいなあ。

俺は、まさに『図書館で暇つぶし族』になるしかないや。」

自分で自分を制限せずに挑戦してみたら?

後悔しますよー!
例によって、私の得意なフレーズ(笑)。

「エエ女にもてたいやろ?」

「欲しいもの、全部、買いたいやろ?」

「お金をたっぷりと儲けたいやろ?」

「世界中、行きたいところにいつでも行きたいやろ?」

「社畜サラリーマンなんか辞めて、自由になりたいやろ?」

「自分の言いたいことをストレートに言いたいやろ?」

「大好きなことをやりまくって、仕事にしたいやろう?」

「興味深いひとに会って、友達になりたいやろ?」

「学びたいことは高額でも学びたいやろ?」

「やりたいことは全部やる人生に憧れるやろ?」
ざまあみろ、俺は全部、達成しているぞう!

そう、「『でっかい青春』を何回も生きる!」とは、

3年ごとに新しい青春を生きて、充実した生を全うすることなんです!

山田豊治

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

何か私に聞いてみたいことや、ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ http://ws.formzu.net/sfgen/S64331469/





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.