『筋トレ社長』の脳と散歩

2018-04-10

IMG_3009

 

おはようございます、山田です。
先週、梅田は茶屋町のカフェで会った先輩。

73歳なのに53歳くらいに見えました。
年齢を重ねると個人差が大きくなるのですよねえ。
先輩の「若さの秘訣」。
・ウェイトトレーニングを週に2回。

重いものでやる。

ベンチプレス110キロとか。
・歩き回る。

めちゃくちゃに歩くようです。

電車を使わずに大阪を歩き倒す。

私は、治療家の方に知り合いが多いです。
彼らに聞くと異口同音に

「これからの時代は、筋肉ですよ。

高齢化で問題になるのは、

老人が筋肉を失っていくこと。

サルコペニアと言います。

筋肉がなくなるのが諸悪の根源です。」
先輩みたいな筋肉隆々なら、とにかく元気に生きられます。

私も根っからの『筋トレ社長』です。

元ボディビルのミスター関西7位(ミスター大阪とか兵庫、京都に勝ったよー)。

テレビの「びっくり日本新記録」で、プロレスラーのサンダー杉山さんに勝ったり(引き分け?)、

筋肉へのこだわりは大きいです。

最近は、少しずつ減量に取り組み、「黄金の日々」に戻りつつあります。

「君なら、年代別(60歳代)のミスター日本になれる」と有名な金沢さんに

言われたほどの筋肉量、楽しみですねえ。

先輩に話を戻して。
「毎年、ヨーロッパに旅行する。

これが楽しみ。」とか言ってましね。
ただ、私は、「筋肉トレーニングは良いけど、

先輩は歩きすぎでは?」とも思ったのです。
それほどまでに歩いているのですよ、先輩。
それで調べてみました。
「適度な運動とは?」
・「適度な運動」が必要と誰も簡単に言うけど、

具体的にこの「適度」という量がどのくらいなのか?
・アメリカ国立がん研究所とハーバード大学の研究チームの研究。
・中年を中心とする66万1000人のデータをもとに研究。
・研究者らはまず、66万1000人のデータを各人の1週間あたりの運動時間で階層化し、

まったく運動を行わない人から、現在推奨されている運動量の10倍以上の運動を行っている人までに分けた。

(現在推奨されている運動量は、アメリカなので「週に150分」です。)

・彼らの健康データを過去14年分の死亡記録と比較。
・当然のことながら、最も早世のリスクが高かったのは「全く運動しない」というグループ。

運動しないのはダメなのねえ。

・「いくらかは運動を行っていた」というグループでも、早世のリスクは

運動をしないグループに比べて20%も少ないことが判明しました。

・週に150分という、推奨量ちょうどの運動を行っていたグループは、

全く運動していなグループに比べて死亡のリスクが31%も低かったとのこと。

だから、アメリカの基準は正しいということ。

・最大限、長生きしたのは?
・推奨量の約3倍である450分のウォーキングを毎週行っていたグループの死亡リスクは、

全く運動しなかったグループより39%かった。

1日に1時間以上のウォーキングが長生きに最適。
・推奨量の10倍以上の運動を行っていた人々の死亡率は、

推奨量ちょうどの運動(週に150分)を行っている人たちとほぼ同じだったのです。

先輩、運動のしすぎではないようですね。
週に25時間、つまり、1日に3時間とか4時間もウォーキングしても

悪影響はないようです。
以下に詳しく書いてあります。

英語だけどね。
適度の運動量とは?
https://well.blogs.nytimes.com/2015/04/15/the-right-dose-of-exercise-for-a-longer-life/
上記の運動は、ウォーキングのレベル。
ジョギングとかの激しい運動の場合は?
・別の研究では、20万人のオーストラリア人の健康調査データが調べられ。
・研究者らが健康調査データと死亡に関する統計を比較したところ、「

週に150分」という推奨量の運動を行えば、早世のリスクを下げられるという結果。
・さらに週150分の運動のうち30%を激しい運動に変えると死亡率がさらに9%下がり、

30%以上を激しい運動に費やすと死亡率が13%下がるとのこと。
ジョギングも1時間から1時間半までならプラスのようです。

ウォーキングにはやりすぎはないような感じです。

以上は、健康のための話ですが。
私は、散歩は脳のためと思っております。
アイディアがどんどんと湧いてくるのですよ。
アイディアがわく時。
・目覚めの直後。

・睡眠中。

・自己催眠、瞑想。

・カフェでボーしている時。

・プールでボーと歩いている時
そして、散歩中です。
なんと私の1日、アイディアを生むためには理想的です。
はい、1日のんびりと暮らしていますから。
ということで散歩しましょう!

あ、それと。

最近は、PHAトレーニングの最中にもアイディアが出てきます。

メカニズムはわからんのですが、血液が身体中をスムーズに

流れるからでしょうか?

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.