生涯現役、輝く肉体美!

2018-05-06

 

 

おはようございます、山田です。

連休も最後の日です。

巨大な喪失感に襲われている方、多いかも。

いわゆる『サザエさん症候群』。

私「俺には『サザエさん症候群』なんか、全くないよ。

毎日、ワクワクして生きている!」

読者さん「ええなあ。

うらやましいよー。」

私「それなりに努力・工夫をすること。

その努力・工夫も楽しいよ。

現状を甘んじて受けていたら、地獄の日々が続くだけ。」

この方も、『サザエさん症候群』は関係ないでしょう。

「ひふみん」こと加藤一二三九段。

ゴールデンウィークには、東京に住んでいる娘が里帰りしてました。

彼女は出版社の編集者をしているのですが。

「ひふみんに本を書いてもらうようにお願いしている。」と言ってました。

それで。

「生涯現役」と書いた色紙(ひふみんが書いた)を大事にしておりました。

(引退記念セットでも同じ文面のコピーがもらえるらしい。)

「生涯現役」、夢ですね、男の。

60歳とか65歳で引退して、「終わった人」の人生を生きるのは辛い。

では。

「生涯現役の条件はなんだろう?」と私は考えてみました。

まず、第一は「健康」でしょう。

その中でも筋肉が一番大事です。

よく話題になるようになった

「ロコモティブシンドローム」

「サルコペニア」

2つの単語。

https://locomo-sarcopenia.saishunkan.co.jp/sp/locomo/

特に中高年を過ぎると筋肉が大事になってきますね。

筋肉、私は元ボディビルのコンテストビルダーです。

ミスター関西で7位、その時、私よりも下位に

その年のミスター兵庫、京都、大阪、岡山の方たちがいました。

何万人に一人しかたどり着けないレベル。

しかし、中高年を過ぎると話は別です。

ボディビルダーでも中高年を過ぎるとげっそりと筋肉が減る例が多いのです。

【衝撃】トレーニングを止めたボディービルダー! 現在の姿がヤバすぎる!

いやあ、びっくりするほどですね。

普通の人以下の筋肉になってしまっている。

(もっとも全員、薬物を使っていたからだけど。)

シュワちゃんとかもそうですね。

びっくりするほど筋肉が落ちていて、

涙が出そうになります。

元ミスター日本の東大教授、石井直方さんもトレーニングはやっているのに

ガリガリになっています。

私は、冗談で「ガンなのかな?」とか軽口を叩いていたのですが。

本当にガンだったので、びっくり。

何れにしても中高年になってから、筋肉と維持・増強するには、

適切なトレーニング、食事、工夫が必要です。

20歳代の頃と同じトレーニングを続けていると。

筋肉は、見事に落ちます。

中高年過ぎてからこそ、筋肉を維持・増強する意味が大きいのです。

私の友人の中でも「ミスター・日本」級の筋肉を持っていたのに

中高年になると風船がしぼむようにプシューと筋肉が消滅した連中も

多いです。

やはり、中高年過ぎてのトレーニングには工夫が必要です。

それと私、60歳過ぎてからお腹が急に出てきて悩み苦しみました。

・中高年をすぎるとトレーニングしていても筋肉が落ちる。

・お腹が出てくる。

これら2つのパズルをとかないといけない。

最近、すべてのパズルが解けて、良い感じです。

徹底的に日記をつけて、研究者として、実験を繰り返したのです。

トレーニングではPHAシステムが最高です。

(サーキット形式でウェイトトレーニングを行う。

健康に非常に良い。)

沖縄米軍の小田川さんも「週3回のPHAで体調は最高、

コンテストにも出る気になりました。」とメッセージをくれています。

ただし、本とかネットの知識でPHAをやるのは、墓穴を掘ります。

実際に体験しないとわからないことが多いですから。

私と小田川さんが実施しているPHAトレーニング、

本やネットに書いてあるものは、全く別のものです。

工夫があり、科学的な実験から導き出したものがあります。

PHAをはじめて、発見したこと。

PHAトレーニングをした夜は、ものすごく深く眠れるのです。

その結果、毎日の脈拍がどんどんと下がっていきます。

コンディションがすごくよくなるのです。

結果的に筋肉も発達してきます。

食事面では、最近は、豆乳にはまっています。

元ミスター日本の吉村太一さんに会いに行った時。

→私、誰でも会いに行きます。

「日本人は肉よりも大豆が身体に合う。

俺は、大豆だけで筋肉をつけた。」

こう言ってました。

ミスター日本を取った当時の食事法。

朝:煮た大豆を丼に一杯。

卵1個。

牛乳1本。

バナナ1本。りんご1個。

以上をミキサーにかけて飲む。

チーズ半ポンド箱を全部。

フランスパンを1個。

昼:煮た大豆を丼に3杯。

夕:煮た大根と生野菜。

野菜のみで他は、とらない。

どうですか?

日本人には豆の方が合うらしいです。

中高年を過ぎると若い頃と同じトレーニング、食事では、

体調がボロボロとなり、筋肉を失います。

違うんですね。

それに気がつかなかった方たちが「風船がしぼむように」筋肉を失い、

健康も失っていくのです。

日々、新たなり。

研究、研究。

山田豊治

配信解除URL

一発解除、気をつけろ!





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.