生き抜くには『ワル』になれ!

2018-05-12

 

おはようございます、山田です。

ワル(悪)の意味。

勘違いされている方が多いので、ワル(悪)とは?

引用。

日本語における「悪」という言葉は、もともと剽悍さや力強さを表す言葉としても使われ、

否定的な意味しかないわけではない。

例えば、源義朝の長男・義平はその勇猛さから「悪源太」と、

左大臣藤原頼長はその妥協を知らない性格から「悪左府」と呼ばれた。

本来「悪」は「突出した」という意味合をもつ。

突出して平均から外れた人間は、広範囲かつ支配的な統治、

あるいは徴兵した軍隊における連携的な行動の妨げにな流。

これゆえ古代中国における「悪」概念は、

「命令・規則に従わないもの」に対する価値評価となった。

一方「善」概念は、「皇帝の命令・政治的規則に従うもの」に対する価値評価である。

つまり、「突出した」能力を持っていて、

「命令・規則に従わないもの」ということ。

21世紀では、組織に従わない人間の方が有利に生きられるから、

ワル(悪)の方がエエのです。

さて、今日は、

「銀行員タイプ(真面目だけが取り柄)、

『固い』『融通が利かない』『組織には忠誠を尽くす』だけが取り柄、

つまり『バカ真面目』だけが取り柄の人間は、

淘汰されるよー。」という話。

最近、言われていること。

「もう銀行員はエリートではないらしい。

将来性もなく、支店長になっても営業に走り回り、

夜中までのサービス残業をして、

年収600万円くらいになるそうだ。」

私に言わせれば、「当然やん。

銀行員の仕事の(控えめに見て)5割はAIのほうが

上手にできるし、彼らは『考える』能力が欠落している。」と

シビアな意見になります。

なぜ、そう思うのか?

はい、最近、銀行員の考える力のなさ、融通の効かない人間性を思い知ったからです。

実は、連休明けの月曜日に私は、M銀行の「さんだ支店」に行きました。

私は、経営セーフティ共済という中小機構の保険に入っていました。

毎月20万円ずつ積み立てていたのですが、今年の1月で満期の800万円に

なりました。

置いておいても仕方がないので、解約しようと考えたのです。

解約のための用紙には、引き落とされていた銀行の承認印をもらうように

なっています。

満期のお金は、その口座に振り込まれるのです。

銀行がやることは簡単、シンプル。

(念のために)私が解約用紙に書いたその口座が「今もありますよ」という承認だけです。

銀行からすれば、800万円が私の口座に入る。→喜ばしいこと。

それなのに

アホなM銀行のさんだ支店は。

うんざりするほど待たせた挙句。

・保険証券を銀行に渡しなさい。(意味不明)

・掛金預金口座振替解約申出書も出さないとダメ。

(1月に満期、当然、振り替えもストップしているので、不要)

・私の会社の口座名。

「株式会社スロートレーニング」だけでなく、

「株式会社スロートレーニング 代表取締役 山田豊治」

と書かないと入金できない。→アホです、不要です。

いちゃもんですな(笑)

結論からいうとすべて、支店の課長さん?の勘違い。

頭の回転の遅い銀行員相手に私は、授業をする羽目になりました(泣)。

「ええか、君、すべてのことは『この仕事の本質は何か?』を掴んでから、

仕事するねん。

君は、論理的思考力が全く使われてない。」

彼らは、「本質は何か?」を考えずに形式だけで仕事をしてきたので、

「考える」「判断する」能力に欠けているのです。

あ、Mだけでなく、S銀行も。

私、1週間ほど前に消費税の支払いのために銀行に行ったんです。

私は、税務署への納付用紙がなかったのですが、

「税務署まで行くのも面倒。

銀行に置いてあるはず。」と考えました。

私、銀行関連のゴルフ場管理会社にいたので、

銀行業務も良く知っているのです。

銀行は、サービスとして、税務署への納付書を置いているのです。

しかし、美人だけど融通の聞かない受付さんに聞くと。

受付「ありません。」

私「そんなはずない。

上司を出してくれ!」

次々に人が変わったのですが、全員、「ありません。」

最後にわかっている方が一人、

「すみません、ありました。」

私の心の声「あー、こいつら、同一頭脳の複写(コピー)やなあ。

サービス業の本質を理解してない。」

本当、本質を考える能力が欠けているような。

だから、今は、こんな時代。

「大リストラ時代」突入!生き残る銀行員・消える銀行員の差はココだ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53454

怖いですねえ。

金融庁も「2017年3月期、地銀の過半が本業赤字」と暴露しているし。

赤のメガバンク系列の社長も「業務の4割を機械化できる。」と本当のことを

言ってます。→私は5割以上を機械化できると思ってるけど。

延々と銀行の悪口(笑)。

心清らかな読者さん「山田さん、

あなたは銀行に恨みでもあるのですか?」

いやいや、違います。

この問題は、銀行員だけの問題だとは思いません。

多くの会社、官公庁でも起きている問題です。

同一頭脳のコピー、組織の中の部品になろうとする傾向(みんなで渡れば怖くない病)。

あ、みんな、超がつくほどの「真面目」人間です。

「くそ真面目」「バカ真面目」です。

例えば、財務省の人間とかもそうなんですよ。

「くそ真面目」「バカ真面目」。

20世紀はねえ、これでよかったのですよ。

小保方事件で自殺した笹井も同じ。

小保方の巨乳に目が眩んで、理研の経費で55回も小保方とから出張したり、

どうにもならなくなってましたが。

助平なだけで、元は、「くそ真面目」「バカ真面目」。

だから、自殺という悲しい結末を選んだのですね。

財務省でも自殺した末端の職員がいましたね。

彼も「くそ真面目」「バカ真面目」。

昔は、いや、20世紀までは、くそ真面目」「バカ真面目で、

よかったんです。

組織にさえ、忠誠を誓っておれば、頭が悪い人間も食えたのです。

でも、ルールが変わったのです。

ズバリ言って、頭の良い『ワル』にならないといけない。

私が愛読しているヤクザ漫画の『白竜HADOU』(はくりゅうハドウ)
の白竜にならないといけない。

「山田さん、あなたは、真面目な僕にヤクザになれ、と。」

違います、違います。

ただ、現実を冷たく見据えて、本質を見抜き、鋭い知性を持ち、

単独でも行動できる人間になりなさい。

こういうこと。

これからの時代で、有利なのは、自分で考えることができる人間です。

だから、他人と同じことはやりません。

単独行動です。

「自分の属する組織が望んでいること」なんて、関係ないです。

単独行動のできる知性。

単独行動ができる判断力。

単独行動ができる行動力。

単独行動ができる度胸。

わかりますか?

優れたヤクザがシノギをやるときのメンタルになるのです。

スパイもそうですね。

私のスタンダードである「中野学校」、

単独行動できる人間を養成していたのです。

軍人とは正反対です。

軍人イコール銀行員。

軍人は、命令に従って全員玉砕は当然です。

単独行動なんて考えられないです。

しかし、中野学校の卒業生は違います。

単独で世界の各地に行って、現地の人たちと協力して、革命を起こしたのです。

自分の頭で考えて、自分の頭で判断して、そして、

圧倒的な行動力で一つの国を革命に導いたのです。

この時、「清濁併せ呑む」度量が必要です。

社会には、世の中には、理屈の多い人や、自分の考えや価値観に固執する人が多くいます。

そうではなく、善人でも悪人でも、来る者はすべて受け入れる、

善いことでも悪いことでも、目的の達成のためなら、すべてを受けいれる度量の大きさを表すたとえ。

ヤクザとかスパイに例えるのは、そういう意味。

銀行員的な融通の効かない、バカ真面目人間はやめろ。

目的の達成のためなら、すべてを受けいれる度量の大きい男になれ。

こういうこと。

銀行員みたいな『バカ真面目』人間じゃ、生き残れないよー。

軍人の兵隊さんみたいな『バカ真面目』人間じゃ、生き残れないよー。

白竜のような、

中野学校出身者のような、

頭の良い『ワル』にならないとだめだよー。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.