25分以上 座るな!

2018-07-01

 

おはようございます、山田です。

2日前の金曜日。

川西の喫茶店で。

15時から私は若き友人と会っていました。

29歳、会社の経営者。

仕事の関係で、世界中を飛び回っています。

なんと、世界のすべての大陸を旅したそうです。

「アフリカ大陸にも行ったのか?i)る」と私が問うと、

「もちろんですよ。ケニアに行きました。」という答えでした。

やはり、世界を旅すると違います。

若くても考えというか、思考がでかくなりますね。

彼との2時間ほどの会話で、私はいろんなことを学びました。

彼は、2年ほど前までボディビルに打ち込んでいました。

フィジークとかのコンテストに出ていたのです。

毎日、2時間も3時間もジムでトレーニングしていたそうです。

しかし、あるときに気がつきました。

「コンテストで優勝しても空しい栄光ではないか?

それよりも俺はビジネスへ成功すべきじゃないか?」

素晴らしいですね。

「筋肉を盆栽のように育てる」ことが唯一の生きがいになってるボディビルダーたち。

その馬鹿さ加減を早めに悟ったんですから。

それで、彼はトレーニング中止。

以降は、仕事三昧。

極端から極端に行くタイプ。

1日20時間も働く時もあったそうです。

最近は、健康の大切さを自覚するようになったそうです。

仕事に打ち込むだけ打ち込んだ結果の悟りです。

それで、週に3日か4日はトレーニングするようになったそうです。

「あくまでもトレーニングは、

それと仕事にプラスになるための健康づくり、体力作りですよ。」

ほんとにその通りですね。

私たち経営者は、「ブレインアスリート」じゃないといけません。

脳味噌で勝負するアスリートなんです。

日大のアメフトチーム、「日大筋肉チルドレン」ではダメなんですよ。

他人の命令にロボットのように盲目的に従う人間は消えるしかに。

→経営者としては、飯が食えない。

だから、経営者は、全身の筋肉も体も鍛えて、良いコンデションにしなければいけない。

私は彼に

「週3日、1回30分くらいで、ものすごく効果が上がる方法があるよ?」と言いました。

若き経営者「ええ?どんなトレーニングですか?」

私は、彼に開発中の「パーフェとマッスル」トレーニングを教えてあげました。

「これはいいですね、まさにブレインアスリートのためのトレーニングだ。」

そうです。

「パーフェクトマッスル」

まさにブレインアスリートのためのトレーニングです。

私自身、最近になって、肉体的なエネルギーを持つことの大事さを

痛感するようになりました。

これは、「少し収入が増えるよ」といったレベルではなく、

収入が何倍にもなると言う話なんですよ。

それほど体力と健康は、ビジネスの成功のためには不可欠なんです。

それともう一つ。

週に3日のハードトレーニングだけでは、いけません。

もちろん、トレーニングをやらないのは論ですが。

普段の日常生活が大事です。

どういうことか?

「25分以上同じ姿勢でいるな」ということなんですよ。

最近、「ずっと座ってるのは健康に悪い」ということは知れ渡ってきました。

それで、スタンディングデスクを採用する人が増えたのです。

特にアメリカですね。

以下、情報。

以下の記事はインターネットからの引用ですが、ほんとに重要な情報です。

————————————————————————————————————–

「長時間座ることは寿命を縮める」

以下2つの実験によると長時間椅子に座る人は、そうでない人とくらべて

寿命が短くなることが証明された(いずれも英文)。

実験によると、男性で一日に6時間以上座っている人は、3時間以下しか座っていない人と比べて、

寿命が数年短くなる。

他の実験では、男性で週に23時間以上座っている人は、11時間以下しか座っていない人と比べて、

心臓病になる確立が64%も高かった。

長時間座ることで寿命が縮むのは、血行が悪くなったり、カロリー燃焼や心拍数が下がることが主な原因だ。

ジムに通うなど運動している人は大丈夫だと思うかもしれないが、これらのデメリットを運動で

カバーすることはできない。

毎日、暴飲暴食してジムに通っても意味がないことと同じだ。

解決法の1つがスタンディングデスク。

立って仕事できるようになった机です。

⇒私も手製の台を使い、スタンディングで仕事できるようにしている。

スタンディングデスクのメリット

寿命を伸ばす
脂肪を燃焼させ体重を減らす
背中や腰の痛みを減らす
集中力を高める
心地良い疲れが満足度を高め睡眠の質を高める

————————————————————————————————————–

しかし、実は「ずっと立っている」のも体に悪いのです。

それではどうしたら良いのか?

私のやっている方法を次回、紹介します。

今日は。

・「仕事で成功するために身体を鍛える」という心構えが大事。

・ただし、日常生活も大事。

・ずっと座っているのは命を短くする。

こういう話でした。

次回を楽しみにしてください。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.