相撲から八百長をなくす方法

2018-09-28

 

おはようございます、山田です。

本題の前に水泳の池江選手。

悲しいことに日大進学確実と言われていますね。

案の定、日大水泳部では暴力事件が頻発、隠蔽していたんですね。

なんか、いやだなあ。

そんなブラックなどうしようもない大学にいくことないよ。

はああ。

本題です。

貴乃花が、相撲界から引退しましたね。

というよりも相撲協会からのパワハラで解雇された。

こういうことのようです。

貴乃花はまっすぐです。

相撲界の暴力や八百長、これをなくそうと孤軍奮闘していたようですね。

特にモンゴル力士の八百長や暴力を問題視していたようです。

しかし、相撲協会が、自分たちの利益を守るために

貴乃花を削除した。

ひどい話です。

しかし。

貴乃花の考えも非現実的です。

私の考えを話します。

「相撲から八百長をなくすのは不可能です。」

はい、相撲から八百長をなくすのは不可能です。

「山田さん、見損なったよう!

相撲協会の肩を持つのかあ?

馬鹿野郎!」

いやいや、そう興奮しないで。

私は、スポーツ医学的に言っているのです。

相撲から八百長をなくすには、不可能です。

相撲は、年6場所.1場所に15日間です。

それ以外に地方巡業や海外巡業もあります。

これらを全部、真剣勝負でやると。

体をぼろぼろにしてしまうのです。

相撲取りはご存知の通り、大男揃いです。

彼らが、全力でぶつかり合う。

これを真剣勝負でやると体は悲鳴を上げるんです。

私は、肉体の限界まで.力を出し切るということを知っています。

そうですねえ。

例として、パワーリフティングの話をしましょう。

パワーリフティングは、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトのシンプルな3種目だけの競技です。

単純な動きです。

相撲もように複雑な身体の操作をすることはありません。

身体をひねったり(怪我をしやすい)、投げをうったり、とか。

だから、故障の可能性も相撲と比べると「極めて小さい」と考えられます。

それでも、一流のパワーリフターは全力のトレーニングをするのは、

1週間に1回だけです。

(試合は、年に数試合だけ、数日だけ全力です。

練習ではマックスの力は出さない。)

スクワットがめちゃくちゃ強かったカルウォスキー選手。

2週間に1回だけスクワットやってました。

そうなんですよ、回復に1週間とか二週間もかかるんです。

真剣勝負というのは、それほどに体に負担をかけるのです。

プロレスも年中試合がありますよね?

やはり、八百長です。

真剣勝負は毎日出来ないのです。

「わかった、山田さん。

でも、俺達は真剣勝負の相撲が見たいんだあ。」

、、、、、、わかりました。

私のプラン。

1.まず、相撲力士を5段階の体重別に分けます。

80キログラム以下
95kg以下
110kg以下
120kg以下
無差別級

以上の5つです。

だから、80kg以下や95キロ以下では、筋肉質の相撲とりも出てきますね。

これはこれで、人気が出てくると思います。

2.5つの階級がありますよね。

本場所では、1日に一つの階級だけ.試合をするのです。

だから、選手は、一つの場所で3日だけ試合をします。

トーナメント方式。

3.各階級には、16人の選手がいます。

今の幕内と十両をたすとだいたいそのくらいの人数になります。

1階級に16人です。

1日目1試合、2日目も1試合だけ。

3日目は、勝ち残った人間だけは2試合あります。

トーナメント方式で優勝者を決めるんですね。

勝ち残れなかった選手は、お互いにコンピューターで取組を決められて、

試合をやります。

4.これだと、選手が怪我をする可能性は激減します。

また、真剣勝負で試合をすることは可能です。

場所も年間6場所まで増やします。

どうでしょうか?

貴乃花や相撲協会に教えたいよ!

日常のトレーニングもガラッと変えます。

ちゃんと朝食を食べます。

毎日、長時間の稽古はやめます。

1日2時間、テーマを決めてスパーリングをやります。

そう、スパーリングです。

週に3日だけ。

午前中にスパーリングをやり、昼寝をして、

午後からは、ウェイトトレーニングをきちんとやります。

そして、週に3日間はトレーニングをして、他の日は休み。

「山田さんそんなので大丈夫?」

大丈夫です.任せてください。

余った時間とエネルギーは、メンタルトレーニングにあてます。

瞑想してエネルギーを十分に蓄えます。

そして、相撲のメンタルリハーサルをやります。

いろいろな技とか試合での駆け引きを心の中でやるのです。

身体は、疲労しないし、故障しない。

そして、強くなります。

こういうふうに変えると相撲は大人気となります。

入門者もどんどん増えます。

どうでしょうか??

私の考えた相撲の真剣勝負計画です。

まあ、ここまでやらないと真剣勝負で相撲やり続けること出来ないですよ。

例外的に体が丈夫で、毎日、真剣勝負をやっても大丈夫な接力士もいます。

貴乃花は、例外的に丈夫だったのでしょう。

でもね.それは例外。

相撲界、私に提言に近い改革をして、

真剣勝負をやるスポーツに生まれ変わって欲しい!

山田豊治

PS.私自身、「ものすごく量と頻度に少ないトレーニングで、

ベンチプレスを伸ばしています。

メンタルトレーニングが鍵。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.