ショーシャンクの空に

2018-10-19

 

以下は、2015年10月22日の私のメルマガに加筆修正したものです。

2009年10月19日が私の自由人になった日。

楽しんでください。

おはようございます、山田です。

3日前の10月19日。

なにがあった日か、しっていますか?

いや、私事です。

私の「ショーシャンクの空に」脱獄デーです。

注:映画「ショーシャンクの空に」。

無実の罪によって投獄された主人公が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず、懸命に生き抜き、ついに脱獄に成功!

主人公の「強さ」に共感!

6年前の今日の夕方7時頃。

大阪は難波のビルから吐き出された私は。

一緒にいた総務の若手を追い返して。

ビルの谷間にひざまずき。

空に向かって両手を広げて、神に感謝しました。

映画「ショーシャンクの空に」で、主人公が脱獄に成功した瞬間を真似たのです。

こんな感じ。

涙が出るほど幸せでした。

⇒実際に泣きました。

「よくやった、よく決断した豊治。」

当時の私の状況。

・数ヶ月前までは楽チン会社員でした。

・私に心酔する部下のT君に全ての仕事を任せて、社内で副業をしてました。

・しかし、定時に毎日、退社する私に罠が仕掛けられました。

・新しくオープンする難波のホテルの経理も兼務してくれ、と。

・私のやっていた仕事、前任者2人は病院に入ったほどのもの。

・さらにオープンした難波のホテルのの経理。

・毎日、夜の11時半までの残業です。

「辞めたほうがいいのではないか?」

私は、「辞めること」の貸借対照表を作りました。

辞めることのプラス。

1.当時54歳だった私。

辞めることによって全力でネットビジネスに取り組める。

失敗もあるだろう、でも、それは経験。

大きな財産になり、一生、自分に飯を食わせてくれる。

続けると仕事が忙しく、ネットビジネスに携わる時間0。

なんとか60歳までへばりついても実力0になっていまう。

2.さらに時間があるので、学ぶことにも時間をかけることができる。

通勤時間も0。

知識と経験を積めば、知恵となる。

知恵はどんなものよりも貴重な財産。

3.もし、サラリーマンとして経理を道を歩んでも資産にはならない。

経理など誰でもできる。

50歳を過ぎた自分にまともな再雇用の道はない。

便所掃除屋か警備員くらい。

4.独立したら、運動も思い切りできる、食事も良いものを食える、人間関係のストレスは0。

健康になる!

これも大きな資産。

5.そして、自由が手に入る。

最大の資産。

「辞めること」で失うもの。

1.会社での人脈、友人、人間関係。

「こんなもの、クソみたいなもの」と判断しましたね。

0点。

はい、正しかったです。

サラリーマン時代の人間関係なんて、負債です。

私が今、付き合いがあるのは同僚だった女性だけ。

2.私は契約社員だったのです。

よって、「いつ、クビになるか?」分からなかった。

3.「目先の給料以外は、なにも失わないなあ。」

最悪の場合、大阪の地下街の「ゴミ屋」さんにバイトで入ればいいと考えました。

短時間でよいお金になる。

あと、新聞配達とか警備員。

最低限の生活費を稼ぎながら、ネットビジネスを極めていけば、「末永く幸せに暮らせる資産」=「自分で稼ぐ能力」が手に入る。

こんな試算表でした。

プラスはたっぷり、マイナスは0(笑)。

速攻で辞表を提出しました。

それで、前記のように「夕方から夜はゴミ屋さん」の生活を目指していました。

朝から昼はネットビジネスで必死で働き、夕方からゴミ屋さんです。

それはそれでワクワクするような生活と思ってました。

結果的に最初から順調に収入が伸びて、ゴミ屋さん生活は実現しませんでした。

あれから6年。

脱獄後(笑)の6年は素晴らしい人生でした。

それまでの30数年のサラリーマン人生は悪夢の連続、ストレスの連続でしたが、独立してからの6年は「楽しい、楽しい」の連続でした。

率直に言って、「労働」の時間は0でした。

いつも「慰み、レジャー」の時間でした。

私の社長業も7年目となりました。

企業の生存率からいくと。

6年後は10パーセントくらいでしょうか。

しかし、私は絶対に倒産とかしないです、はい。

最近、リアルの社長と話すと資金繰りに悩むひとが多いです。

大きいのが「人件費」と「事務所とかの地代家賃、コピー機とかの経費」です。

いわゆる固定費。

私の場合、メールマガジンを発行するためのメルマガスタンド代だけ。

はい、これだけ。

事務所代もないし(梅田に借りたけど行かないので解約)、人を傭ってないので人件費0。

倒産?解散?

あり得なーい(笑)

ホリエモンが勧める「確実に成功する起業法」にも合致しています。

以下。

「利益率の高い商売
在庫を持たない商売
定期的に一定額の収入が入ってくる商売
資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

をやればほぼ確実にうまくいくと指南してきた。」

こんな選択肢がいいと思います。

もう一度。

利益率の高い商売
在庫を持たない商売
定期的に一定額の収入が入ってくる商売
資本ゼロあるいは小資本で始められる商売

これに付け加えて。

人件費、社員のための諸経費が発生しない
事務所を持たない

この2つの条件を加えます。

利益率の高い商売
在庫を持たない商売
定期的に一定額の収入が入ってくる商売
資本ゼロあるいは小資本で始められる商売
人件費、社員のための諸経費が発生しない
事務所を持たない

この6つの条件を抑えたら、10年後も20年後も大丈夫です。

昨日、日本経済新聞で「成功例」となっていたシニア社長。

・最初に1千万を投資して、「人材派遣会社」

・社員の給与、事務所家賃等で最低でも月に200万かかる。

・資金繰りが悪化、さらに五百万を投資。

・10年ほど無給、71歳になり、やっと月収70万。

いやいや、こんなのは成功例じゃないよ。

私の言う6か条を守れば、「倒産、失敗」はありえない。

山田豊治

PS.私は、このメルマガを18歳時の自分に向けて書くような気で書いています。

読む方が「末永く幸せにいきることができる」ようにアドバイスしています。

60歳の私が辛い経験で得た知恵を話しています。

「会社に頼る人生は最悪」これは私の体験から得た人生の真実です。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.