女性にモテる方法

2018-11-02

 

おはようございます、山田です。

私、ぼうこう癌の疑いで、2週間ほど人生について考えました。

それで、

「誰でも限りある命だ。

できるだけ、他人の役に立つことをしよう。」と考えたのです。

それで、しばらく、人生相談風にメルマガを書きます。

試験的にやってみて、いずれは元の戻すか、

併用してやっていくか?

過去のメルマガを書き換える場合も多いです。

恋愛の質問です。

割と多いです。

「僕は、背も低く、顔、容姿も悪いので、

女性にもてません。

モテる方法を教えてください。」

今日は、男がみんな関心を持つ「女性にモテる法」です。

・自分の得意分野、一点突き抜けるものを持つこと。

・得意分野を活かせる場所で、女性と知り合うこと。

ええと。

最初に言っておきたいのですが。

1.「どうやって、異性に好意を持つか?」

これは、簡単。

共通点があれば、お互いに惹かれ合うのです。

だから、スポーツでも趣味でも一生懸命にやる、そこで、

同じ興味を持つ女性と知り合うです。

2.1だけでは、まだ、友達です。

そこから、さらに恋愛に発展するのに必要なもの。

なんと。

相違点です。

共通点があり、友達になる。

さらに「この人、私の知らない世界を知っているわ。」と言うものを

持っていると。

女性にもてます。

身長とか顔とか関係ない。

例。

最近、私は、西宮のスポーツクラブで、ある朗らかなおっちゃんと知り合いました。

スカッシュと筋肉トレーニング、ゴルフ大好き。

Mさん。

・65歳。

・小柄で身長150センチくらい。

メガネをかけて、モグラみたいな顔。

・でも、60歳を過ぎてから始めたウェイトトレーニングで筋肉隆々。

ベンチプレスで120キロとか言ってました。

Mさん、驚異的なのは、スポーツクラブのすべての女性とフレンドリーに

接しているのです。

特に美女。

最近のスポーツクラブ、養老院みたいで平均年齢が高いです。

しかし、ごく稀に妙齢の美女が現れることがあります。

悔しいことにそう言った美女は全員が、Mさんと親しくなるのです。

数日前の午後3時半すぎ。

私は、西宮のスポーツクラブでMさんととだべっていました。

すると。

ある女性が、Mさんに。

「レッスンに遅れたので、先生が淹れてくれなーい」と話しかけてきました。

すごい美人でスタイルが良い。

私は、「チャンス」と思って、話の輪に入りました。

いつもこんな感じのシーンが展開されています。

Mさん、小柄だし、ハンサムとは言えないのですが、女性に慕われています。

内緒ですが、「友達」が多いだけでなく、50歳代の頃は、

「嫁さん以外に恋人が7人いた」という恐ろしい実力。

スカッシュをしているので、そして、かなりの腕なので、

女子大生たちともたくさん知り合っています。

あ、スカッシュというスポーツ、特別な練習場が必要なので、

近隣の大学(母校の関学、神戸女学院とか)から大学生が練習に来るのです。

共通点ですね。

さらに仕事を一生懸命にやってきたので、

一般女性が知らないビジネスの世界の話を興味深くできるのです。

相違点ですね。

そして、お金も持っている。

これも大事。

さて。

このMさんは、なぜ、こんなにモテるのでしょうか?

簡単に言うと。

財力と影響力があるからですね。

Mさん、ある会社の重要なポストにいるので、お金があり、貫禄もあるのです。

遺伝子レベルで、

女性は、男性の「経済力と影響力」を求めて、男性は、女性に「美と健康」を求めます。

これは、動物の生存の第一の目的が「子孫を残すこと」だからです。

だから、家庭を守り、子供を健やかに育てるために必要な「お金」を稼げる男性がモテるのは正常です。

ある種のペンギン。

海に潜り、一番大きな石を持ってこれるペンギンがモテるそうです。

零下20度、寒い中で子供たちを大きな石で守る必要があるからです。

人間も原始時代は、暴力が第一でした。

単純に喧嘩に強い男が「狩り」も上手であり、もてたのです。

今でもその名残があり、年齢が低い場合、暴走族とか格闘家がモテるのです。

ヤンキーの少女は、強いヤンキーに惹かれるのは本能。

ただし、女性も大人になると「お金を稼げる男」に自動的に引っ張られるようになります。

30歳に近いのに「腕力だけ、仕事は肉体労働」の元ヤンキーは、全く相手にされないようになります。

男が、女性に「美と健康」を求めるのは、単純に「強い子を産んで、健康に育てる」可能性が高いからです。

男が可能な限り、あちこちで女性と関係を持ちたがるのも「優秀な子孫を残したい」一心からです。

別に非難することではない。

まあ、こういう理由です。

あと、細かい理由もあるかもしれませんが、男は「お金、包容力」です。

「山田さん、身も蓋もないやんかあ。

俺は、40歳を超えているけど普通のサラリーマンや。

可も不可もない並みのサラリーマンや。

でも、心根は優しいのや?

もてへんのか?」

はい、実際に全く相手にされてないでしょ?

それを恨みに思うのが、筋違い。

女性にもてたいなら、まず、「お金を稼げ!仕事を頑張れ!」ですわ。

40歳過ぎて、路上をウロウロしたり、クラブでナンパに精を出したり、

出会い系で変な女性を漁る。

アホですわ!

お金を稼ぐことに専念することです。

勝手に女性は寄ってきます。

優れたDNAを持つ男性を女性は心待ちにしているのです。

本能なのですよ。

・共通点が大事。

スポーツ好きなら、スポーツクラブで知り合える。

・相違点が大事。

一点、突き抜けるものを持つこと。

・財力は大事です。

以上です。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.