脳は現実と想像の区別がつかない?

2018-11-15

 

おはようございます、山田です。

ここ数日、私の言いたいこと。

1.人間の幸せは自由にハッピーに生きること。

2.だから、

「山田さんのように起業に成功して、自由になり、幸せになりたい。」

こう考える方が多い。

3.私の考え。

「それも結構だけど、幸せの先延ばししなくても良いのでは?」

そう、起業活動を始めた最初の日から、幸せになろう。

こんな話でした。

別に起業を目指さなくて良い。

自由に幸せになれば良い。

普通に生活している方全員、

その気になれば、もっとハッピーに生きられるんですよ。

「山田さん、わかった。

おっしゃる通り。

でも、そんなこと、可能なのか?」

はい、説明しますね。

幸せになるためには、

「脳は現実と想像の区別がつかない」性質を活用します。

「ええ?

俺は、ちゃんと区別できるぜえ。」

はい、はい(笑)

そうですね。

でも、それ、理性の働きです。

脳それ自体は想像からも現実と同じような刺激を受けているんです。

例:

1.梅干しを想像してください。

唾液がたくさん出てきますね?

現実ではない、想像だけです。

レモンを想像しても

同じようなことができます。

2.お肉が好きな人、

最高級の肉がジュージューと焼けてきて、

美味しい香りが充満した様子を考えてください。

食欲が爆発しますね。

(実は、これ、「びっくり日本新記録」で触れたカンフーの奥義、

CHIの初歩練習です。)

これを自分に都合の良いように利用するんです。

良いことを想像したら、実際に経験しているように思えてハッピーになれます。

昨日、ちょっと書いたことを思い出してみましょう。

私の朝の儀式。

・例えば、朝、起きたら、感謝の行をやります。

「今、私は、何に感謝しているだろう?」

散歩とかしながら、考えているとハッピーな気持ちになります。

・過去の自分の成功体験を想い出します。

良い感情が蘇りますね。

・今、現在の3つの「達成したいゴール」が達成できた時を

イメージします。

すごい達成感を先に感じることができます。

わかりますか?

脳の中にリゾートを作ってもいいですね。

私は、ちょっと前にハワイに行きました。

今は、帰ってきているのですが。

脳の中に「ハワイの幸せ」リゾートを造りました。

この中に入れば、実際にハワイにいた時と同じ感情を思い出せるんです。

私、温泉が好きなんですが。

温泉のリゾートもあります。

温泉につかった時の開放感、幸福感、快感。

温泉のヌメッとした暖かさ、陽光が入ってくる幸せな光景。

毎日、嫌なことを考えずに

こういった幸せで満たしていこう!

これが、「快適ライフ」コーチである私の主張です。

驚くべきことにこういう習慣をマスターすると

現実の人生でもうまくいきますよ。

困難な仕事に挑戦するエネルギーも湧いてくるんです。

「この仕事を終えれば、あのハッピーな時間が待っている!」

どうでしょうか?

その他にもいろいろとできます。

徐々に紹介していきますね。

「今日は、人生を可能な限り、快適化しよう」という快適ライフスタイル・コーチの

私の主張をおぼろげでも感じていただければ良いです。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.