資格や英会話より大事なもの

2018-11-16

 

おはようございます、山田です。

ちょっと前の変わった想い出。

その日、私は、新神戸にあるゴールドジムでトレーニングしました。

西宮北口の馴染みの寿司屋(安くて美味い)で、寿司を食べて、

駅のプラットファームに並びました。

一番前です。

電車が着いたので、私は、車内に乗り込みます。

あ、その時の私の格好。

リュックサックを背負い、片手に小さなカバンです。

私は、まず、小さなカバンを席に起き、リュックサックは、

いったん、電車の床におきました。

両手が空いたので、リュックサックを電車の網棚におこうとすると。

変な汚いおっさん(おじいさん)が、私の小さなカバンを横に置き、

そこに座ります。

小さなカバンの隣もガラ空きなんですけどね。

私「何すんねん。俺の持ち物やないか。」

変な汚いおっさん(おじいさん)「ここは、私が、毎日、座る席です。

カバンだけおいているあなたに座る資格はないです。」

と変なことを言います。

変な汚いおっさん(おじいさん)の格好。

一応、ドブネズミスーツですが、よれよれです。

靴下も靴もカバンも超安物で超古い。

頭は、ハゲていて、身体全体は筋肉がなく、虚弱児状態。

私ねえ、20歳代から、電車の同じ車内に座った乗客の素性を

推理することをやってます。

「名探偵ホームズ」ごっこ。

彼の素性を推理。

私の心の中「この一番前に座るということは、おそらく門戸厄神の住民。

服装をみると超貧乏、一応、スーツだから会社員か。

仕事は、清掃か警備員か簡単な肉体労働やろ。

年齢は、私よりも2歳ほど上、いや、ひょっとしたら下かも。

人生がうまくいってないようだから、老けている。

身体は虚弱、スポーツとか身体は動かしてない。

タバコくさいので、ヘビースモーカー。

60歳で働くのを辞めて、年金で悠々自適の夢が敗れたので、生きる気力がない。

性格が暗く、収入が少ないので、独身やろ。

楽しみは、小さな1ルームマンションで安い酒を飲み、テレビを観るだけ。」

果たして、彼は、次の門戸厄神で降りて行きました。

私の推理、だいたい、当たっているでしょう。

彼が降りたあと、私は、(面白かったので)笑みがこぼれてきました。

「変な奴やなあ。

よっぽどストレスがたまっとるのやろ。」

しかし、次の瞬間、一瞬、凍りつきましたよ。

「順当に行けば、私も彼のようになっていた!

もっと酷かったかもしれない!」

そう、54歳での私の身分は、サラ金アコムという最低の会社で、

身分も最低、非正規の契約社員でした!

毎年、お情けで「契約してやるよ!」みたいな感じ。

契約を切られたら、どこもいけない。

今の日本、世知辛いと言いますか、厳しいです。

仮に一部上場企業で働いていても

リストラは当たり前。

リストラされたサラリーマンは哀れ、40歳過ぎていたら、

普通の会社には務めることは極めて困難です。

仮に運良く会社に残れても。

今は、「無定年時代」です。

無定年とは?:日経ビジネスより抜粋。

「60歳で定年を迎え、悠々自適の余生を送る。

そんな時代は過去のものになる。

少子高齢化が進み、年金財政が逼迫しているからに他ならない。

年金を受け取る年齢は上がり、受け取る金額が激減する可能性もある。

一方で、医療費や介護保険の自己負担は増していく。

生計を立てるために働き続けなければならない現実が迫る。いわば、定年がなくなる「無定年」時代の到来だ。

老後を年金だけに頼れない時代に、どう生き抜くか。

これからの働き方を考える。」

いろいろと考えてみると

「ああ、俺も危なかったなあ。」と思えてきます。

私がラッキーだったのは。

メンタルトレーニングと目標達成法をマスターしたこと。

そう、いろいろな資格や英会話をマスターするよりも

「メンタルトレーニングと目標達成法」の方が大事だ!

今は、心からそう思います。

実際、司法書士とかの資格を取っても

何もならない方が多いですから。

特に中高年になると意味がない。

私の親父、60歳前に「宅建」の資格を取得。

でも、一生、使うことなかったです。

60歳ごろまで実務経験0の人間、使えないです。

私の場合、メンタルトレーニングは、(いつも述べているように)

筋肉トレーニングの成果を上げるためだけにマスターしたもの。

それが、44歳の時、「人生を変えるためにメンタルトレーニングを使いまくろう!」と

決断して、現実の人生で試行錯誤する日々になったんです。

我ながら、大英断でした、この決断のおかげで、後半生は別人のものとなり、

「素晴らしきかな、人生」となりました。

メンタルトレーニングを使った目標達成法も実際の「戦場」でマスターできました。

本当、よかったです。

ご機嫌なところで、現実の人生や筋肉トレーニングで、

メンタルトレーニングを「どう使っているか?」

詳しく書きます。

明日。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.