最近の私の反省

2019-02-06

おはようございます、山田です。

最近の私の反省。

午後も仕事する時が増えてきた。

クレジットカード決済の導入とか

facebook広告の修正とかで、

ついつい、時間を取り、午後もやることが

あったのです。

ダメ、絶対!

私には向いてないのですね。

(個人差はあるでしょうが、自分の場合、

絶対に午後は働かない方が良い。

経験則です。)

朝はゴルゴ13、昼からは浮浪雲。

これが自分にはぴったり。

理由とか。

過去のメルマガに書いてます。

私は、「午前中に3時間から4時間だけ、ひとつのことだけをやる」ようにしています。

午前中の仕事も「25分集中、5分休憩」のポマドーロテクニックを使います。

また、普通に朝食を食べていてもパンとかおにぎりを補給しながら午前中は仕事します。

あ、午後も引き続き、軽い仕事をするのですが、重要なものは午前中で終わり。

午後はダラーとしています。

あまり、集中力がいらない単純作業とかFacebookとかをやっています。

例えば、動画撮影の日。

午前中に撮影のスクリプト(台本)を集中して作成します。

これが一番、大事ですから。

5本とか書くこともあります。

昼食、昼寝後に撮影。

撮影にはそんなに集中力はいらないです。

普通にしゃべれば良い。

スクリプトがきちんとしていたら、すぐに終わる。

あとFacebookとかメール処理。

これで終わり。

2時半とか3時になれば自由時間。

ゴールドジムでトレーニングとか漫画喫茶に行くとか遊びの時間です。(ゴールドジムでのトレーニングは私にとっては楽しい遊びです。)

「山田さん、めちゃ楽そうな1日やなあ。」

はい、楽です。

なぜ、こんなスタイルにしているのか?

その理由は?

私が「チーターの法則」と名付けたもの。

私は、猫科の動物が好きです。

虎とかチーターですね。

私の働き方も「チーターのように」しているのです。

・チーターは獲物を狩るときは一直線に疾走する。

方向転換とかジグザグに走ったりしない。

獲物に向けて一直線。

・人間も「ひとつのこと」に向けてダッシュすることだ。

そして、休息すると良い。

理由。
普通のサラリーマンは、「1日にひとつのこと」ではなく、マルチタスク、いろいろな仕事をしています。

これ、脳にはめちゃくちゃに過酷なのです。

ある「ひとつの仕事」をしていたひとが「別の仕事」に切り替えると25パーセントから100パーセントも時間が無駄になるそうです。

脳は新しい時間に順応するのに時間もエネルギーも無駄遣いするのです。

それなら、「1日にひとつだけ」仕事するのが最も効率的ですよね?

さらに。

・チーターは、1日に何回もダッシュしたりしない。

・だいたい、寝転んで瞑想している。

・ただし、獲物を手に入れるときは、地球上のどの動物よりも早く走り、獲物を手に入れる。

・そして、また、、寝転んで瞑想している。

・人間も同じ。

1日、だらだらと8時間とか12時間も働いていると能力が落ちてくる。

・集中できるのは1日に4時間くらい。

だから、私は「チータのように」。

短距離ダッシュ、休憩、短距離ダッシュ、休憩を繰り返しているのです。

「仕事はマラソンじゃない。短距離ダッシュの繰り返し。」

これについて、面白いエピソードがあります。

ちゃんとした心理学の成果です。

・イスラエルの刑務所で、受刑者の仮釈放を決めるひとのパターンの研究です。

・言うまでもなく、「仮釈放するか、しないか」は骨の折れる決断です。

受刑者の人生を左右するのですから。

・平均すると1人の判事が仮釈放を認めるのは3人に1人。

・でも午前中に審議を受けた受刑者が仮釈放を認められる確率は70%もあります。

・午後の遅い時間に審議された受刑者が認められる確率は10%未満。

ひどい話みたいですが、これは仕方ないのです。

・意志力が消耗すると決定ができなくなる。

・意思力は疲れてくると決定を避けるようになる。

つまり、現状を維持すること。

受刑者は刑務所に入れたままにしておく。

・ただし、休憩してブドウ糖を補給すると意思力は回復する。

・朝の8時50分に審議された受刑者の仮釈放は100パーセントに近くなるそうです。

・10時過ぎになるともう疲れてきて、15パーセント。

・10時半の休憩でサンドイッチと果物をとると。

休憩直後は70%になる。

以上を踏まえて、私の仕事スタイルは決まりました。

これが一番しっくりときます。

「私は、「午前中に3時間から4時間だけ、ひとつのことだけをやる」ようにしています。

午前中の仕事も「25分集中、5分休憩」のポマドーロテクニックを使います。

また、普通に朝食を食べていてもパンとかおにぎりを補給しながら午前中は仕事します。」

サラリーマンの方も参考になると思います。

マルチタスクはしない、ひとつのことだけをやる、休憩する、糖分を補給する。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.