ユネスコへの寄付、11年!

2019-08-11

おはようございます、山田です。

私、年に2回ほど、メルマガで、

ユネスコへの寄付を募ります。

私のメルマガの恒例。

私自身は、「マンスリーサポート」というのに入って、11年。

不思議ですが、この寄付のおかげで、成功できたと思っています。

「山田さん、変なことを言うな!

寄付したら、お金が減るやん。

損するやん。」

こういったこじんまりとしたスケールの小さい考えの方は、

ずっと低空飛行の人生を続けましょう。

私なりに考えた「寄付をすると人生がうまくいく理由」です。

・私が寄付をすると世界の子供達が(一部であっても)救われる。

尊い団体の一員だと言う気持ち、これが強くなる。

はい、「尊い団体の一員だ!」という気持ち、毎日、味わってます。

・私がお金を稼ぐと。

そのお金の一部は寄付になるので、より多くの子供が救われる。

「お金を稼ぐ罪悪感」、なくなります。

以下、去年のメルマガに加筆訂正したものです。

数週間前にユネスコから、私の家に「プレゼント」がありました。

10年前に始めたユニセフへの毎月の寄付、「10年の感謝の気持ちを込めて」と嬉しいプレゼントが届きました。

10年前に独立、自分の会社を設立と同時に始めました。

当時は、とても貧しく余裕もなかったのですが、「貧しい人間が寄付することに価値がある」

とメンター(仙人さん、Mr.X)に諭されて、続けてきました。

人間、どんな時でも「優しい真心をなくしてはいけない」と思っています。

今、やってよかったと心から思います。

ずっと続けます!

ちなみにユネスコからのプレゼントの中身は、世界中の子供達のフォトカードでした。

子供は、本当に国境関係なく、涙が出るほど可愛い。

日本ももっと子供を育てやすい環境にしていたら、
今のように経済の着実な衰退はなかったろうな。

たまに

「私は、経済的に貧しく余裕がないので、できません。」という方がいます。

私が始めた時は、経済的には大変でしたよ。

「最初は、梅田の合同衛生(ごみ屋さんの会社)にバイトに行こうかな?」とか
考えていたくらいです。

自分が貧しいときにやるのに価値があると考えます。

また、不思議なもので、寄付をするとお金が入ってくるような気がします。

「俺がお金を儲けると寄付をするので、世界の子供が少しでも助かる」と

考えるとお金を稼ぐ罪悪感とかなくなりますね。

聖者のような清らかな心でなくても良いので、

私のように「寄付をするとお金が入ってくる」という発想で良いので、

寄付を始めましょう!

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.