山田さんは怖い人だと思っていたのですが。

山田です。

昨日と今日、たくさんの方と面談しました。

全員、初対面ですが、旧知のような感じで話ができました。

「山田さんは怖い人だと思っていたのですが、意外に普通でした。」と言われました(笑)

世の中は狭いというか、例の鄭クリニックの先生の消息も聞くことができました。

なんと、先生は、2年前に死なれたそうです。

合掌。

ガンだったそうですが、自分で全ての身辺整理をして、あの世に行かれたそうです。

鄭先生は、ある意味で、私の恩人です。

先生の誤診→死を覚悟して、人生を反省、後悔→5週間の入院→退院すると仕事がなくなっていた→暇に任せて、WEBページ作成→当時の社長に認められて、ネット専業に。

まあ、こんな感じです。

死を覚悟したとき、いろいろと考えました。

「人生の大きなリスク」とかも考えたのです。

今回の面談でも多くの方が。

「ノマドの生活、メチャクチャに羨ましい。」

「やってみたい。でも、リスクがありますよね。」

とおっしゃっていました。

私は、「独立はリスクが大きい」とは考えていません。

むしろ、「定年まで、会社に縛られて、自分の好きな人生を送れない。」というリスクのほうが大きいと考えています。

これは、死を覚悟したときに真剣に考えたことです。

鄭先生の最後の話を聞いて、こんなことを考えていました。

「人生は、あっという間なので、好きなことをして暮らすべき」

こう思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

山田豊治

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.