オンラインビジネスモデル塾準備期


やりがいを感じながら突き抜けた年収が欲しい!

それならば、

『堅実に1堅実に10億円稼げるオンラインビジネスモデル』を紹介しましょう!



「ずばり、お金が欲しい。

でも、仮想通貨とかFX とかネットワークビジネスとか不動産投資はなあ、、、、、、、、、、、、。

家族や知人にも胸を張って言える、

なおかつ堅実に収入が伸びていくビジネスモデルがあればな あ、、、、、、。」

と悩んでいませんか?



実は、「堅実に10億円稼げるオンラインビジネス」があります。

それは、私のやっているリストマーケティングを活用した教育ビジネスです。




教育ビジネスと聞いて

もしかしてあなたは下記のようにビビってないですか?


「ええ、大学の教授とかじゃないと無理でしょ?」


「よく知ってるのは、ずっとやってきた仕事のことだけ。

ああ、それと趣味の▽▽は教えられるな。

それくらいだなあ。」


「俺は他人に教えるような特別な技能はないよ。

『教育』ビジネスなんて、俺には無理。」


大丈夫です。


教育ビジネスと言っても学問的なものばかりでは

ないです。


実際、私も最初は(今もやっています)大好きな筋肉トレーニングの教育ビジネス から始めたのです。


私は、体育の専門大学を出たのでもなく、ボディビルの大会(ミスター関西で7 位)での実績があるだけです。


一流でなくても良いのです。


さらに。


自分のノウハウだけを教育しても良いのですが、慣れてくれば、優れた他人とタイ アップしても良いのです。


「テニスが大好き、でも、そんなに強くないし、人に教えるレベルではない。」


こんな人は、最初から、優れた他人とタイアップしたら良いのです。

(最初は、「ちょっと上手」レベルの友人で良いのです。)


優れた他人とタイアップする方法。


その秘密の方法は私が教えします。


ノウハウを知ると拍子抜けして、「ええ、それだけえ?」とびっくりされるかもし れません。


でも、実際に使うメールとか手紙も公開します。


すべてを知れば、「ああ、なるほど、これならば、断る先生はいないなあ。」と納 得できます。


誰でも情熱のある分野なら、プロとタイアップできるのです。


実際に私は、いろいろな分野の方と組むことができました。


ヨガの大先生で著書600冊の藤本憲幸先生と組んだり、

新日本プロレスのトレーナー、トヨタやパナソニックを顧問先に持っていた伝説の コンサルタント、英語の指導では「日本一」のレベルの「先生、ボディビル全日本2位の方、総合格闘技のプロETC、、、、、。


私は、特別な人脈はなく、サラリーマンでした。


それもサラ金のアコムの契約社員だったんですよ。


人脈も社会的信用も0でした。


わかりましたか?







安定と成長兼ね備えたオンラインビジネスモデル


私の幸運は、偶然の機会から、メンターであるNさんを師匠にできたこと。


それ以降の私の変身ぶり。



数百万円の借金で小遣い0円。

月の収入が1000万円を超えることもあります。


朝の6時から深夜の11時半まで働きづめ。

1日労働時間1時間程度で、

朝飯前に仕事が終わることが多いです。


30年以上のサラリー マン生活で、2日間以上も旅をし たいのは1回だけ。

毎月、日本や世界の各地に旅して、素晴らしい人生を過ごしています。


毎日、いやないやな満員電車で会社に通ってました。

完全に満員電車とは縁 を切りました。


年中.慢性の睡眠不足。ただ、思い切り、眠りたかった。

今は寝たいだけ眠れる生活です。

脳は、フル回転するようになりました。



「人生、やるかやらないか」だけ。


私は、この手紙が書けることが最高の幸せです。

なぜならば、私の知っている最高のオンラインビジネスを公開できるからです。


昔の私のように現状の生活に困難を持ちながら、実際には何もできていないあなた へ向けて書いた手紙です。


リストマーケティングを使ったオンラインの教育ビジネスは、安定と成長を兼ね備えた素晴らしいビジネスモデルです。


実際に私は世界中のオンラインビジネスを調べたことがありますが、このビジネス モデルだけが安定と成長を兼ね備えています。


堅実に確実に10億円稼げるオンラインビジネスです。


この教育ビジネスの素晴らしさををを示しますので、5分だけこの手紙を読み進めてください。














実際の成功例の紹介


リストマーケティングをフルに活用した教育ビジネスは、どんどん成長してきてい るのです。


経営分野で有名なピータ・ドラッガーは、「大学教育は衰退するだろう。」と予言 しましたが、大学教育に代わるのが、インターネットを使った教育モデルです。


だから、世界でぐんぐんと伸びているのです。


その一部の例です。


英語圏のメルマガ「EARLY TO RISE 」は、この教育ビジネスの一つですが、メルマガ中心で、年間数十億円も稼いでい ます。


私のアイドルであるマット・フューリィもクレイグ・バランタインも個人で、事務 所も社員も持たずに年間で10億円以上も稼いで います。


エブン・ペーガンという方、仙人さん(Mr.X)の師匠ですが、一人で年間30億円も稼いでいます。


完全なオンラインだけではないですが、英語圏のメルマガ「EARLY TO RISE 」の親会社「アゴラ」は、なんと年間で600億円の売り上げです。

粗利もかなり大きいので、今や青息吐息の日本の一部上場企業よりも(利益で見る と)優良企業と言えるでしょう。


これほど大きな可能性がありながら、リスクがほとんどないのです。


極端な話ですが、マット・フューリィもクレイグ・バランタイン、エブン・ペーガ ンも固定費は、「メールマガジンのスタンドの使用料だけ」です。

月に数万円と言う話です。


絶対に資金繰りで悩むこともないし、倒産とかありえないビジネスです。


「うーん、素晴らしいですね。


でも、彼らはオンラインビジネスに向いた天賦の才能を持った人たちでは?


しかも英語圏の方なので、実感がわかないですよー。」


いやあ、そうですねえ。


わかります、英語圏は別世界みたいに感じますね。


それでは、日本で私の知ってる例を挙げましょう。












ごく普通の方が生まれ変 わった例をあげましょう。



先ほど述べた私のメンター、Nさん。


私だけでなく、計7人ほどの兄弟弟子がいました。


全員が「月に100万円以上の月収を達成」しています。


全員ですよ!



たったの3日間で月間売上1000万円超の教材を作成した!



その中でも急速に伸びたMさんの例。


私の兄弟弟子Mさん。


彼は、現場に連れて行かれて(Nさんの会社)、


そこで、実際に目の前で全て見せてもらったのです。


詳しく話しますね。


あるセミナーでNさんと出会った私の兄弟弟子Mさん。


当時、27歳くらいで、アルバイトで生活をしていました。


(彼は、いろいろなビジネスをやっても負け続けでした。


天才ではなかったのです。


私や大多数の方と同じ凡才です。)



Nさんに強い印象を 持ったMさん。



「(ビジネスで)負け続けの人生を逆転するには、この人に弟子入りするしかな い。」


彼は、なけなしの大金をNさんに支払い、Nさんの会社の事務所に行くことを許されました。


やることは、Nさんの事務所で3日間の合宿です。


朝から晩まで。


そこには、数人の社員さんが働いていたそうです。


Nさんは、私の兄弟弟子に全てを見せてくれたそうです。


コピーライティングの書き方.それも実地で実際に書いてるところを見せてくれた のです。


メルマガの書き方.それも実際に書いてるところを見せてくれたんです。

教材の作成法.それも実際に作ってるところを見せてくれたのです。

専門家にタイアップするメールや手紙も実際に見せてもらったのです。


つまり、テンプレートの公開です。


広告の出し方も実際に作業しているところを見せてくれたんです。



「百聞は一見に如か ず。」


このことわざは正しいのです。


いくら本や教材を読み込んでも


実際の戦場でやっている生の仕事を


目の前で見せてもらうのとは、全く別なんですよ。


私の兄弟弟子は、Nさんの会社に到着した日は、


オンラインビジネスの完全な素人でした。



しかし、3日目の夕方には自分でセールスコピーが書けたのです。


そして、教えてもらった広告を使って、早速売り出したのです。


なんと広告を出して、数分もすると最初の1本が売れたのです。


10分後には2本目、どんどんと売れていきます。


びっくりすることにどんどん売れて売れたそうです。


長い話を短くすると。


翌月からはその教材は月に1000万円以上コンスタントに売れていったの です。


それだけでなく、Nさんの会社で教わった通りにいろいろな道のプロと組みんだのです。


私の兄弟弟子Nさんは、2年間で4億円の売り上げを達成しました。


もう一度繰り返します。


私の教材弟子は、教育ビジネスの素人だったのです。


それが3日間で生まれ変わったのです。。


その秘密は、実地で目の前で作業しているところ見せてもらったからです。


こういうふうに目の前でパソコンで作業してるところを見せてもらうと躍進が始ま るのです。


モデリングも簡単になります。


安心できたでしょうか?


あ、もし、「いろいろな分野の専門家と組む」のが(簡単ですが)、


心の壁になるなら、自分の持っているもので教育ビジネスをやったら良いのです。


あるいは、サラリーマンの方なら、自分の専門業種のコンサルタントが良いかもし れません。


集客とかの大事な部分を応用するなら、どんなビジネスにも「つぶしが効く」学び となります。



納得していただけたでしょうか?



私の自己紹介を少しだけ。


ここで、ちょっと私の自己紹介をさせてもらいます。


多少、自慢話めいたことも話しますが、これは私を信頼してもらうためには必要な ことですので、お許しください。



はい、私の名前は山田豊治と申します。


私は、インターネットのビジネスを始めてから18年にもなります。


18年前は、私はとて も貧しかったのです。


しかも借金まみれです。


若い頃から、いろいろな会社を転々としました。


最後は、サラ金のアコムの関連会社で「契約社員」でした。


つまり、サラリーマンとしては最下層、年収も400万円台。



9年前に独立した 私。


最近では、月収が 1000万円を超えることもあります。


(最高は1700万円で す。)


思えば遠くに来たものです。


まさに「インターネット夢物語」です。




今、私の仕事は朝飯前に終わることが多いです。


間違いないです。


朝飯までに終わることが多いのです。


セミリタイアですね。


私がセミリタイヤと言える仕事ぶりを可能にしているのは。


私が、すごいスピードで仕事ができるようになったから です。


私は、最初の師匠Nさんと出会ってから、たくさんの方にメンターになっていただき、自分のスキルを 伸ばしてきました。


ライティングのプロのWさんからもいろいろと教えてもらいました。


いわゆるコピーライティングだけでなく、ブログやメルマガに使えるライティング も学びました。


さらにメルマガライティングは、アメリカのマット・フューリィの英語音声の教材 を購入して学びました。


コピーライティングだけでなく、ブログやメルマガでもプロとなった私は、私のラ イティングを「ハイブリッドライティング」と名付けています。


その他にもいろいろな知識を複数のメンターから学びました。


これが、大きな財産となっています。







最初のメンターとの出会い



私の最初の師匠Nさんは(今はシンガポール住んでますが)年に10億円も稼いでいます。


私の師匠のNさんとの出会いは10年以上も前のことです。


ある日、私の師匠から一通のメールが来ました。


それまで、1面識もなかったのです。


「いつもブログを楽しみにしています。」という友好的な文章でした。


師匠のNさんは、有名な平秀信さんや仙人さん(ミスターX )の友人でした。


師匠のNさんからメールが来た時、「俺には手取り足取り教えてくれるメンターが必要 だ。」と悩んでいました。


Nさんからのメール を読んだとき、私は大きな決断をしました。


「この人こそ、私のメンターとなる方だ。」


「どれだけお金がかかっても良い。


この人からネットビジネスを学ぼう。」


当時の私はサラリーマン、副業のネットから少しばかりの収入がある状態。


とても貧乏でした。



しかし、「全てを捨ててもこの人に教えを請わなければいけない。


自分が今の壁を打ち破るにはそれ以外にない。」


そう思いました。


(今思えば大正解でした。)


不思議なのですが、Nさんの力を疑う気持ちなんか全くありませんでした。


Nさんは、私からの 「弟子入り」の申し込みを聞いて、びっくりしていたようでした。


しかし、「山田さんなら、OKです。」と快諾してもらえました。


6ヶ月ほどのマン ツーマンの指導のおかげで、私の躍進が始まったのです。



今、胸に手を当てて、当時を振り返ると。


Nさんに巡り会えたのは幸運だったなあ。」と思います。


はい、天才にマンツーマンで教えてもらったのですから。



最近もNさんは、仲の良いインフォトップの創業者、菅野一勢さんと組んで後進を指導され ています。


確か、数百万円と聞いたことがあります。


それもグループコーチングです。


私のようにマンツーマン教育とかありえないです。


今なら、年に千万円単位を支払っても弟子になるのは無理でしょう。



私が教えてもらっていた当時、Nさんには(私の他に)六人の弟子がいたそうです。


私と兄弟弟子を含めて、全員が「月収100万円」を超えたのです。

実を言うと続きがあります!



さらに学び続けた私



私の話、続きがあるのです。



メンターのNさんの導きで、先ほど述べた兄弟弟子のMさんと三ノ宮で会いました。



私は、最初に会った時にMさんの実績に圧倒されました。



私「なぜ、同じメンターから学び、俺の方が古いのに実績で負けるのやろ?


俺は、6ヶ月もマンツーマンで教えてもらったのにMさんは、3日間の合宿だけで成果を出した。」


いろいろと話を聞くと私と彼の差がわかってきました。


「そうか、Nさんは、実際にMさんの会社に行き、3日間という短期間だけど、現実の戦場でビジネスを学んだか らや。


リアルのビジネスの現場を実体験することが『制覇への道』や。」


でも、今更、私がメンターのMさんの会社に研修に行くことは無理です。


いろいろと考えたのですが、「Mさんと組んでもらって、一緒に仕事をするしかない。」と考えました。


私は、作戦を練り、実行していきました。


Mさんは、語学の関係(韓国語、中国語、イタリア語等)のDVDとかを売り、27歳で年商1億5千万円。


2年間では4億を 売ったのですね。



・しかし、英語の教材は、まだ、売っていない。

私は、英語の大先生(著書は100冊以上)にコンタクト。


Nさんに教えても らった方法を実行して、タイアップOKの約束を取り付け ました。→秘密でしたが、驚くほど簡単な方法です。


・「DVDは先生が作成、コピーは私が書く、広告の実務もやる。報酬は不要」とい条件でMさんに話を持っていく。



「え、なぜ、そんな気前のエエことを言うのですか?」とMさん。


「私は、実地でビジネスの全てを体験できるので大きな財産になる。」と答えまし た。


・私たちは、一緒に仕事をしました。


その過程で大きなものを私は学びました。


この後、私はさらに一皮むけて、Mさんに追いついていきました。




Mさんは、私と兄弟 弟子なんですけど、彼は、Nさんの会社で3日 間も合宿。



実際の戦場の雰囲気を肌で感じて、実際に作業している場に同席させてもらい、さ らには自分でも同じことを(目の前で見たことを)真似したのです。


これが大きな差だったのです。


(私は6ヶ月学び、彼はたったの3日間で成果を出していた。)



私は、「やはり、実際の戦場に身を置かないと学べない」と考えたのです。


それは正しかったのです!







ちなみに、多くの方が売られている【塾】は


ノウハウ=戦術を教えるだけです。



でもね、


「戦術は、多く見積もって全体の

10パーセントにしか 満たない。」と自分は思います。



「その下に戦略が30パーセント、土台にある

マインドセットや覚悟、考え方が60パーセントくらい。」


と思ってます。




つまり、10パーセントのノウハウを知っても、AさんとBさんは

全く違った結果になる。という理由は上記の違いです。



だから、100パーセントを知るためには現場を知らないと

いけない。


10パーセントを教え ても成功は無理なのを知っているので。









私たちは、なぜ、そんなにうまくいったのか?



・やはり、マンツーマン、少人数の教育が良かったです。


今、ネットのマンモス塾に入っても成功する方は一握りです。


動画とかPDFで「ノウハウ」を知っても実際の現場に応用するのは、素人には難しいですから ね。


・実例を目の前で見せてもらった。


私の兄弟弟子の例を考えてください。


私が兄弟弟子のMさんに押しかけ弟子になった例を考えてください。


「百聞は一見にしかず!」


これ以上、真実を表す言葉はないです。



日本人には優秀な人材が多いです。


実は、誰でも成功できる資質は持っているのです。


ただ、「目の前で見せてもらわない」とわからないのです。



どんなに感情が動く動画を見せられても。


どんなにモチベーションが上がる音声を聞かされても。


どんなに素晴らしいビジネスアイディアを聞いても。



現場に応用できるようになるには、「目の前で見せてもらう」以上のものはないの です。



これは、ネット万能社会 の欠点です。


やはり、「リアルで見せる」、アナログ的な教育も大事。


「率先垂範」ですね。



現場でリアルに学べる塾をやります!



私は、同じことをやろうと考えています。


4ヶ月間、月に2日(土曜と日曜)合宿。


そこで、私のパソコンを見せます。


1ヶ月ごとに関東、関西と交互にやります。


(来れない方には動画を送ります。


私のパソコン画面が見えるようにします。)



合宿に来て、


私がリアルに働いているスタイルをモデリングしてください。


塾を始めたら、鉄のカーテンをスルスルとあげます。


私が実際にどのようにして、素早くアイデアを作り、

素早く達人とタイアップして、

素早くセールスコピーを書いて、

素早く教材を売り出すのか。


すべてを公開します。




それを私がものすごいスピードで実行しているリアルの姿を同時進行で公開しま す。


「百聞は一見にしかず。」


私が実際に教材を作成してる様子。


私は実際にセールスコピーを書いてる様子。


私が実際にメルマガを書いている様子。


これを見てください。




ちょっと想像してみてください。


朝、布団から起き上がれますね。


その間に3時間のうちに新しく売り出す教材のアイデアを頭の中に思い浮かべる。


そして、48時間以内に教材を作成して、それをインターネットで売り出す。


もし、あなたがこういう稀な能力を持っていたとしたら、人生そのものが、がらっ と変わると思いませんか?


簡単にお金を生み出す力。


欲しいものがいつでも買えるようになりますよね。


好きな事をやる時間もたっぷりできるようになります。


世界を旅することができます。


つまり、私のように働いて、私のように生きるということなんです。


あなたは、1日の大半の時間をリラックスした静かな時間で過ごせるようになるんです。


トレーニングの時間、友人と過ごす時間、読書の時間、興味深い動画を見る時間、 家族と過ごす時間、自己催眠と瞑想のための時間その他。


プラスにプラスが積み重なる静かな素晴らしい人生!


人生が変わります。


他の方のように


「労働.働く.労働.働く店」の生活から


「働く、遊ぶ.学習.遊ぶ.トレーニング.遊ぶ.自己催眠と瞑想.遊ぶ」


こんな人生に変わるのです。



あのですね、


スピードと成功は仲良し です。


2ヶ月ほど前のこと です。


私は、ある生徒さんに言いました。


私は、「2日間に一つの割合で新しい教材を作成することができる」と言ったのです。


アイデアを出して、セールスコピーを書いて、教材を作る。

これを2日間以内でできると思っています。


これは、私の頭の中にあるアイディアを教材化する場合。


さらに、いろんな分野の専門家と組む本格的な教材も。


1週間に一つずつ作 成できます。


売れる専門家さんを素早く探して、


素早くタイアップして、


素早くコピーを書いて、


素早く売り出す。


それを1年間続けることもできます。


お客さん「驚異的なスピードですね。

うらやましいですね。」


はい。


正直に言って、ちょっと背伸びしすぎたかもしれません。


1週間に1つ、は厳しいかもしれないです。


でも、本格的な教材も2週間に一つなら確実にアップできると思っています。


(教材の中身は専門家さんに作ってもらいます。)


ちょっと想像してみてください。


1、2週間に一つではなく、「1ヶ月か2ヶ月に一つ、それも特定の分野のプロの 作成する教材」を作る。


(もちろん、自分の頭にあるアイディアを教材化しても良いですね。)


こんな能力があったら、新しい世界が開けますよね。


ほしいだけの金が稼げます。


今、住んでいる地球が天 国になります。


そう、間違いなく天国になります。


標準的な教材なら、先ほど言ったように2日間でコピーも書いて教材も作成して、取り出すことができます。


専門家と組んだ本格的な教材も1週間か二週間あれば作成することができます。


そう、メルマガを書くのもセールスレターを書くのもすごいスピードで完成させる ことができます。


もちろん、私も最初そうではありませんでした。


例えば、ブログの記事を書くことさえ時間がかかりました。


1時間とか2時間ね。


メルマガの記事を書くときもそうでした。


(今は15分ほど出かけること多いです。)


なぜならば、誰も教えてくれなかったからです。。

もし、モデリングする人は最初からいたら。

話し合っ別のものになっていたでしょう。。


ラッキーなことに私は比較的早期に手取り足とり教えてくれるメンターに出会いま した。


Nさん。


メールのやり取りを通してですが、毎日のように教えてもらいました。


ただ、実際に会えたのは数年経ってからです。


もし、最初のうちから.目の前で実際にパソコンを使ってやっているリアルを見せ てくれていたら?


私は、もっともっと早く躍進することができていたでしょう。


私はたくさんのセミナーに出ました。


でもね.マンモス塾とかのセミナーは、概念とか戦略を教えてくれんだけだったん ですよ。

もちろん、概念とか戦略は大事ですよ。


最近、ある方の教育ビジネスの音声セミナー(セミナー会場で音声を流す)に来た 方達の感想を聞きました。



「人生が変わりました。」


「全力で教育ビジネスに精進します!」


みなさん、希望に顔が輝いてました。


素晴らしい!



でもね.「実際の戦場で、パソコンを使ってどういうふうにやるのか?」目の前で は見せてくれなかったんです。


多分、音声セミナーを聞いて、モチベーションが上がりまくった方達。


一人になると愕然とするのではないでしょうか?


「じゃあ、具体的に何をしたらいいのだあ?」


ある方はこう言ってました。


「もし、山田さんが目の前でパソコンを使って実際に作業してる場面を見せてくれ たら、自分はあっという間に真似できるのに。


すぐに躍進できるのに。」


そう.実際に目の前で作業している様子を見せてもらえる。

これは素晴らしい教育となるのですね。


(私が教える堅実に稼げるオンラインビジネスとは教育ビジネスです」)の






モデリングパワー



もし、あなたあなたがよい教材を提供する塾に入った。


あなたの学びは加速するでしょう。


でも、私の教材でやったように自分の目の前で実地でやっていることを見せても らったら、あっという間にプロになれるのです。


これが本当のモデリングなのです。


想像してみてください。



・私が実際にアイデアを作ってそれを教材に落とし込んで実際に作っていく様を目 の前で店も多数見せるのです。


・どうやって素晴らしいor アイデアを出しているか?


・さらにどうやってリサーチしてアイディアに肉付けしているか?


・私が簡単なマインドマップを書いて、教材の作成を準備するか?


・私がそれのセールスレターをどういうふうにして書いているか?


・どうやって点その教材の名前をつけるか?


・ハイブリッドライティ ング、セールスレターとブログやメルマガは書き方が違います。


両方を上達させる方法。


・どういうふうにして、その教材の価格を決めるか?


・どうやって特典をつけるか?


・私がどうやってメルマガで宣伝するか?


・私がどうやって音声を録音するのか?


・私がどうやってビデオを作成するのか?


・私がコピーを書いたり、メルマガを書いたり、教材を作成している時にどういう ふうに集中して、リラックスするために歩き回っているのか?


そのすべてを目の前で見ることができます。


・私が仕事に取り掛かる前にどういうふうな呼吸法を採用しているか?


・私が仕事に取り掛かる前にどんなイメージを心の中の劇場に描いているか?


・もし、私が失敗した時にどういうふうに反応しているか?


・私がどういう風に働いて、休息してリラックスするか


・大量の仕事を短時間でこなすために

私がフロー状態に入って実際に教材を作成してる様子


・その他全て



まとめると。


自宅学習用にオンラインの「会員ページ」があります。


ここで、基本を勉強、それでもわからないものを対面のセミナーで

補足します。

これが基本です。


月に1回、土曜日、日曜日の連続合宿。


関東、関西と2ヶ月連続。


もし、これない場合は、動画を送ります。


あ、もちろん、これ以外にも(コピーライティング、リストの集め方、ポジショニ ング、ブランディング、メルマガとブログライティング、アイディアの集め方、秘密のタイアップ法、広告等)の動画を集めた会員制ページも作成します。


さらにチャットワークで、毎日の作業を日報で報告してもらう(いやでもやらない といけない)ということもやります。


質問があれば、ここに投げてもらえたら、毎日、答えます




はい、私のやろうとしている塾の概略は、ここまでです。


もっと詳しく知りたい方は、下記の説明会に来てください。


実際に「どういったものか?」を体感してもらう説明会です。


「これは素晴らしい!


山田さんのようになりたい!」と思ったら、入塾してください。


自信があります!



私のように「50歳過ぎたら、悠々と『日々是好日』生活」の実践を可能にする


「オンラインビジネスモデル塾」の説明会をやります。


コンサルタントやリアルのビジネスの方にもそのまま応用できます。


私は、一般のサラリーマンの方は本業の関連のコンサルタントに移行するのが


賢いと思います。


運輸業で働いているなら、運輸業のコンサルタントとか。


鍵となる集客とかが「オンラインビジネスモデル塾」でマスターできます。




さて。


申し込みは?




「オンラインビジネス塾」は、準備期と鍛錬期に分かれます。




「オンラインビジネス塾」準備期のカリキュラム。


・まず、一通り、自分ですべての工程をスピーディに経験してもらう。


・コピーライティング。


・教材の作成準備。


アイディア出し→基本の形を練る→テキスト、音声、動画のシナリオ。


・教材作成。


・売り出してみる。


・メルマガ、ブログを書いてみる。



「オンラインビジネス塾」鍛錬期のカリキュラム。


・ランクアップしたコピーライティング。


・売れる教材を作成する。


・タイアップの希望者に:プロの探し方。


・プロとの交渉法。


・本格的に売り出してみる。


・広告の使い方(大事。)



その他にスカイプでのコーチング、パソコン持参でのカフェでの指導(セミナーの 前後にもyります。)等の至 れり尽くせりの個別サービスあり。


・鍛錬期は、準備期を終えた方のみ参加できます。


特殊な事情がない限り、準備期と鍛錬期を同時に申し込んでください。





「オンラインビジネス塾」準備期の実施日と実施場所。



2017年12月16日(土曜日)及び17日(日曜日)13時から17時。


住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-3-5 池袋伊藤ビル 5階~10


アットビジネスセンター池袋駅前 本館 802号室


http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/honkan.html



「オンラインビジネス塾」鍛錬期の実施日と実施場所。



2018年1月13日(土曜日)13時から17時。


住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-3-5 池袋伊藤ビル 8階


アットビジネスセンター池袋駅前 本館 802号室


http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/honkan.html



2018年1月14日(日曜日)13時から17時。


アットビジネスセンター池袋駅前別館 802号室


住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル 8階


http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/bekkan.html





以上の



「オンラインビジネス塾」準備期の価格は、


150,000円です。


ちなみに


「オンラインビジネス塾」鍛錬期の価格は、


149,700円です。


「オンラインビジ ネス塾」鍛錬期はこちら!



なお、準備期と鍛錬期を同時に申し込んでください。


ご購入はこちら




山田豊治



特定商取引法によ る取引






山田豊治