Archive for the ‘スロートレーニング’ Category

個人が会社超える時代がきました

2012-09-20

今日のお昼に与沢さんが「笑っていいとも」に出ていました。

 
なんか凄まじい勢いで進化されています。

 

「ホリエモンの再来」ではなく、ホリエモンを超える存在と私は思います。

 

与沢さん一人で大企業が束になっても不可能な利益を出しています。
インターネットは、ほんとに世界を変えていきます。

 

本も靴もファッションも食料品、美味しい魚とかもネットで買えるようになっています。

 

ちょっと前まで、腕のいい漁師でも普通の人生をおくっていました。
今は、北海道の腕のいい漁師さんがネットで日本中に

新鮮な魚を売り、大成功する。⇒こんな時代になりました。

 

筋トレの世界もそうですね。
私が始めてウェイトトレーニングに触れたのは。
11歳、小学校六年、「奥書店」という田舎の本屋でした。
「ボディビル」という雑誌の最終号を読んだときでした。
ベースボールマガジンから発行されていました。⇒売上不振で廃刊。

 

この雑誌を買い、「筋肉」に興味を持った私は、筋トレ関係の本をガンガンと買いました。

 

しかし、著者は同じひと、窪田登さん。
窪田先生は。
重量挙げでオリンピックに出て、早稲田大学教授、国立競技場トレーニングセンターの主任。
エリートだったのです。

 

当時は、公式に認められた人しか情報を発信できない時代でした。

 

しかし、今は上記の「北海道の漁師さん」のように個人でも大きな力を持てる時代です。

 

鳥取の天才カイロプラクターの長田先生もそうですね。

 

4月からブログを書いているだけなのに全国からパーソナル希望者が

鳥取の田舎(失礼)まで押し寄せています。

 

普段は診療の合間に1日に2人だけ、診療休みの木曜日は1日中。
こんな感じでパーソナルをやられているのですが、一ヶ月以上先まで予約済みです。

 

あの、その、デザインとかは全く気にされていないし、特にアクセスアップもされていないです。

 

それでも私のメルマガ読者で財前式トレーニング体験者の方のうちの数名が、
先生のパーソナルを受けに行っています。

 

そもそも私も彼らに先生の存在を教えてもらったのです。
蛇の道は蛇、自然に長田先生のブログを見つけたみたいです。
「科学的で分かりやすくポイントをおさえて教えてくれます。

だから、すぐに理解できますよ。」

 

先生のパーソナルを受けにくる人たちは。

 

「年齢的に高重量が扱えない
怪我で高重量が扱えない

でも身体的向上を目指したい

パーソナルを受けられる3割くらいがこのような方です。

初心者、中級者の方が6割
上級者の方が1割くらいでしょうか
怪我でこれまで扱っていたような重量が扱えなく、種目
、重量に制限が出てしまうと、どんどんサイズダウンしてしまう
人は多いと思います。
筋肉の使い方、動かし方が解ってないのです。
初心者が扱うような軽重量でも、筋肉を動かし、収縮・伸展
させる事が出来れば筋発達は起こります。

他には高重量は怪我のリスクが高すぎる
高重量でやっているが思った効果が得られない等
理由は様々

スキルアップしたい、身体的向上、弱点克服、現状打破・・
目的はほぼ共通しています」
今日も私は先生のブログの肩のトレーニングを精読していました。
http://carenagata.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

 

実は、私自身も「肩がでかくなったなあ。」と鏡を見る度に思っています。
また、最近、腹八分目に食事をしているの2.5キロも体重が増えています。
しかし、久しぶりにベルトをすると。
「前よりも少しウェストが細くなっている。」
57歳ですよ、私。
とても嬉しいです。
Facebookでは最近の写真を公開とかしています(笑)

 

そう言えば、私自身も最初の躍進のきっかけは、、、、、、、、
昨日、紹介したホームページを作成したことでした。
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/4063/tops.html
しょぼいでしょ(笑)
でもね、デザインは関係ないのです。

 

個人が情報発信できる時代、なにか発信してみませんか?
ただし、「今日は彼女と映画に行きました」みたいなつまんないのは駄目。
役立つ情報を発信します。

 

最初は「小さなステップ」でも人生が変わることがあります。
私のおすすめは、アメブロ以外のブログとYouTube。
つまり、「動画革命」です。
http://123direct.info/tracking/af/466752/eUP42KqC/
私もガンガンと動画を撮り、公開していきます。

 

「個人が会社超える時代がきました」でした。

 





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

ファンクラブができました!

2012-09-19

山田です。
 
1週間ほど前の昼下がり、私はティップネス宝塚にいました。
トレーニングルームでは、私のお気に入りの女性スタッフが

プロティンの試飲をしていました。
私「イチゴ、カカオ、バニラ、全部、俺にくれ!」
あつかましい私(笑)
スタッフの女性が笑顔でプロティンをくれたのですが。
邪魔が入りました。

 

「スロートレーニングを日本に最初に紹介した山田さんですね?」
「ご活躍の様子、よく存じています。」

 

トレーナーのAさんです。
スタッフの女性は、突然の展開にビックリしています。

 

彼は、私の最初のホームページも知っているのです。
今もあるのですね、懐かしい!

 

・スロートレーニングの効果を証明した実験を紹介したページ。1999年に作成、修正したもの。

 

[link]http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/4063/westcott.html

 

自分で言うのも変ですが、盛りだくさんです。
時代を超えていました。
この中には、ティップネスが◎万円で売っているプログラムのメイン、

タバタ式インターバルの記事もあります。
ティップネスの女性スタッフに「あんたらが『最新』で売り出しているタバタ式インターバル、

俺が13年も前に紹介したのや。」と言うと。⇒「ほんとですかあ?」
私がページを紹介すると絶句(笑)
[link]http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/4063/tops.html
他のトレーニングサイトよりは中身が独創的でした。

 

 

でも、そんな私も長田先生のサイトは必死で読んでいます。
[link]http://carenagata.blog.fc2.com/blog-category-3.html
興味深い記事が満載。
「インクラインベンチプレス 30キロ 4セット
ダンベルロー 10キロ 4セット
バックプレス 10キロ 4セット
スクワット  20キロ 4セット
ヒップリフト     3セット
カーフレイズ 自重  3セット
(ダンベルローの復習)
・収縮は肩甲骨の位置
・伸展は猫背になりながら肩甲骨を開きロック
・少し伸展

、、、、、、、、、、、、、etc」
最近、「財前式と同じようなものですか?」と問い合わせがあります。
全然、違います!
先生のブログを読まれたら、わかると思います。
私は「財前式は100パーセント、でも長田先生のメソッドは200パーセント」

と言っています。
筋トレをやる方なら、全員に知っておいてほしいノウハウです。

 

スーパースロートレーニングと長田先生の卓越したメソッドを混合(ハイブリッド)、

さらに中国拳法の奥義CHIの要素も入れた「ハイブリッド・スーパースロー」。
25日頃から売り出します。

 

あ、件名の「20歳代の女性たちがファンクラブを作ってくれました?」の説明。
最近、私の正体?をフィットネスクラブのスタッフも知るようになり、

何人かはファンだそうです。嬉し!
「20歳代の女性たちがファンクラブを作ってくれました?」でした。

 





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

山田は学生に戻りました?

2012-09-14

山田です。

 

昨日のメルマガを発行直後、いろいろとメルマガをもらいました。
 

「まさに最高のもののハイブリッド、スロートレーニングと長田先生のトレーニング。」

「待ってました。」

そもそも私は山田さんのスロートレーニングからメルマガの読者になったので、スロートレーニングの効果は知っているし
すぐに長田さんのメソッドを学び、取り入れることができることがものすごくうらやましかったです。

まだまだサラリーマンをしながらなので時間を作れないのですが、いつか私も山田さんのように自分がよいと思ったものをすぐに広められるような
生き方をしたいと思いながらすごしています。」

 

ありがとうございます。
 

長田先生の「軽い重量で大きな筋肉を造るトレーニング」。

こんな質問を頂きます。

「財前式と似たようなものですか?」
 

違います。
 

「財前式は100パーセントですが、長田先生のメソッドは200パーセントです。」
 

解剖学の知識に支えられたもので、きちんと科学的に説明されます。

全員が、聞いてすぐに納得。⇒宣伝もしていないのにパーソナルは一ヶ月以上先まで満員。

 

先生は、もうすぐ、増量に移るようです。

http://carenagata.blog.fc2.com/blog-entry-179.html
 

さて、昨日、「ヘルスエキスパート塾」の小坂さんと一緒に「学生に戻り」ました(笑)

いや、実は、大阪大学(元、大阪外国語大学のキャンパス)のトレーニング場で撮影をしたのです。
 

対談は、キャンパス内の談話室?でやりました。

昼食は、学生食堂です。
 

ちゃんとした定食とかカレーが300円ほど、安い。
 

当然ですが、周りは若い学生ばかり。

こちらの気分も若やいできます。
 

小坂さんとしゃべったこと。
 

私「青春時代、20歳前後は、殆どのひとが幸せいっぱいやろ?」

小坂さん「そうですね。」

私「肉体労働のバイトして、王将の餃子とかを食べたら、『うめえー。』と幸せな気分だった。

今、フランス料理を食うよりも20歳の頃の餃子のほうが美味しかった。」
 

それで、2人は「青春時代に戻ること」で話が弾みました(笑)
 

私が20歳の戻ったら、、、、、、、。
 

「筋トレ」と「ネットビジネス」に熱中します。
 

今と変わらへんやん(笑)
 

いや、マインドセットを「俺は20歳」にするので、変わってきます。
 

私、マジで考えています。

「俺は20歳」、気分がうきうきしてきます。

おすすめです。
 

撮影は順調でした。

最初、長田先生方式で小坂さんがやり。

私のスロートレーニングを組み合わせると。
 

なんと超軽量でも2回、2レップスでダウンする種目もありました。

「めちゃくちゃに効く」

まさにハイブリッドトレーニングの誕生です。
 

とても嬉しい。
 

今朝、鏡を観て、「肩がでかくなったなあ。」と素直に思いました。
 

また、私の精神状態もすごくいいです。

「俺は20歳」と言い聞かせると

女性の好みも若くなってきました(笑)

20歳前後とかを「いいなあ」と思うようになってきました。

 

「山田は学生に戻りました?」でした。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

ハイブリッド・スーパースロー、最先端の筋トレ

2012-09-12

山田です。
 
今、兵庫県川西市のサテンでこの記事を書いています。
 
今日、私の「山田式スーパースロー」と鳥取の長野先生の

「軽い重量で大きな筋肉を造る法」のハイブリッドトレーニングの撮影をやります。

 

「俺、時間がないから、筋トレできないよ。」という方、「俺、ジムに通う時間もお金も

ないから」という方、読んでください。
そう、私がトレーニング関係でもらうメールで、一番多いのが
「ジムに通う時間もないし、お金もない。」「自宅で効果が上がる方法を教えてください。」
こういうメールです。

 

「自宅で市販の本とかを参考に自己流で筋トレしたけど、全く筋肉がつかない。」
こういうメールも多いです。

 

さらに熱心に長年、トレーニングされているマニアの方からは。
「年齢を重ねてくると怪我に悩まされる。昔のような高重量トレーニングはできないし。」

「私のようなキャリアのものでも更に筋肉アップができて、軽い重量で出来る方法はありませんか?」
こんなメールが多いです。
これら全てに答えることのできるトレーニングです。
山田式スロートレーニングの効果。

 

1.ボディビルのアジア大会で去年、2位になった津田選手(日本人最高位)。
私のスロートレーニングを採用して、DVDの中でも私の名前を明言してくれています。
違う点は、津田さんが大量のセット(ベンチプレス10セットとか)をやっている点。
私は1セット主義だったのですが、この点は参考になりました。
2.アメリカで行われた実験、抜粋します。
1999年頃に書いた私の記事です。
——————————————————————————————–

この実験を指揮されたのはWayne L.Webscott博士で実験に協力したのはマサチューセッツ州のサウス・ショワYMCAです。
1回目の実験は1993年に行われました。
74人の被験者は①従来のやり方によるトレーニングを行う者②「スーパースロートレーニング」を行う者に分けられました。
①グループが39人で②グループが35人です。

①グループはポジティブを2秒、静止1秒、ネガティブ4秒で1レップを行います。

②グループはポジティブ10秒、ネガティブが4秒です。

回数は①グループが8~12回、②グループが4~6回です。

週に3回、13種目を1セットづつ行うのは共通です。

 

スタート時の重量は①グループが平均45.2ポンド②グループが44.7ポンドとほぼ同じでした。

8週間後の実験終了時には①グループが62.7ポンドに対し②グループが71.2ポンドでした。

大変な差が生じたわけです。

 

2回目の実験は1999年に行われました。

今回は73人の被験者を①43人②30人に分けました。
トレーニング法は前回と同じでしたが今回はチェストプレスのみにしぼってテストをしました。

期間は10週間。

①グループは57.7ポンド→74.0ポンドで16.3ポンドの伸び。

②グループは54.9ポンド→78.9ポンドで24.0ポンドの伸び。

前回と同じ結果となり「スーパースロートレーニング」の優位性が証明されたのです。

又、同じ1レップ14秒でもポジティブ10秒ネガティブ4秒よりもポジティブ4秒ネガティブ10秒のグループの方が伸びが早いとの結果も出ました。

6週間で前者が22ポンドの伸びに対し後者は26ポンドの伸びを示しました。
——————————————————————————————–

 

従来の筋トレよりも大きな効果があるのです。

 

世の中は、「この筋トレが最高」というのが多いですが。
こういうふうにキチンと実験とか結果で証明できたものは少ないのです。
さて、長田先生の「軽い重量で大きな筋肉を造る法」

 

・先生は、ボディビル大会引退後に超軽量トレーニングに移行された。
・重量トレーニングで怪我だらけになり、本業のカイロプラクターの仕事に悪影響があったからとか。
・本格的な解剖学に沿った超軽量トレーニングに移行すると。

本人が望みもしない結果となったそうです。
・ミスター四国、ミスター中国のタイトル奪取時よりも「体重3キロ、腕2.5センチも大きくなった」そうです。
・実際に教えて方からも「ベテランなのに腕が3センチも大きくなった」という人が即出。
宣伝していないパーソナルトレーニングなのにへんぴな鳥取まで人が押し寄せるようになったのです。

 

さあ、気合いを入れて、撮影に向かいます。
モデルとして、「ヘルスエキスパート塾」の小坂さんが協力してくれます。

 

「ハイブリッド・スーパースロー、最先端の筋トレ」でした。

 





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

本物のスロートレーニングと消防署の不思議な関係

2012-08-10

最近、私は「57歳なのにインターネットでバリバリと稼ぐ人」というイメージに

なっております。(笑)

 

与沢翼さんと対談したときも「あなたは与沢翼の化身だ。」と言われました(ほんとうです)。

 

But、元々の私は「スロートレーニング」という筋トレ法を日本に初めて広めた人間なのです。
東大の石井教授とかが「スロトレ」とかをテレビ、本で紹介する数年前です。

 

 

今朝の10時頃、私はトレーニングのためにジムエリアに入りました。
土曜の朝、トレーニングに励む人々。

 

其の中に一人、私の目を引く逞しい青年がいました。
彼は、チェストプレス(胸の筋肉を鍛えるマシン)をしていたのですが。
電子メトロノームの音を聞きながら、超ゆっくりと反復していたのです。
「お、俺の『本物のスロートレーニング』や。」
私は、すごく嬉しくなりました(笑)。
そして、彼に話しかけたのです。

 

私「そのトレーニング法、どこで習ったの?」
青年「自分は消防署で働いています。この方法は消防署で正式に採用しているものです。効きますよー。」
私(にやり)「あのね、私は14年前にそのトレーニングをインターネットで公開した人間ですよ。」
青年「山田先生ですか?」
私(むふふ)⇨ふんぞり返る(笑)
消防署で正式採用されているのは、ほんとに嬉しいです。
今、超ご機嫌です。

 

・私の「本物のスロートレーニング」は、筋肥大には最も効果のあるトレーニング法です。
アメリカのWayne L.Webscott博士が、マサチューセッツ州のサウス・ショワでの実験で

80名以上の被験者で確認しました。
・去年のミスター・アジアで日本人最高の2位になった津田宏選手(東京大学出身のインテリ)。
彼は、私のトレーニング法を採用しているのです。(DVDの中で私の名前が出ています)

 

ま、自慢話は、このくらいにして、有益な話。
運動不足で分厚い胸にしたい方。

 

腕立て伏せを「スロートレーニング」方式でやってください。
「10秒で下ろす。床に胸が着く寸前まで。ゆっくりと上げる。ただし、肘はロックしない。」
これをやると腹筋も凄く効きます。
8レップスできるようになると分厚い胸になっていますよ。

 

私も今、スロートレーニングに燃えています。
57歳にして、ゴリラのような身体を目指します。
プロレスラーの佐々木健介みたいな感じ。

 

明日、「竜巻トレーニング」を松下兄弟と撮影します。
そのとき、「本物のスロートレーニング」の基本も撮りたいと思っています。
「本物のスロートレーニングと消防署の不思議な関係」でした。

 

 





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

胸囲10センチ増えたら、性格も変わり、人生も変わる。

2012-06-11

筋肉がつくと自信満々となり、劣等感が消えます。

私が、筋トレを始めたのは高校3年生の4月くらい。

それまで「腕立て伏せ」とかは家でやっていました。

しかし、本格的なバーベルとかを使ったトレーニングをしたかったので、コツコツとゴルフ場のキャディーのバイトで資金を集めていました。

ほんとはね、バイト禁止だったのですが、「バーベル欲しさ」で無視(笑)

バーベルとNEという会社の通販のベンチ台を揃えて、いざ、トレーニング開始。

自宅でのトレーニングですが、中学生の頃から研究に余念がなかったので、フォームとかもキチンとしていました。

最初は、窪田登先生の「ボディビル入門」という本の初心者コースを週に3回やりました。

1回30分くらいかな。

一ヶ月後には胸囲は8センチほど三ヶ月後には15センチも大きくなっていたと思います。

私は、欲しくてたまらなかった「肉体美」を手に入れたのです。

高校3年生の夏休みに屋外プールに行くと年上の奇麗なお姉さんとかにジロジロと見られるのです、嬉しかったー(笑)

私は、それまでは内気だったのですが、性格がガラリと変わりました。

「常に自信満々の表情」になり、2学期はクラス委員長にもなりました。

受験勉強は殆どしなかったのですが。

英語は洋書店から仕入れたアメリカのトレーニング雑誌を読み耽ったおかげで、すごく点数が伸びました。

何しろ、朝から晩まで英語のトレーニング雑誌を隅から隅まで読んでいたのですから、受験英語は屁のカッパになりました。

世界史とかは当時にマスターした記憶術で一ヶ月ほどで完了。

灰色の受験生活を一切やらず、好きなことだけに熱中した楽しい高校3年の生活でした。

故三島由紀夫氏がウェイトトレーニングを評して「自分の肉体、筋肉が日々、鍛えられて進歩する実感ほど面白いものはない。これは男の根本的な喜びである。」と言っていました。

激しく同意します。

また、筋肉を増やすことで性格も良い方向に変わります。

おススメ。

注意点:よく「筋トレしているのですが、全く変わりません。」というメールを貰います。

聞いてみると「ダンベルベンチプレス10キロ、ダンベルスクワット12キロ」といった小学生の女の子並みの軽量でやっている人が殆どです。

「馬鹿じゃないかなあ。」とまで思いますよ(笑)

高校3年生の終わり、自己流のトレーニングで私はベンチプレス115キロをきちんと上げるまでになっていました。

普通にキチンとトレーニングすると「一ヶ月で胸囲5センチ」「三ヶ月で胸囲10センチ」は平均で増えます。

そう、平均です。

素質のある人の中には「最初の一ヶ月で胸囲20センチ、体重10キロ増加」なんて人もいます。

最初ほど効果が強烈なのです。

ずっとそのペースではいきませんので、誤解しないように。

私は保証します。

「胸囲10センチ増えたら、性格も変わり、人生も変わる。」と。

やってみてください。

「筋肉がつくと自信満々となり、劣等感が消えます。」でした。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

軽い重量で大きな筋肉を造る方法

2012-04-04

私が「軽い重量で大きな筋肉を得る方法」に興味を持ったのは40歳過ぎ。

そう、スロートレーニングを自分で始めて、その効果をインターネットで発信し始めた1999年頃。

当時は、インターネット黎明期で筋トレの関係ではアクセス数2位のサイトのアクセス数が「1日に200とか300」の時代です。

私の「スロートレーニング」は1日に1万アクセスを超えていました。

スロートレーニングを始めた理由。

年齢を加えて、従来の「ヘビーウェイトで限界まで」トレーニングができなくなったからです。

私はスロートレーニング以外にもいろいろな文献、研究に目を通してきました。

最近の研究でも「軽量でも重量でも成果は変わらない」というのが多いです。

一例として。

http://www.cbass.com/Carpinelli.htm

—————————————————————

—————————————————————

2年前の1月10日頃、元ミスター関西の吉賀さんの協力で昔の「月刊ボディビルディング」に掲載された記事を読むことができました。

1970年頃の雑誌です。

吉賀さんは、「月刊ボディビルディング」に寄稿していた関係で、倉庫に入れたのです。

・寄稿者は、東京オリンピック重量挙げのフェザー級4位の福田弘先生(1位は三宅義信選手)。

・取り上げられていたのは。

1969年ミスター日本の吉村太一選手、1970年ミスター東京の小島一夫選手。

・吉村選手は超軽量で「素早く反復する」方式。

対して小島選手は「精神集中して超ゆっくりと反復する」方式。

・小島選手は70年のミスター日本にゲストとして来たボイヤー・コー選手にベタ褒めされていました。

「素晴らしい筋肉量だ。」と。

他の出場選手の中には、後にミスター・ユニバースに優勝した杉田茂選手、末光健一選手がいました。

高いレベルだったのです。

1970年代、私は西宮のジャパントレーニングセンターにいました。

ここにいた川野権義さんは、吉村選手(一時、ジャパンにいた)からマンツーマンで吉村式トレーニングを伝授されていました。

私は、その全てを伝授されています。

吉村選手の方法は、素晴らしいものでした。

「もう何年も発達が止まっていた」ベテランでも「一ヶ月で腕が2センチ太くなる」といった事例が実際のジムで起こっていました。

そして、1983年頃。

私がトレーニングしていたエグザス西宮で東京から来た○○選手が不思議なトレーニングをしていました。

超軽い重量でゆっくりと繰り返すトレーニング。

最初は無視していた私ですが。

その方があまりにも凄い筋肉だったので、教えを乞います。

小島選手と同じ遠藤光男さんのジムの方でした。

小島選手のトレーニングを引き継いでいたのです。

遠藤光男さんも「この方法でトレーニングしている」と居酒屋で教えてもらいました。

今にして思えば、私のスロートレーニングとの出会いは、まさにこの時でした。

そして、今年。

財前式。

セミナーに出席した名古屋の今川さんが独自の工夫を加えて、短期間で実質5キロの筋肉増加に成功。

写真を見ても急速に大きくなっています。

また、外国でトレーニングされている前田さんという方も大きな筋肉アップを経験されています。

財前式に関しては、「完璧なモデリング」ではなく、「独自に工夫」された方が大きな効果をあげています。

さらに秘密兵器ですが、大阪の永長さんに頼んで実験してもらったスロートレーニングの一方法。

何十年もトレーニングしている永長さんが「胸囲、腕囲ともにセンチ単位で大きくなりました」との報告を得ています。

面白い、めちゃ面白いです。

「軽い重量で大きな筋肉を造る方法」、アメリカのエリック・ペダーソン、ヒューゴ・ラプラ選手とかの事例も加えて、小田川さんと完成させますね。

シンプルで誰にもすぐに理解、マスターできるようにして。

家庭で軽いダンベル、チューブで本格的なトレーニングができるものを完成させます。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

筋トレの世界でも温故知新が大事だよ!

2012-03-21

さて、とても役に立つ話から。

「ノウハウを一挙に学ぶ方法」をお教えしましょう。

私が実践している方法です。

これは、川島和正さんから学んだ優秀な方法です。

それは、バックナンバー、つまり、過去をチェックすること。

・メルマガなら、過去のバックナンバーを全部、読んでみる。

・ブログも同じです。

・書籍でも図書館とかに行って、自分の知りたい分野の本を一挙に読む。

「山田さん、そんなことを言っても。最新の情報こそ必要なのじゃないですか?」という声が聞こえてきそうです(笑)

はい、基本的に「新しい情報」なんて、殆どないのです。

数日前に海外で活躍しているゴルフのプロの方と話しましたが。

「ゴルフの世界でも過去に流行したものが交互に出てきているだけ。最新のスィング理論?あまり無いような感じ」とおっしゃってました。

あなたが思いつくようなアイディアは先人が思いついていることが多いのです。

注意:ただし、インターネットの技術のみは例外。これだけは最新のものでないと意味がないです。

筋トレでも同じですね。

だいたいが過去にもあったトレーニング法だったりします。

ヘビーデューティトレーニングも1950年代の「量の少ないトレーニング」の焼き直しだし、スロートレーニングも実は100年以上も前に実施されていたのです。

注意:これも例外あり。加圧トレーニングのみ、オリジナリティがある素晴らしいトレーニングです。

最近、私が熱心に研究している「軽い重量で大きな筋肉を造るトレーニング」も例外ではないです。

過去に同じようなトレーニング法があるのですね。

・1970年代頃に既に先駆者がいます。

・1969年のミスター日本、吉村太一選手。

彼のトレーニングは財前式に酷似しており、「軽い重量でリズミカルに動かす」トレーニング。

ほんとに軽い重量で大きな筋肉(ミスター日本!)を造っていました。

それ以外にも多数の秘密があり、私は若い頃、川野さんという方に伝授されていたりします(にやり)。

1月から財前式を学んだのですが、それらを想いだしました。

財前式にないトレーニング法で効果抜群のものもあるのです(何れ公開)

・軽い重量でゆっくりと繰り返すのは70年度ミスター東京の小島選手。

私は、この方が「スロートレーニング」の日本における創始者と思っています。

プロレスのレフェリーとかもやっていた遠藤光男先生のジムでトレーニングされていました。

これもラッキーなことにお弟子さんから秘密を伝授されています(遠藤先生自身も小島選手のトレーニングを実施されていた時期があります。)。

「山田さん、40年も前のトレーニング、レベルが低いのでは?」

あはは、70年頃は日本における筋トレの黄金時代でした。

当時に活躍した杉田茂さん、須藤孝三さんが、後年、50歳近くになってから、「ミスター日本」コンテストでゲストをされたことがあります。

出場した選手の感想「筋肉もそうだが、全てにおいてレベルが違いすぎた。別世界のボディやった。」

「軽い重量で大きな筋肉を造る方法」アメリカにも過去に多数の選手、ノウハウがあります。

エリック・ペダーソン、ヒューゴー・ラブラ選手とかが有名です。

財前さんが、「山田さん、財前式をスロートレーニング、加圧に組み合わせたら、良い効果がありますよ。」とおっしゃっていました。

私もそう思います。

残念ながら、財前さんは「マスターが難しい財前式を正しく伝えるために直接指導を中心にする」方針に変えられました。

それはそれで良いのですが。

私は、「理論的にもしっかりしており、マスターも容易で効果が上がる方法」を「温故知新」で探しています。

ほぼ、完成してきました。

スロートレーニングの進化になります。

他の分野でも(インターネット技術を除いて)最新のものに捉われる前に過去の優れたものを学ぶ(温故知新)をおすすめします。

「筋トレの世界でも温故知新が大事だよ!」でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

筋トレ:違いをもたらす違い

2012-02-11

「成功の9ステップセミナー」で有名なジェ-ムス・スキナー氏の逸話。

初めて、射撃を行ったときです。

ほぼ、全部の弾が真ん中の丸を貫いたそうです。

「週に4時間働く」という本を書いたティモシー・フェリス。

日本の伝統である「流鏑馬」。

たった5日間で、ほぼマスターして、馬に乗りながら、弓を射り、命中させたのです。

2人の秘密:モデリング。

ともに自分でやる前に「名人、達人を観察した」そうです。

「身体の動き」

「言葉の使い方」

「何に焦点を合わせているか?」

この3つを観察して、そのまま真似をしたそうです。

筋トレでも同じです。

私のスロートレーニングの例。

「身体の動き」

当然、全ての動きをゆっくりと正確にやる。特に最初のスタートの1インチはゆっくり。

「言葉の使い方」

最初は「ゆっくりゆっくり」→力を込めて引け(押せ)→筋肉を意識しながら元に戻せ。

「何に焦点を合わせているか?」

電子メトロノームの電子音に合わせて動作を行う。

簡単に書くとこんな感じです。

私、今度の名古屋セミナー(18日から)の前に財前さんと打ち合わせして、財前式をマスターしやすいようにしてもらうつもり。

「身体の使い方」

不要な筋肉の力の抜き方、呼吸の仕方、ストレッチポジションの目安とかですね。

他の2つもきちんとレジュメ化してもらうつもりです。

それと感情面も大事と思います。

財前式は、極度の興奮状態ではだめです。

落ち着いた静謐ななかで、筋肉を使い切るために必要な興奮も必要。

これもわかりやすいようにしてもらいます。

レジュメができたら、即マスターとはいかないでもマスターへの最短距離を歩めますね。

「筋トレ:違いをもたらす違い」でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!

筋肉を発達させる最適のレップ・スピードは?

2011-12-07

最適のレップのスピード?

結論から言いますと「おそらく遅いほど良い。」

Westcott博士の論文を読むと1レップを4~5秒、6秒~7秒、8~9秒、14秒の4グループの比較をされています。(198人の被験者)

8週間の間で重量の増加は、それぞれ22ポンド、22ポンド、23ポンド、27ポンドでした。

レップスピードが遅くなれば、少しずつ効果が出てくるのが理解出来ます。

さて、Westcott博士が、エリントン・ダーデン博士に実験の結果を報告に行った時の話です。

ダーデン博士は、「何故、もっと遅いレップの実験をしないのだい?」と当然の質問をWestcott博士にしました。

「不可能です。スロートレーニングの方が効果は上がったものの被験者は『こんな苦しいトレーニングより普通のトレーニングの方が良い。』と言うのです。これ以上ゆっくり?不可能です。」という答えでした。

通常のスピードのトレーニングのグループは「とても楽しい。ずっと続けたい。」と言う人が大部分だったそうです。

「苦しすぎる。」これがスーパースローの欠点かも知れません。

それとぴったりのスピードが解明されていない理由です。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.