Mr.X式頭をよくする方法

2019-10-26

おはようございます。

滋賀県への旅を満喫して、ご機嫌な山田です。

今日、帰る予定。

件名の「Mr.X式頭を良くする法」は、

ずばり、旅をすることです。

・飛行機に乗っているとき。

インターネットに繋がるパソコンもiPhoneも使えない。

「なにもすることがない。」⇒アイディアがでます。

・約1000年ほど前の宋の時代に、

欧陽脩という学者さんがアイデアを練る時は

「三上(さんじょう)に限る」と言いました。

・三上とは、

馬の上と書いて「馬上(馬上)」、

それから枕の上と書いて「枕上(ちんじょう)」、

最後は厠(かわや)の上とかいて「厠上(しじょう)」、

これら3つを合わせたものの事です。

・今なら、馬上は飛行機、電車、バスとかの移動手段でしょうね。

私、納得します。

枕上、厠上もそうです。

・最近、学者さんが調べたのですが、これは当たっているそうです。

「アイディアが出るのは、仕事をしていないとき。

仕事をしているときにアイディアが出たケースは0だった。」

それだけでなく、

旅先でやるいろいろな経験も頭に新鮮な刺激を与えます。

Mr.X曰く「異国で変な食べ物を食べたときにビビっと来たり、

まずい飲み物を飲んだときに凄いアイディアがでる」のです。

Mr.Xも女性関係を重要視しており、

「売春を云々」といった過激な発言もしていました(笑)

これも全て、脳のためなのです。

「脳だけ、脳だけなのです。」

脳にとって、一番ヤバいのは、「毎日、同じ生活を送ること」です。

うちの親父(公務員でした)、

何十年も単調な、そして楽な生活を送りましたが、

頭、あまり良くなかったです(泣)。

脳のためには、

どんどんと新しい経験をしないといけないです。

旅はベストの選択です。

サラリーマンの方で休めない方は、

日帰りでもいいので、普段と違う場所に行くことですね。

あるいは、毎日、通勤のルートを変える。

私のゴルフ場管理会社時代の社長は。

「山田、俺は、毎日、通勤のルートを変えているのや。」

と私に教えてくれました。

私は、実質、ナンバー2だったので、「帝王学」だったと思います。

その社長は、三井住友銀行内でもアイディアマンで知られていました。

「山田さん、私は通勤定期を買っているし、そんな無駄遣いはできないです。」

いやいや、そういう話ではないです。

頭が良くなれば、通勤定期代とかは簡単にペイします。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.