新「ノアの方舟」の時代

2020-04-23

おはようございます、山田です。

今日の件名:新「ノアの方舟」の時代。

私、今は、新しい「ノアの方舟」時代だとと思っています。

コロナウイルスの影響で、仕事を変えたり、失業したり。

そんな人が3割以上も生まれるそうです。

世の中も様変わりしました。

旅行業、ホテル業、飲食業、みんな大変なことになりました。

本も出したことある人気のキャバ嬢、

月収500万だったのに0円に。

こんな話はよく聞くことです。

逆にネット関連、流通業は、大変に儲かっているそうです。

例えば、パソコンとかの需要は、倍くらいになったとか。

在宅ワークとかに絶対に必要なので、各企業や学校は、

「社員一人一台」「学生一人に一台」のパソコンを考えているのです。

現在は、中国の企業がストップしているので、需要があっても

売るパソコンがない。

こんな状況らしいです。

しかし。

「作れば確実に売れる」時代なので、どんどんとパソコンの売り上げ上がるでしょう。

明暗が分かれます。

私は。

神様が「元気に生き残れる」人々を選ぶ、

「ノアの方舟」時代だと思っています。

それには、まず体力。

→「食事を工夫すること」です。

生き残るためのスキルを身につけて、 お金を稼ぐ。

もちろん、これは、超大事です。

しかし。

その前に体力、正しい食事です。

やはり、「食は生命なり」というのは本当です。

あ、もちろん、健康になるには、

大事な要因があります。

多くの人は、

「運動と食事さえ気を付けていると健康になる」と

勘違いしています。

大間違い。

大事な順番で、

・たっぷりと寝ること。

・座る時間を減らすこと。

最初にこの2つが前提です。

日本人には、「睡眠時間6時間で平気だぜい」という人が多いです。

もっと少ない人もいますね。

しかし、それでは脳がフルに働かない。

→稼げない。

また、「事務職で1日、座っています。」というのは最悪です。

スポーツクラブでまとめて運動しても帳消しにはならないです。

とはいえ、立ちっぱなしも身体に悪い。

こまめに身体を動かすこと。

運動ですが、有酸素運動は身体に良いです。

ただし、ジョギングとかならば。

週に3回か4回、合計距離が16キロ程度。

このくらいがベストです。

これを超えると死亡率が高くなるのが、いろいろな統計で確認されています。

さーて。

私の食事。

最近、最も良かったのが、

「もち麦」を主食にしたこと。

繊維質が多く、便通が良くなります。

さらに腹持ちが良いので、少しずつ、私のお腹もへっこんで来ました。

あ、一切の我慢なしです。

このまま続けて、落ち着いたところが、自分の「ベストウェイト」でしょう。

「何キロまで落とす」とか一般人の考えるようなアホなことは考えません。

秘密の食事。

以下のような感じ。

・主食。

もち麦。7割から10割。

・オートミール。

五穀米。

切り干し大根。

大豆。

さつまいも。

南京。

人参。

ぜーんぶ、炊飯器で同時に作ります。

ぜーんぶ、一緒に作るのです。

主食だけでも栄養満点です。

副食。

玉ねぎ

ジャガイモ

ピーマン

これらの根菜、大好きなので、レンジでチンして食ってます。

野菜炒め。

もやし、キャベツとかで野菜炒めを作ります。

オリーブオイル、料理酒で炒めます。

あと、大豆製品が多いです。

納豆とか豆腐とか「おから」とか。

乾物。

ちりめんじゃこ、鰹節、切り干し大根、乾燥プルーン、海藻類。

乾物は価格が安く、保存性もええので重宝していますわ。

魚は、週に3回か4回。

鯖とか安い魚が多い。

あと、小魚が好きです。

肉は、あまり食わないです。

健康とかを考えて、ではなく、基本的に「そんなに好きではない」からです。

特に鶏の肉は嫌いですね。

卵。

1日に1個か、0。

乳製品。

豆乳にシフト。

こういった食事、穀物を中心として、根菜類、乾物を副菜の中心にする。

お金がかからんし、私の嗜好にぴったりです。

出張中?

はい、「もち麦」のレトルトを持っていきます。

あるいは、現地のスーパーで買います。

こんな食事で、エネルギーが増大し続けております。

「もち麦」、身体のためにおすすめ。

それに安いですからねえ。

この食事で、筋肉も発達します。

「肉とプロティン」だけのビルダー食を食っているのはアホです(笑)。

山田豊治

PS.理想の人生を歩むための第一歩は、正しい食事と

正しいビジネス構築法。

次回は、音声で、「コロナ時代の後、生き残るための仕事」の

話をします。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.