コロナ禍時代のお金の儲け方

2021-07-13

山田です。

最近の私の周囲の出来事。

 

「副業とか起業に挑戦する人が増えたなぁ。」

 

率直な意見です。

 

これは誰でもわかることですが

コロナが影響しています。

コロナの影響受けた経営者や社長さん。

そういった会社で働く従業員の方。

 

「なんとかしなければいけない。」

今までのように

「耐えてやりすごせば良い」

と言うような問題ではない。

それで新たな収入の道を探して、

副業や起業を目指す人が増えました。

法律的にも副業を認める会社が増えてきました。

これは、

「俺の会社では十二分な給料は払えないよ。

不足分は自分で稼げよ。」

こういうことが多いでしょうね。

 

「副業や起業する」と決心したらどんなメリットがあるか?

私は44歳で副業開始を決断しました。

その途端に

「頭の中の闇が消えて青空のようになった」記憶があります。

まだ成功していなくても希望が見えてきましたからね。

そしてわずかでも収入が増え始めたときの喜びと言ったら。

悩んでいるならチャレンジすべきだと思います。

ただし副業を選ぶには条件があります。

それは何かと言うと

やりたくない事はやらないこと

私自身は室賀さんのリストを参考にしました。

そうです、盟友の室賀さんの

「やりたくないこと」リスト。

私は、常にこれを読み、人生を構築してきたのです。

●時間をできるだけかけたくない(長時間労働は嫌だ)

●体力も使いたくない

●従業員を雇いたくない

●リスクをおかしたくない

●営業をしたくない

●ものを作りたくない。製造業はイヤだ

●お金をかけたくない

●仕入れをしたくない

●在庫をもちたくない

室賀さん、当然ながら、

私以上の自由人、自遊人。

1日1時間ほどしか働かない日が多いです。

 

さて。

サラリーマンの副業。

1.投資。

投機はやらない。

FXとか先物取引とか仮想通貨とか。

全部バクチですからね。

私の後輩。

「素晴らしい先生に出会って、

1回の取引で25,000,000円儲けました。」

元手は持っていた。

 

やれやれ。

博打で儲けたら、病み付きになります。

狂った猿のように続けます。

いつか再起不能になります。

 

株式投資

プロの方のおすすめ

・株式投資は、ド素人でも米国株の適切なインデックス投信に投資を続ければ年平均5~6%の複利で資産が増えます。

(金融危機の年には2~3割、

一時的に資産が減ることがあるのは仕方ありませんが)。

日本株はダメですよ。

衰退していく国の株式を買うの阿呆です。

 

2.リアルビジネスには気をつけること。

今回のコロナでわかりましたね。

私の後輩もサラリーマンを辞めて

夢だった飲食業を始めました。

大きな借金をして、始めました。

全く鳴かず飛ばずです。

退去するにも大きなお金がかかるし

決断ができない。

どつぼですわ。

 

3.アルバイト

サラリーマンでも空いた時間を利用してアルバイトをする人がいます。

皿洗いウェイターとか清掃とか。

誰でもできる仕事はやめたほうがいい。

スキルが身につかないから。

これは本業でも言えること。

4.ネットビジネス。

私自身のオススメは当然ながら、

ネットビジネスです。

初期投資が少なく、大怪我もしない。

頭もよくなる。

アフターコロナ時代の必須能力となる。

ただしこれも注意点。

「スキルのない誰でも楽に儲かるビジネス」

ありませんから笑。

ネットビジネスで儲けるにはスキルが必要です。

スキルで差をつけていくんですね。

コピーライティング、メルマガライティング、プログラミング、映像を操る能力、

広告を上手に打つ能力。

カメラ転売のような仕事なら、

目利きといいますか、売れる商品を探す能力です。

スキルが必要なんですよ。

 

以上です。

「誰でもできる」仕事はやらない。

スキルを身につける。

これがポイント。

 

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.