日本よ!

2011-04-06
日本よ!

今日、アナウンスしていたとおり、花見に行きます。

夙川、楽しみです。

今まで何回か、花見に行き、良い想い出が一杯あります。

今回は、なんと、私の辞めた会社にいた青年も参加します。

また、私が会社を辞めるきっかけを作ってくれた綺麗な女性も(終日は無理ですが)、参加してくれます。

ちょっとした同窓会のような感じです。

私のいた会社は。
親会社が大手サラ金から80年代に分離した会社です。
主に不動産の賃貸業。
大手サラ金の株も持っています。

そして、親会社が子会社であるホテルに場所を安く提供していたのです。

私が入った数年前は順調でした。

・当時は、日本の所得番付の10位以内にサラ金の社長が数名、入っているような状況。
「サラ金が所得番付に入るような国は先進国では珍しい」と言われていました。
・サラ金マネーがグループ会社に流れ込み、賃貸業も順調、ホテル業も順調でした。

「こんなに安定した企業グループはないのではないか?」と銀行も驚く高値安定の優良経営でした。

しかし、わずか数年で状況は一変。

・サラ金を規制する法律により、大手サラ金は「金の成る木」ではなくなりました。
殆どのサラ金は、青息吐息状態。
それでも銀行をつけたので、武富士(会社更生法の適用)のようにはならなかったのが幸い。
・不動産もめちゃくちゃ。
日本の不動産を購入するのは、世界のプロから言わせると「資産を失うだけ。海外に投資しなさい。」という状況。

昔、不動産鑑定士という資格(難易度の高い大型資格)を取れば、安泰だったのですが。
実際の現場を有資格者に聞くと。
今は、「先が観えない」状況らしいです。
これから、不動産関係は、さらに悪化すると考えられます。

不動産賃貸も今回の震災で壊滅的状況です(関西も)。

・ホテル業。
原発事故での日本政府の不誠実な対応で、外国人が急きょ、日本を脱出していきました。
不誠実な対応?:
以下、産経ニュースより抜粋。
—————————————————————————————————————————————————各国は日本政府に対して、「原発について本当のことを言ってくれ」と問い合わせているが、窓口の外務省は首相官邸の指示通りに「適時適切に説明している」などと伝えるのみ。さらに不信感を高めている。
国際政治学者の藤井厳喜氏は「世界各国は『日本政府は原発危機を終息させる有効な手を打てていない』とみている」といい、こう続ける。
「知人のフランス人は、政府から『国が飛行機代を出すから、とにかく国外に出てくれ』と言われたらしい。外資系企業の社員や家族も、香港や上海、シンガポールなどに続々避難している。もはや日本は『自己責任を取れない国家』と見なされつつある。近くIAEA(国際原子力機関)の専門家が派遣されるが、このままではドラスチックな解決方法を受け入れるよう勧告されるのではないか」
震災時の冷静な行動で日本人は世界から称賛を浴びたが、原発事故への日本政府の対応が、それをすべてぶち壊した。
—————————————————————————————————————————————————————————
まあ、2ケタ以上の国が大使館を東京から大阪に移したのには理由があるのです。
この理由は自分で考えてください。

ホテル業、全て閑古鳥です。
こういうふうに金融業、不動産業、ホテル業と全て「最悪の事態」になっています。

勿論、「最悪の事態」は、上記の業種だけではありません。
これから、全ての産業に影響が出てきます。

「山田さん、暗い話は止めてください。」

はい、すみません、では、明るいニュース。

コーチング、セラピーなどのメンタル面に特化したビジネス、インターネットの関係は、売上が伸びていることが多いです。
コーチング、セラピー等は、しばらくすれば、伸びが落ち着くと思いますが。

「インターネットで稼ぐ」ことに特化した情報は、売上が急速に伸びているようです。
これは、一時的な現象ではなく、これから、ずっと続くと思います。

・震災の影響で、東京でも無駄に外を歩く人が減った。

・将来の不安、務めている会社への不安、自分への不安から、インターネットに目を向けた。

私自身も船井総研の方と話したことがあるのですが、「今の日本は全ての産業が衰退期。ネットだけが4倍以上に伸びる可能性を秘めている。」

こういう状況です。

これから、会社の行く先に不安を感じる方、ぜひ、今すぐに行動されることをおススメします。

私のおススメ。
https://www.yamadatoyoharu.com/?page_id=531

そのなかでも川島さんの1000MANプログラム。
私も「お客様の声」で写真を公開しております。

https://www.yamadatoyoharu.com/kawashima1.html

変に不安になったり、報道に踊らされずに自分のなすべきことをなしましょう。

収入が少ないフリーターとかがボランティアをやったりしています。

私は、「まず、自分自身の収入を増やせ。そして、消費にお金を使え。」と言いたいです。

意外かもしれませんが、私は、サラリーマン時代、財務・経理畑の仕事をしていました。
めっぽう、数字とか財務分析に強いのです。

だからこそ、言うのです。

「自粛など国を愛していない人間のやること。」

「復興は一時的なものではない。長期的な視点で観ろ!まず、自分自身の収入を増やせ!そして、使え!」

イベントも大事だけれども「まず、自分が豊かになる」ことが大事です。

日本経済の活性化のためにゴチャゴチャ言わずに「お金を稼ぐ」「お金を使う」ことに集中しましょう。
これこそが、「日本を救うこと」になるのです。

「日本よ!」でした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.