アーノルドの6つの成功ルール

2011-11-03

アーノルド・シュワルツェネガーの成功のための6つのルール

アーノルドが彼の奇跡のような成功の秘訣をUSCの卒業生に贈りました。

私は、今から44年も前にアーノルド・シュワルツェネガーの大ファンになりました。

1967年、史上最年少のミスター・ユニバースになったアーノルドの雄姿を。

私は、「月刊ボディビルディング」という雑誌で観たのです。

アーノルド20歳、私13歳。

アーノルドは、めちゃくちゃにかっこよかったのです。

私が「俺もボディービルをやるぞ!」と決意した瞬間でした。

その後、アメリカに渡り、アーノルドは、筋肉雑誌(マッスル・パワー誌)のインタビューを受けます。

「俺は、世界一のボディビルダーなり⇒ハリウッドで一番のギャラの取れる俳優になり⇒政治家になり⇒アメリカの大統領になる!」

さすがに私も度肝を抜かれました。

「アーノルド、頭がおかしいのかな?英語もちゃんとしゃべれないのに俳優?大統領?」

しかし、彼は、この順番で全てを達成していきました。

あ、大統領だけは「移民一世は大統領になれない」というアメリカの法律に妨げられたのですが。

彼自身は、「予想していたよりも遥かに素晴らしい人生を歩んでこれた。」と述懐しています。

アーノルドがUSCの卒業生に贈った「アーノルドの6つの成功ルール」。

1.自分を信じろ!

アーノルドは。

「自分はラッキーだった。テレビも電話もない環境で育ったからだ。アイパッドもツィッターもなかったので、自分の本心と対話できた。」

最初の結論、「ボディビルで史上最高のチャンピオンになる。」

母親も父親も嘆き悲しんだそうですが、アーノルドは「自分を信じた。自分の夢を信じた。」

2.既成のルールを破れ!

オリジナルになるためには、既成のルールのなかで生きていたら、駄目。

アーノルドは、「オーストリアの田舎で一生を暮らす」という周りのルールを破り、アメリカに単身、乗り込んだのです。

3.失敗を恐れるな!

なにも行動しなかったら、失敗はしない。

全ての失敗は成功への一歩。

4.悲観主義者の言うことは聞くな!

「それは無理だよ。」という人間とは付き合わない。

5.ハードワーク。

「ノーペイン、ノーゲイン」

最も大事なファクター。

6.恩返しせよ!

社会に恩返しすることを忘れるな!

超人よ、永遠なれ!

ショートバージョン。

全てを観て、聞きたい方に。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.