ワーカホリックになろう!

2013-02-20

また、タイに行くので(数日後)、ルンルンの山田です。
昨日、寝る前のリラックスタイムに鳥取の長田先生のブログを見ました。
http://carenagata.blog.fc2.com/
長田先生は、とても腕の良いカイロプラクターであり、元ボディビルダー。

四国と中国地方の合同大会、ミスター中四国に優勝されたほどの本格派です。
その後、選手生活を引退後、身体をいたわるために超軽量トレーニングに切り替えると。

なんと体重3キロ、腕周りが2.5センチも増えたのです。
インクラインベンチプレス30キロとかバックプレス10キロから15キロとかビックリの重量です。

インクラインダンベルベンチは12キロ、ダンベルフライ12キロと女性並みの重量。
私自身のハイブリッドスーパースローも先生のトレーニングをベースにしています。
長田先生のブログ、トレーニングのヒントを得るために見るようになりましたが。

最近は、独特の人生哲学にも感銘するようになりました。
引用します。
「好きな物を食べる
好きな事をやる
直感で決める 即決
やりたい事があるなら悩まずやる」
「この食べ物は健康に悪い、身体に悪いとか健康食ばかり
気にして不健康になる人多いです。」
「好きな事を仕事にしていますから精神的な疲れが無いのが

大きいですね

基本的に嫌いな事はやらないのでストレスも最小限に

抑えれていますし。

毎日、大好きな菓子やアイスを食べているのも元気の源

リラックスする為に喫茶店にもよく行っています

家で朝食を済ませ喫茶店でのモーニング
が最高」
長田先生の食事、ほんとに自由ですね。

甘いものに目がなくて、トレーニング後はプロティンやアミノ酸ではなく、「アイス、ケーキ、饅頭」です。(笑)
朝食を普通に食べて、モーニングとかストレス解消のために食っているような感じ。

 

それと昨日、特に印象に残ったのが、「好きな事を仕事にしていますから精神的な疲れが無いのが

大きいですね」というフレーズです。
長田先生、話を聞いていると休みがないのです。

カイロ定休日の木曜日もパーソナルトレーニングが朝から晩まであります。

しかし、ストレスにならないのです。
私もこの感覚がわかるようになってきました。

サラリーマン時代は、「仕事=辛い、ストレスの元」でしたが。

起業家になると「仕事=楽しい、楽しい行為」です。
いろいろな人に「山田さん、1日にどのくらい働いているのですか?」と聞かれると「うーん。3時間くらいですかね。」と答えていました。

しかし、考えてみると他の時間も脳ではビジネスアイディアを考えているのです。

「1日中、仕事」とも言えます。

でも、もちろん、楽しい。
東京のセミナーの懇親会であった年収1億円突破のコンサルタントの方のアドバイスも。
「まず、1日中、仕事のことを考えて、ダン・ケネディのセリフが脳で響いてくるようにしないといけない。」と言っていました。

「ダン・ケネディの化身になる」つもりで、1日中、「ダンならどう考えるか?」と自問自答するのです。

「そして、それが一番、幸せな人生。」と教えてくれました。
それで、より真剣にビジネスを考えられるようにスケジュールを組み直します。
トレーニングは、「下半身」と「上半身の1部位、腕」を交互にやるスケジュールでいきます。

これは、ご褒美ですね、私の場合。
ダン・ケネディになって、ワーカホリックになって、より幸せになりまっせ。

楽しみです。

 

 

 





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.