サラリーマンなんか辞めてやる!

2013-05-15

新中野学校の山田です。

昨日、井口晃さんから、「山田さんの契約社員時代の苦労、それからの成功物語を書いてください。」とメールが来ました。

これから、新たに出す本に載せてくださるそうです。

「そういえば、俺、なぜ、サラリーマンを辞めたのやろ?」

実は、私は「絶対に独立する!」という強い意志で突き進んだのではないのです。

「独立できたらエエなあ。」とは思ってましたが。

「チンタラ楽チンサラリーマンを続けて、月給以上の副収入がある生活。これでエエ。」みたいな感じでした。

当時、私は、会社で全く仕事をしてませんでした。

そう、ほぼ、0です。

0、全くなにもしてなかったです。

部下のT君が「天才」と言って良いような才能の持ち主で、当時の仕事(経理・財務)を自動化してくれていたのです。

なにしろ、それまで2日間ほどかかっていた仕事をものの数分で終わらせるのですから。

そして、私のことを「メンターさん」と呼び、心から尊敬してくれていたのです。

「山田課長のためなら何でもやるぜ!」

それで、私は自分の仕事を全てT君に廻して、会社では副業に励んでいたのです。

「え、山田さん、嘘やろ?」⇒本当です、真実。要領の良さが私の取り柄。

ただ、そんな私にも転機が来ました。

いつも定時に帰る私を観て、アホな上司が仕事を増やしたのです。

私がやっていた本部の経理に加えて、新たに立ち上げた難波のホテルモントレの経理の仕事まで押し付けて来たのです。

突然、毎日、夜の11時半まで働くサラリーマン生活が始まりました。

私は、悩みに悩み、メルマガの読者さんにも相談に乗ってもらいました。

こんな感じ。

引用の中に引用がある変な感じですが。

当時の私の心境がわかると思います。

数ヶ月、会社に仕事に追われて、ネット収入も「月に10万円」ほどに落ちていた頃です。

「以前、Mr.X式サラリーマンの資産形成法を引用して、お伝えしたことがあります。

以下。

「Mr.Xがサラリーマンなら、どうして蓄財するか?」

以下、引用します。

——————————————————————————–
もし、私が月収15万円のサラリーマンだったら、
以下のステップで資産家になります。

1: 家にある物、全てを www.ebay.com (オークション)で売りさばき
とにかくキャッシュに変える。

2: 地元で一番安い幽霊アパートに引っ越す。
(家賃1万5千円程度、トイレ共同、風呂無し)

3: 年上の彼女を見つけて、おこずかい、食費をせびる。

4: 毎月の必要出費を4万円に抑える。
(食事は彼女にお弁当を作ってもらう、か、駅にある100円カレーを毎日食べる、
風呂(銭湯)は一週間に3回しか入らない、か彼女の家でシャワーを浴びる、
本は立ち読み、タバコは先輩にもらう、か拾いタバコ、
電車は乗らずに自転車で通勤、など作戦を立てる

5: 残りの給料、10万円程度は全てはマーケティング、コピーライティングの教材に投資、
読み終わったらコピーしてから返品、もしくは www.ebay.com でコピーして売り捌く、
この繰り返し、で知識を少しずつでも増やしていく。

6: 勉強した事を積極的に会社で試してみて、実践してみる。
そして少しずつ感覚をつかんでいく

7: 自信がついた所で会社の社長に、成功報酬で給料を上げてもらえないか聞いてみる

8: 貧乏生活を維持したまま、以上を繰り返し、知識と経験を
積み上げながら、あがった給料も全て教材につぎ込む

9: 試しに副業してみる、一人で稼げるか、小さく試してみる

10: 副業からの収入が会社からの給料を超えた所で、会社を辞めて独立

——————————————————————————–

私は、だいたい、このパターンで来ました。

会社で、ネット集客の担当者にもなりました。

やれば、できます。

そして、今、独立すべきか悩んでいます。

「エイヤっ」で辞めるか?

安定するためにサラリーマンを続けるのか?

私は、家族や親戚、友人の反対があっても独立するつもりです。

山田豊治さんは、どう思われますか?

忌憚のない意見を聞かせてもらえば、嬉しいです。」

今の私なら、人の意見は聞かないですが、当時は迷っていたのですね。

当時、読者の方から頂いた返信は、今も大事にしています。

自分の宝物ですから。

1.「独立の事ですが、山田さんが、今現在思い描く将来が会社を辞めて独立した状態なら会社を辞めてもいいと思います、
辞めなくても満足出来る状態に出来るなら辞めなくともいいのではないでしょうか、
少し前になりますが、
その時の山田さんの将来の
ビジョンは、

沖縄で暮らす
ちゅらさんとオンラインビジネスで稼ぐ

これを実行するなら
会社は辞めですね、
会社を辞めたい と
会社を辞めるは違いがあると思います、
山田さんが徐々に確実に
ステップアップした事に寄って経済状態が磐石になったのですから、周りが反対したとしても、山田さんのやりたいようにして下さい、
人生は一度きりですよね!」

2.「いつも楽しく読ませていただいております。

さて、私は普段メルマガの発行者に返信したりすることはない寂しい人間なのですが、
忌憚のない意見をということで、メールを差し上げてみた次第です。

早速ですが、山田さんは独立しても成功します。

山田さんをトレーナーにしたい人、
山田さんの商材をもっと読みたいと思っている人、
山田さんのもとで働きたいと考えている人、
たくさん、たくさん、たくさんいるでしょう。

山田さんにはお金があります。(あると思います。)
山田さんには力と知恵があります。
山田さんには人がいます。

最高の3つが揃っているのですから、失敗は考えられません。
後は楽しくて苦しい道に行くだけじゃないですか、ワクワクしますよね。

私は山田さんの商材がスタートなんです。

今、成功しようと四苦八苦していることも、
Mr.Xやジェームススキナーというメンターに出会えたことも、
体型が変わったことも、

すべて山田さんが始まりです。

人一人の人生に多大な影響を与えているのですから、相当なことです。

ぜひ、独立して成功して下さい。」

3.「独立した方が良いと思います。
独立したときの自分を想像してください。
どのような生活をしているか?
朝から晩までの自分を想像してみて、どれだけわくわくするか
確認してください。迷っているのが、独立したい証拠です。

では!」

4.「独立は思いとどまったほうがいいと思います。

私自身、勢いで会社を辞めましたが、後悔しています。

世の中、甘くなかったです。

最終的には山田さんご自身の判断ですが、失敗する人間のほうが圧倒的に多いということは知っておいてください。」

まあ、このときは凄い反響がありました。

あとは、歴史ですね。

私は、「俺は男だ!」と決断して辞めました。

そして、思った以上にうまくいき、今は井口さんに乞われて「成功者の体験」を書けるようになりました。

悩んでいる皆さんに参考になるように。

「サラリーマンなんか辞めてやる!」でした。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.