底なし沼

2013-11-18

今朝は、三重県の津の街を散歩して、朝からゆったりと温泉に入った山田です。

写真(13-11-18 5.36) #2

 

 

 

 

 

津市は気に入りました、また、泊まっているホテル「ドーミーイン津」というのですが、安いのに良いサービスです。

おすすめです。

 

さて、昨日、大森研一先生の「やりたいことは全部やれ!」という本の読者の感想を紹介しました。

注:「やりたいことは全部やれ!」は題名通りの本。一度だけの人生、他人の人生を生きるな、という真っ当なメッセージ(私はそう思う)を伝えている。
その読者の感想。

「大前さんはおそらく世の中には才能の無い人、度胸の無い人が99%以上の比率で存在していることに気が付かないのでしょう。

中略。
でもこの本を実行したら、普通の人は1年で乞食になるかそれともはじめから相手にされないかどちらかでしょう。」
うーん。

才能がなく、度胸もない人が99パーセントもいるのでしょうか?(笑)

「嘘こくな!」と私は思う。
これを読んで、私の作成した寓話があります。

読んでください。
ある森の冬の出来事。

突然、森の中に小さな水たまりが出現しました。

ゴリラが手をいれてみると暖かいお湯でした。

ゴリラは沼の中に入りました。
その話を聞いて、近くの民家を脱出した豚、同じく飼い主から逃げた犬も同じ沼に入りました。
とても暖かくて心地よい沼です。

3匹は種の違いを乗り越えて、屈託ない話をして仲良く気持ちのよい湯につかっていました。
すると。

突然、キリストのような顔をした人が現れて、言いました。
キリスト「どうだ、湯加減は?この沼は私からのプレゼントだ。」

豚、犬、ゴリラ「うわぁ、ありがとうございます。」

キリスト「ただし、今から、その沼は底なし沼になるのだよ。頑張って脱出しなさい。」
3匹は暖かい沼に浸かっているのに青い顔になりました。
豚、犬、ゴリラ「どうしよう?」
外は強風がふき、雪も降ってきました。

沼の近くの木の枝も揺れています。
ゴリラは、それを見て、なにかに集中しだしたのです。
枝がしなり、沼に近づいた一瞬、ゴリラは枝に飛びつき、巨体で枝がおれないように注意して、陸まで上がることができました。

ただ、ゴリラの飛びついた枝は、トゲだらけだったので、ゴリラの手は血だらけでした。

そして、雪の降る地上は寒い。
ゴリラ「おい、豚くんと犬くん。この枝に飛びついて上がって来い。」

豚、犬「いや、トゲだらけだし、嫌だよ。それに森は寒そうだし、餌も自分で探さないといけない。」

豚、犬「それに僕たちの飼い主だった人間が探しに来てくれるだろう。

この沼は温かいし、気持ちが良いし。

このまま、待っているよ。」
ゴリラ「、、、、、、、、、、、。死んでしまうよ。」
ゴリラは、食べ物を探し、暖をとるために森の中に入っていきましたとさ。
山田豊治
PS.昨日は、習慣化スペシャルコースの「期待の星」と会いました。

私が物販のノウハウを教えてもらう感じ(笑)。

まあ、冗談はともかく、Mr.Kに続く成功者がどんどんと出てくると思います。

やっと「人を成功させる」という分野でも要領の良さを発揮できるようになってきました。

「習慣化コース」、ミッションなので、第二期、もうすぐ募集します。





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.