洗脳を外して進化する!

2013-11-26

今朝は、やっと予定通りに休んだ山田です。

7日間、まったく休んでなかったし。

朝の散歩はしました。

身体が自然に外に行く!

習慣化、恐るべし!

 

世の中のひと、いろいろな嘘に騙されて、洗脳されています。

この洗脳を外すことで、進化できます。

 

洗脳その1。

与沢さんが運転手を平手で殴り、2週間の怪我を負わせた?

「9月26日午前2時45分ごろ、港区西麻布の路上で、専属運転手だった男性が指示された駐車場所を通り過ぎたことに激高し、男性の顔を平手で殴り、全治2週間の軽傷を負わせたとしている」

この件で、私は友人と話しました。
私「平手で2発だけで2週間の怪我は無理(笑)

翌日、元気に出社した姿を多数の社員も観ているし、書類送検も不起訴になるだけだろうな。

そしたら、報道したメディアは『不起訴』と報道するのやろか。」
友人「しないでしょう。彼らはセンセーショナルなニュースで客に興味をもたせることしか考えてないので。」
私もそう思うのです。
2.1日1食で、サーチュイン遺伝子が活性化して長生きする。

最近、私は梅田にあるティップネスというスポーツクラブに行きます。

10日ほど前に懐かしいトレーニングジムの先輩を見かけました。
90キロ近く逞しかった身体がガリガリになっていました。
私「先輩、癌ですか?」

先輩「アホ。長生きするために1日1食にしとるのや。

テレビで『1日1食にすると長生きのためのサーチュイン遺伝子を活性化する』と言うとったからな。」
私の心の声「サーチュイン遺伝子?

もう、効果は完全に否定されたのに。」
以下、引用。
Nature誌の9月22日号に掲載された論文(Volume: 477, Pages: 482–485, 2011)は、ふつうこのような一流誌にはあまり見かけない、ネガティブ(否定的)データの論文でした。「Sir2の過剰発現が線虫やハエの寿命に与える影響はない」と題されたこの論文では、Sir2遺伝子の産物であるサーチュインと呼ばれるタンパク質について、それまで報告されていたような寿命を延ばす効果は認められなかったと報告しています。科学者のみならず、一般人にも熱狂をもって迎えられたサーチュイン神話に、ついに終止符が打たれた形となったようです。

詳しくは下記。

http://blog.livedoor.jp/science_q/archives/1563325.html
3.怪我予防のためにストレッチングは不可欠?

ランナーとかは熱心にストレッチングをやってますが。

世界一のランニング雑誌「ランナーズワールド」の研究、実験では逆の結果でした。

つまり、「ストレッチングをやると怪我の可能性が倍加する。」
詳しくは以下。

http://www.topathlete.co.jp/blog/2012/03/post-113-234675.html
ヨガも普通にやると同じになるのですが、私は「怪我をしない」ヨガを開発しました。

これは後日。
4.インナーマッスルを鍛えると痩せる(笑)。

最近、猫も杓子も「インナーマッスル」と言います。
でもね、インナーマッスルは。

・発達しにくく、衰え難い筋肉。

・従来の運動で充分に鍛えられている。
驚くべきことは、「インナーマッスルとアウターマッスルの協調が上手になると運動によるカロリー消費が下がる。」

そらそうや、効率的に運動できるようになるとカロリー消費は下がる。
5.コア・マッスル

インナーマッスルと同じく、最近は「コア」を鍛えることが流行しています。

いろいろとエキゾチックな運動を1時間とか続けているひとがいます。
真実。

コア(胴体)の大部分は内臓とか皮下脂肪です。
コアの筋肉(腹筋とか)は小さいのです。

カロリー消費にせよ、身体をデカくするにせよ、大きな筋肉を鍛えるのに力を注いだ方がエエ。

脚とかの運動ですね。
コアにしろ、インナーマッスルにせよ、やってもいいけど最小の時間でいいです。

ストレッチングはやめて、私の考えた科学ヨガの運動をしたほうが良い。
6.痩せているひとは長生き。

これは完全に嘘。

平均体重でも早く死ぬ傾向があります。

小太りのひとが一番長生きします。
世界290万人の調査で週刊ポストに載ったもの。
http://news.livedoor.com/article/detail/7351175/?pt=b&utm_expid=53860978-16.xk5CgdsUQDavM8AV_h6ZpQ.2&utm_referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2Furl%3Fsa%3Dt%26rct%3Dj%26q%3D%26esrc%3Ds%26source%3Dweb%26cd%3D1%26sqi%3D2%26ved%3D0CCkQFjAA%26url%3Dhttp%253A%252F%252Fnews.livedoor.com%252Farticle%252Fdetail%252F7351175%252F%26ei%3DIxGUUraiJ8uqlAW75IG4Cg%26usg%3DAFQjCNH7i_LzA2h2qcINphIr5cFW_L6LHQ%26sig2%3DR31TDEpwbmNLqFTdJI9tjA%26bvm%3Dbv.57155469%2Cd.dGI
これもそうだな。

http://blogos.com/article/53362/

 

7.格闘家の筋肉とボディビルダーの筋肉は違う。

嘘。

他に「競技者の筋肉とボディビルダーの筋肉は違う」とか「スロートレーニングで鍛えた筋肉はスポーツで使えない」とかもある。

嘘。
アメリカの総合格闘家のブロック・レスナー。

http://www.wallpaperswala.com/wp-content/gallery/brock-lesnar/brock-lesnar-modeling.jpg

ミスター日本も叶わない筋肉。
日本の格闘家は軽量級で、あまり筋肉が発達しない体質の方ばかり。

それだけ。
また、アメリカのプロフットボールチームの3分の1はスロートレーニング採用していますよ。
8.相撲は真剣勝負。

嘘、みな知っていますよね?
私は、中学3年生から「相撲は八百長」と知っていました。

7勝7敗の力士の9割以上が千秋楽で勝つのをみたので。
以来、友人と飲んだときとかに「相撲は八百長」と発言してヒンシュクを買ってました(笑)。

でも、国技が八百長と公表された現在は、誰も異論を唱えないでしょう。

これも長い間の洗脳です。

 

まだまだ、あるのですがキリがないので。

例えば、スマトラ、東北地震は人工地震だったとか。

 

日本人の大部分は「いいひと」なので、NHKとか新聞、学校で習ったこと、親が教えてくれたことは「正しい」と信じています。

私のように中学生でありながら。

「相撲は八百長」「原爆を長崎、広島に落とした米国は戦争犯罪を犯している」とかヒネクレタ(笑)考え方をされた方は殆どいないと思います。
でもね、ちょっとだけ視点を変えて欲しいのです。
「日本の会社は不滅だ!」と思う方は大部分です。

私は、「この3年間で50万の会社が減り、今は190万に減った。

12年後には0以下になる計算。」とかは信じたくないと思います。
「日本国がデフォルト、破綻することは絶対にない。」と信じたいかたが殆どと思います。

でもね、視点を変えてみてください。
「ひょっとしたら、山田の言っていることは正しいのかも。

そしたら、どうなる?

俺はなにをすべき?」
洗脳、外してください。
山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.