ティップネスが衰退、ゴールドジムが伸びる理由

2014-01-24

今日は、東京に行くので、60分のノルディックウォーキングで終えました。

明日、あさっても東京。

今回、忙しいので、メルマガを発行しないかも。(したいけど)

3日前の火曜日、久しぶりにティップネス宝塚に行くと。

ジムに見学者が来ました!

腰が90度に曲がった80歳以上のおばあちゃんです!

ああ、でも別に珍しくないです。

宝塚のティップネスの平均年齢は70歳近いと思われます。

皆さん、ご存知のように私はゴールドジムも行っています。

こちらは平均年齢は若いです。

20歳代もいるし、「健全な」(笑)雰囲気です。

財務状況を調べてみると。

ゴールドジム、売上110億円ほど、経常利益5億円。

ティップネス、売上310億円ほど、損失15億円。

ティップネスは、「入会金0円、来月の会費も0円」というナリフリを構わないキャンペーンを必死でやっています。

また、「30歳以下の方の会費は激安」にしています。

「養老院」と陰口を叩かれるほど年寄りしかいない現状に危機感をもっているのです。

しかし、私の考えは、「ティップネスは潰れるな。」という結論。

ティップネスだけでなく、大手のスポーツクラブ(コナミとかセントラルとか)も厳しい状態です。

年寄りが中心の不健全な経営です。

その理由は?

・スタッフのレベルが低い。

・殆どがアルバイト、それも素人です。

・パーソナルトレーナーもウェイトトレーニングは苦手です。

腕も細いひとが多く、ほとんどが「俺の腕の半分もない」ような素人です。

そのかわり、「インナーマッスルを鍛えて痩せましょう」とか言っています(笑)

インナーマッスルは「発達し難いけど、衰えることも少ない」筋肉です。

通常のウェイトトレーニングで充分に発達するし。

「インナーマッスルと鍛えると痩せます」⇒真っ赤な嘘。

実験の結果で「全く効果が認められない」とでています。

きちんとウェイトトレーニングを教える自信がないので、「インナーマッスル」とか「コアのトレーニング」とか「使える身体」(何じゃ、それ)と言っているだけです。

・特徴がない。

プール、マシンジム、スタジオetc、、、、、、。

一応は揃っているが、それだけ。

スタッフのレベルの低さとも関係しますが。

ティップネスのジムでまともにウェイトトレーニングしているのは100人に1人もいないです。

だから、全く効果がないので、全員が続かない。

「ちゃんと教えろよー」と私が怒ってもスタッフやパーソナルトレーナーもど素人なので、教えようがない(泣)。

高いお金を使って、マシンとかを購入してもなんにもならない。

ほんとに残念っす。

腹立ちます!

ゴールドジムが伸びている理由。

・ウェイトトレーニングに特化している。

「一点、突き抜ける」状態です。

・スタッフのレベルが高い。

ほぼ全員がウェイトトレーニングの経験者で、ボディビルコンテストの入賞者も多い。

つまり、「ニッチ」で「TOP」です。

ボディビルや筋肉トレーニング大好きな人たち(つまり、私のようなひと)に焦点を絞っているので、「突き抜ける」ことができているのです。

◎◎経済研究所とかのリサーチでは、「今後、一般的なフィットネスクラブは衰退して解散か倒産の可能性が高い。

ゴールドジムは伸びる。」

こういう予想です。

実は、他の分野でも同じなのです。

「そこそこ平均点をとれる」会社は衰退していきます。

「ある一点で」「ダントツに突き抜ける」会社だけが残るのです。

特徴のない会社は潰れて、思い切りニッチ分野に特化した会社だけが残る。

個人でもそうです。

「どんなことでも器用にそこそこは出来る」人間の未来は暗いのです。

これからの時代には不要。

そうではなく、ある特定の分野で「一点、突き抜ける」人材が生き抜く時代が来ました。

私の愛読するランチェスター戦略でも「狭い戦場で」「力を一点に集中して」勝つ事を推奨しています。

私自身の成功もまさに「ニッチ」で「一点、突き抜けたから」と思います。

私は決して、バランスの良いなんでも器用にこなせる人間ではないです。

偏ったことにしか興味のない「オタク」です(笑)。

でも、それで命拾いをしたのです。

今日、私のした話。

「山田さんはティップネスが潰れて、ゴールドジムが残ると予言した」という意味だけしかわからなかったひとは失格(笑)。

幸せな人生のためにサラリーマンで要求される「いろいろな分野でそこそこの能力」ではなく、「ニッチで、一点、突き抜ける」能力を磨きましょう!

「ニッチで、一点、突き抜ける」能力こそ、これからの世の中で要求されるものです。

山田豊治





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.