私がサラリーマン生活から脱獄したした理由

2010-02-19

私がサラリーマン生活から脱獄した理由

おはようございます。

山田です。

昨日の夕方、私は、家の近くの「まちづくり協働センター」にいました。

ここは、市の施設で、広くて快適な空間です。

実は、「The Power of CHI」の撮影もここの大会議室を借りたのです。

確か、1時間200円か400円の安さでした。

The Power of CHI

http://www.infotop.jp/click.php?aid=84033&iid=35980

それだけでなく、画面の大きなソニーのVAIOのパソコンを1時間50円で貸してくれます。

安物のパソコン(5万円以下)しか、所有していない私は、ここのパソコンを利用することが多いです。

快適なのです。

さて、いつもどおりに「まちづくり協働センター」のパソコンで、メールチェックをしていると。

宛先の名前が「メンターさん:山田先生」となっているメールがありました。

開封してみると私の辞めた会社の部下、T君です。

中身は、「やっと、正社員になれました」というハッピーなものでした。

私と仲のよかったG副部長が推薦してくれたようです。

サンキューです。

T君は、25歳。

某ホテルの本部の経理、財務をしていた私の下で働いていました。

仕事は、極めて優秀なのですが、5年以上も正社員に登用してもらっていませんでした。

変な話ですが、頭が良すぎるためにT君も正社員に推薦してもらえなかったのですね。

彼は、経理の仕事を早く終えるためにエクセル等のマクロを使って、単純作業は全て、自動化していました。

会議資料の作成もほぼ、全自動です。

他の人間がやると2日間ほどかかる仕事を数分で終えるのです。

そして、定時に退社。

これが皆さんには面白くないようでした。

ホテルでは、夜遅くまで仕事をするのが、賞賛されていましたから(笑)

T君のメールを読むと喜びの中にも向上心に溢れた意欲が感じられます。

私が、独立を決意した理由。

1.自分の得意な仕事をやらせてもらえなかった。

私の得意は、インターネットを使ったマーケティングです。

しかし、つまらない経理の仕事を私はやっていました。

自分にネットを任せてくれていたら、数億円の利益を増やすことが確実にできたと考えています。

2.定年以後の生活に希望がなかった。

60歳を過ぎた生活。

サラリーマンの方は、「定年になったら」と自分のやりたいことを棚上げしている人が多いですね。

でも、私は、スポーツクラブに毎日、来る定年後の人々と語り合い、「定年後の夢」は、はかないものと知りました。

暇があってもお金がなく、奥さんに気を使う日々。

嫌ですね。

3.年金の額が少なすぎるから。

私は、若い頃、ブラブラしていた時期が長いので、厚生年金の受け取り額も少ないのです。

とても生活できない。

さらに追い討ちをかけるようにこれからの年金制度は、受け取り額を削っていきます。

別の収入の道の確保は、不可欠でした。

4.副業をする時間がなくなってきていたから。

不景気なので、人員を減らす方向に会社が向かっていました。

以前は、6時ごろに退社できていたのですが、最後の頃は、連日、10時過ぎに帰っていました。

インターネットの副業で稼ぐには、経験が大事です。

55歳で中断しては、定年後にカムバックするのは不可能です。

それで、思い切り、実戦で経験を積む道を選んだのです。

5.死ぬ前に生きた証を残したかったのです。

私は、誤診により、死ぬ寸前になったことがあります。

その時に「ああ、俺は、自分の真の人生を歩んでこなかった。なんとなく、周りの圧力により、惰性で生きてきただけよ。経理や財務なんて、俺の一生の仕事やない。」

こう、思ったのです。

今、胸に手を当てて、思います。

「サラリーマン時代の自分は、生きながら、死んでいた。」と。

勿論、サラリーマンで充実している人もいます。

でも、少数派でしょうね。

今は、最高の人生です。

「よい決断をした」と満足しています。

会社勤めの最後の日。

会社のビルを出たと同時に映画「ショーシャンクの空に」で、主人公が刑務所からの脱獄に成功した瞬間を思い出しましたよ。

「私がサラリーマン生活から脱獄したした理由」でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

山田豊冶





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.