2択の賭け⇒両方に賭けろ!

2015-09-22

おはようございます、山田です。

写真(14-04-03 7.49)

ラグビーのW杯、日本が南アフリカに勝ちましたね。
私は、ラグビーをよく知らないです。

でも、いろいろな情報を拾うと

「あり得ないこと。まさに奇跡」らしいです。

ブックメーカーの掛け率も「34対1」とか「40対1」とか。
でも、日本が勝ったのですよね?
もし、日本に賭けていたら、大もうけだったな。

「山田さん、あんたは日本のラグビーの勝利を博打の話でしか

できないのかあー!。」

いや、違いますねん。

まじめな話ですねん。

いまから8年ほど前の実話。
当時、携帯電話の業界の話です。
いまでいうガラケー、昔の携帯電話用のコンテンツ管理システムを販売している会社、

多かったです。

どこも業績好調。
ところが2007年にiPhoneが発表されたのです。

iPhoneは、当初は「売れないだろう」と予想されてました。

それで、ガラケーのコンテンツ管理システムを販売している会社、

iPhone用の製品は考えもしなかった会社だらけ。
まあ、自分たちの希望的観測も入ってましたね。

「このまま、自分たちに都合の良い世界が続いてほしい。

いや、続くさ。続くに決まっている。」
人間、こういうふうに自分に都合良く未来を考える癖があるのです。
しかし、1社だけ、「いや、iPhoneが売れない証拠はない。

もし、売れたら、、、、、」
それで、2択に賭けたのですね。

iPhone用のコンテンツも開発したのです。

どうなったか?
「iPhone売れない。

俺たちの携帯、繁栄を続ける」という希望的観測をもった会社。

すべて悲惨な運命をたどりました。
2択の両方に賭けた会社、大躍進です。

こんなもんです。

だから、私は、「2択を選べることができる場合は、両方を選ぶ」ことにしています。

たとえば、私が独立したとき。
実は、2つを選ぼうとしていました。

さいころ博打の「丁と半」の2つに賭けるつもりでした。

丁は、インターネットビジネス。
半は、「ゴミ屋さん」。
独立時、インターネットでの収入が月に二〇数万円と少なかった。

それで、梅田の「合同衛星」というとこでバイトするつもりでした。

⇒梅田の飲食街のゴミ掃除を一手に引き受ける。

夕方から夜にかけてのバイトだけで、かなりの収入を得ることができたのです。

ひとが嫌がる仕事は高収入です。
「やがては、社員になってもエエ。」と考えてました。
結果、インターネットビジネスが信じられないほど伸びました。

それで、そっちの目はきえましたが。

私は、丁半の2つに同時に賭けるつもりでした。

さらに、最近こんな方がいました。
50歳前後のサラリーマン、Aさん。

私「ぶっちゃけ、60歳を越えたら、国も会社も面倒をみてくれませんよ。

私と同じようにサラリーマン現役のときに副収入の柱をつくりなはれ。」
こう勧めたのですが。

彼の言い分。
・国の法律でサラリーマンは70歳まで働けるようになるだろう。

(私の知る限り、現在でも「65歳まで働けない雰囲気が社内にある」会社だらけ。

会社も余裕がないので、60歳過ぎたロートルはやめてほしいのが本音。)
・年金も国がなんとかするだろう。なんとかなるかもしれない。

(うーん、これはあり得ない。悪くなる一方。)
・日本経済も良くなっているかも。

株式投資でだれでも勝てる好況になっているかも。

(日本経済、ゆるやかに確実に悪くなるのですが、)
・おやじたちは、年金だけで60歳以後、悠々と暮らしていた。

だから、自分たちも大丈夫な気がする。

(あはは。言葉なし)
基本的に超楽観的。

そして、先に紹介したガラケーに賭けた会社のひとたちと同じです。

自分たちが信じたくないことは信じない。

でも、私は思うのです。
「わかった、わかった。

でもね、もし、あんたの予想が外れたら、どうなるの?

悲惨な人生になりますよ?」
「丁半、いずれかに決めるのではなくて。

両方に賭けておいたほうが賢い人間だと思わないですか?」

そう、楽観的な考えがなくなると

人間は生きて行けないです。

でもね、人生バクチでは、「両方に賭けられる」場合が多いです。
そういうときは、私のように両方に賭けることです。

ちなみにこの考えは、私が「プログラミング」を勉強したときに学びました。
そう、ゴルフ場で稼働する「予約システム」とかをつくるために学んだプログラミング。
「最悪の事態を予想して、それに備えるシステムも組み込んでおく」ということです。

これ、いい考えと思いませんか?

今日は、「人生の分かれ道で、可能なら、両方に賭けろ!」という良い話でした。

山田豊治

PS.東大医学部の天才脳の森田先生との対談で語っています。

————————————————————————————————————————-
一世一代の秘密を明かす覚悟なので、

私のメルマガ読者は全員、観てください。

まだ、全員登録になってないので。
http://gardener-ex.jp/Lv3/412341
————————————————————————————————————————-





一ヶ月限定プレゼント!
以下の↓の下の「62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法」をクリック!


62歳の怠け者がヨガ瞑想の力でリッチになった法


上記200ページ超の電子書籍プラス高額の教材とヨガ想念術の真髄
54歳サラ金(アコム)契約社員から夢のようなインターネット起業をしました!
さらに実際に1万円以上で売っている「瞑想で成功する法」Ebookも無料プレゼント!
Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.